このあいだ、烏丸夷川あたりを歩いていると外国人観光客と思しき方から、
「スミマセ~ン、ゴショハドコデスカ?」
と尋ねられました。英語がニガテな私ですが、日本語で話されたので安心して
「このまま200mほどあがっていけば御所ですよ」
と言いました。すると、その外国人の方は
「アガル・・・?UP・・・?」
と言ったあと、肩をすくめながら両方の手のひらを上にかざして
「OH NO!」
といわんばかりの落胆の表情をされました。

おそらく「あがって」を「上へ」つまり「空に向かえ」と解釈されたのでしょう。そら「どないせいっちゅうねん?!」となりますよね。相手の流ちょうな日本語につられて、ついつい京都流の「上ル下ル」で方向を示してしまった私が悪うございました。あわてて訂正しようとしたのですが、そのとき彼はすでに別の人に聞きにいってました・・・。とんだオモテナシをしてしまったわけですが、今回はこの京都独特のいいまわし「上ル下ル」について深堀りしてみたいと思います。
 

場所を表わす京都の公式。

京都市街は碁盤の目にたとえられるように、南北の通りと東西の通りによる交差点が無数にあります。その原型は平安京を造る際、中国の都市計画にならったことにあり、これを条坊制といいました。この交差点を基点に、北へ行くことを、上ル(あがる)といい、南に行くことは下ル(さがる)、東西は東入(ひがしいる)、西入(にしいる)といいます。京都人でも上ルを「のぼる」、下ルを「くだる」という人がいますが、それ間違いなんでこの機会に覚えといてくださいね。では、なぜ南北に行くことをわざわざ「上ル下ル」すなわちUpDownで表現するのか。そこにはやはり京都ならではの理由があったのでした。

平安時代、すなわち平安京では天皇が住まわれる内裏(御所)が北に位置していました。そのため北に向かうことは=天皇に向かうことを意味するので「上ル」といい、逆に南に向かう=天皇から遠ざかることを「下ル」といったことが語源とされています。昔は京都に行くことを「上洛」といいましたが、その「上」も同じ意味ですね。それとは別に「京都は北の方が標高が高い位置にあるから」という説も根強く残っていますが…。

ここまで見たように京都、特に上京区・中京区・下京区では、地点(住所)を表わすときに通り名を用い「通り名 × 通り名 + 方角(東西南北)」が公式となっています。

たとえば「烏丸丸太町上ル」といえば、烏丸通と丸太町通の交差点を北に行くことを指し「そこに行けば御所がありますよ」ということが、冒頭の外国人との会話で私が言いたかったことです。

2つの通り、どっちを先にいうの?

そこで問題になるのが交差する2つの通りの並べ方、つまりどちらの通りを先にいうかです。実はこれ、けっこう難問です。ひと言でいえばケースバイケース。とはいえ、いちおうの法則はあります。上京区の通りを例に見ていきましょう。ちなみに上京区を例にしたのは、住所を「上ル下ル」で表わしている率が上・中・下京区でもっとも高いのでは?という編集部体感値によるものです。

法則その① 南北の通りが先

「堀川今出川」「烏丸丸太町」「千本中立売」など道路標識の表示は、このパターンが一般的とされています。
地図で見れば南北がタテなので、縦の通りを優先したのでしょうかね。

南北の通りである堀川が先に表示される

南北の通りである堀川が先に表示される

法則その② 主要な通りを優先

しかし、法則①に当てはまらないケースもけっこうあります。たとえば「今出川新町」の交差点標識です。法則①にのっとるなら南北の通りである新町を先にして「新町今出川」となるはずが、逆になっています。これは道路の幅が「今出川通 > 新町通」という関係から、法則①よりも道路のメジャー感を優先させたということでしょう。

関連するキーワード

_blank _blank _blank

アクセスランキング

人気のある記事ランキング