童謡 通りゃんせ

 通りゃんせ    通りゃんせ
 ここはどこの   細道じゃ
 天神さまの    細道じゃ
 ちっと通して   下しゃんせ
 御用のないもの  通しゃせぬ
 この子の七つの  お祝いに
 お礼を納めに   まいります
 行きはよいよい  帰りはこわい
 こわいながらも  通りゃんせ
 通りゃんせ

天神様とは菅原道真公をさす。何と怖くて恐ろしいわらべうたなのかと?。青信号のメロディーでもよく使われているので、つい口ずさんでしまうが、歌詞の解釈を巡ってミステリーな点が多く、ある種不気味といえる独特な雰囲気の童謡の一つだ。

受験前には神頼みで筆者も親に連れられてお願いをしに行った記憶があるし、我が子の受験や、孫たちにも小さい時から「天神さん」にお参りに行こうと言ってきた。全国から多くの受験者が合格祈願に訪れ、願いを絵馬に書いて奉納している。

全国約1万2000社の天満宮 天神社の総本社であり、祭神は、菅原道真(845~903)である。御神木は松と梅で、撫牛が参道に多くある。境内に奉納された石灯籠と吊り灯籠がずらっと立ちならぶのは、人々の神徳の証である。

「雨降り弘法、日和天神」。昔から京都にはこんな言い伝えがある。東寺が21日、北野天満宮が25日、毎月の縁日のそれぞれの市は「弘法さん」「天神さん」と呼ばれる。「弘法さん」が雨なら、「天神さん」は晴れるという意味である。
 

菅原道真公を襲った悲劇

昌泰4年(901年)1月25日 菅原道真公を襲った悲劇とは? 何だったのであろうか?
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       
境内東側にある「宝物殿」には、10メートル全9巻の北野天神縁起絵巻 承久本(国宝)があり、これには道真の生涯が描かれている。菅公は学者の家系に生まれ、幼少より詩歌に長けていた。その才能は、政治にも発揮され右大臣に任命される。並ぶ左大臣は藤原時平であり藤原氏が独占していた政務を朝廷は次第に道真公に任せるようになった。

時平は危機感を持ち、道真公を排除するために時の醍醐天皇に道真が謀反を企んでいると告げ口をした。1月25日、菅公は太宰府に左遷を言い渡された。道真にとって晴天の霹靂だったに違いない。無実を天皇に訴えたが、2年後 延喜3年(903年)太宰府で没した。

すると都では天変地異 貴族の死・疫病・洪水・干ばつが起こった。そして、藤原時平も没した。都の人々は菅公様(菅原道真)のなせるわざとうわさした。御所にも落雷があり多くの死傷者が出、醍醐天皇も崩御された。そこで天徳3年(959年)右大臣藤原師輔は菅公様(菅原道真)の御霊を鎮め、都を守護する神として 北野天満宮を創建した。その御霊を天満天神さんとしてお祀りしたのである。

左遷される前に梅の花をみて菅公様が詠んだ「東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ※」は有名である。本殿前には今でも梅の木を大切に守っている。境内では梅が多く植えられ、今でも2月の梅花祭や正月の大福茶など、菅公様と梅の結びつきが大切にされている。 ※(「春を忘るな」という説もある)

北野さん(北野天満宮の親しみを込めた呼称)の見どころのかずかず

1.狛犬

表参道入口では見上げるばかりの体長2ⅿもの狛犬が迎えてくれる。近畿一円での最大級の青銅製である。台座には、日本画家・竹内栖鳳の梅の絵も描かれている。原図が宝物殿で見られる。境内には十二対の狛犬が設置されており、表情もバラエティに富んでいる。

2.影向松(ようごうのまつ)

一ノ鳥居(大鳥居)をくぐった右手にあり、石の玉垣が巡らされている。初雪が降ると天神さまが降臨され、雪を愛でながら詩を詠まれるという伝説がある。
その日に初雪祭が行われる。

3.露の五郎の顕彰碑

昔、露の五郎兵衛という人がこの地で自作の笑い話を口演、都の名物男といわれ、日本の落語家第一号となった。
その偉業をたたえ、遺徳に感謝し顕彰碑が建てられている。

4.太閤井戸と北野大茶湯之址の石碑

天正15年(1587年)境内で豊臣秀吉が大規模な野点形式の茶会を催した。大勢の参加者が駆けつけ、戦国大名の大半も参加した。
使用された太閤井戸が今でも保存されている。

関連するキーワード

橋本 楯夫

(自称まちの歴史愛好家)
昭和19年京都市北区生まれ。理科の中学校教諭として勤めながら、まちの歴史を研究し続ける。得意分野は「怖い話」。全国連合退職校長会近畿地区協議会会長。

_blank

アクセスランキング

人気のある記事ランキング