↓youtubeで見る


 前 編   後 編 


京流、香りの楽しみ方

「香りは日本人の教養の原点であり、生活に根付いたもの」と語る畑社長。
400年の歴史をもつ香道の文化や、源氏物語と香りのつながりなど奥深きお香の世界を優しく語りかけてくれる社長のお話に思わず聞き入ってしまいます。
また、香りは最高の癒しであり心落ち着く贅沢でもあります。
お香は控えめに少しずつ楽しむのが極意だそうで、なんだか人生のあり方と似たものを感じますね。

お話の後半では、おうちでMYお香が作れるキットで、お香づくりに挑戦します。
香りをブレンドするときには、イヤなことを思い出し「コンチクショー」と念じるのがコツだとか。
その他、思わず食べてしまいそうになるラムネのようにかわいいお香や、シナモン、ラベンダーの香りなどさまざまなお香を紹介します。
この芳しき香りを映像でお伝え出来ないのが残念!お香って私たちにとって身近なものなんだと、気づかせてくれる楽しいひと時をご堪能ください。

  

京 冨田屋文化茶論「峰子と晃嗣の部屋」とは

京都・西陣の地で明治18年以来、呉服商として京町家の姿を守り続けた冨田家13代目・田中峰子氏。
この西陣老舗当主の念願は、京都の文化とは何か、守るべき文化とは何かの真髄を極めるべく、ともに語らい学び、それを伝える場を作ること。

今回、強力な助っ人・元同志社大学学長・村田晃嗣氏とともにホストを務め、ゲストと語らう井戸端会議が実現します。
それが「京・冨田屋文化茶論 峰子と晃嗣の部屋」です。

老舗当主としての経験と想い、大学教授の深淵なる見識。
一見すると硬いトークかと思いきや、さにあらず。
気さくな性格の2人が織りなす軽妙な会話にゲストも思わず本音がポロリ。
だから井戸端会議なのです。
読者の皆さんも茶論でのひと時をチラリと覗いてみてください。

富田屋について

江戸中期に初代冨田屋藤兵衛が伏見で両替商を始めたのが冨田屋の起こりです。
明治維新時の鳥羽・伏見の戦いで店舗の全焼を経て、1885年(明治18年)に西陣の地に現在の店舗が建てられました。
明治の大店町家の典型として1999年に国の登録有形文化財に指定、現在に至ります。

関連するキーワード

田中峰子&村田晃嗣

[田中峰子]
冨田屋第十三代当主
西陣くらしの美術館 冨田屋 代表取締役
きものマナースクール 古都の風 和道会学院長


[村田晃嗣]
同志社大学 法学部教授
同志社大学 第32代学長

_blank

アクセスランキング

人気のある記事ランキング