お正月から7日正月まで、お休みの間はどうしてこんなに早く過ぎて行くのでしょう?
おめでとうさん、て言うたらすぐに七草を買いに行かんとあきません。

さて、前回までお正月のお飾りやおせちなどの説明をさせてもらいましたが、今回は七日正月についてのお話をいたします。「京都人度チェック」としてご紹介していますが、古代から現代まで、日本人すべてが抱く「無病息災」への思いを込めて出題しております。

 

京都人度チェック① 七草がゆ、食べます?

これは問題を出題しているというより、確認のようなものですね。

①七草がゆを毎年食べますか?

正解があるというわけではなく、京都の人やったら食べててほしいなぁと思っています。京都人だけでなく、日本人すべてに意識してほしい行事ですね。

1月7日は新年から初めての五節句の日、「人日(じんじつ)」です。中国の6世紀ごろの本「荊楚(けいそ)歳時記(注1)」には、この日が「人の日」であると書かれていて、この日だけは刑罰を行わないのだそうです。また、日本には奈良時代からお正月に若菜摘みをする風習があり、この2つが習合し、春の七草を食べて健康を願う日になりました。おせちやお雑煮で疲れた胃にはとってもやさしい七草がゆ、美味しくて嬉しいですよね。

さて、春の七草、言えますか?学生さんとか若い人たちに聞いてみたら、ほとんど言えないんですよねぇ。もちろん七草がゆも食べてない。こんな素敵な文化を知らんとはもったいない話です。これをお読みの方はきっと京都好きの方なので、ご存じですよね~!

「せりなずな ごぎょうはこべらほとけのざ すずなすずしろ これぞ七草」(注2)

私はこの歌で覚えましたよ。まずは名前だけでも覚えて行ってほしいなと思います。

今年ははこべら(左)がやたら多かった!

今年ははこべら(左)がやたら多かった!

京都人度チェック② 七草がゆの囃し歌

さて次のチェックも歌の問題。

②七草を刻むときの歌を歌ってください。

「え、七草がゆ作るのに歌を歌うの?」と思った方には、まず七草がゆの作り方を説明しながらご紹介しましょうね。

1.前日夜、七草を塩ゆでします。塩もみだけするお家もあります。

2.7日の朝、七草を「囃(はや)し」ます。「囃す」とは、手を打ったり声を出したりして歌や踊りの調子を取ることですよね。ここでは、七草を包丁でトントン叩いて拍子をとりながらこの歌を歌います。
  
 「とんとの鳥が 日本の土地へ 渡らぬ先に 七草なずなを 祝いましょう♪」

3.囃し終わったら七草を軽く絞り、お粥さんの中に混ぜて、まずは仏さんへのお供え用が完成。

4.仏さんへお供えしたら残りのお粥さんにお餅を入れ、卵を引いてできあがり!
卵入れんと家族が食べてくれへんのです~

仏さんへのお供えには生臭ものである卵は入れたらあかんので、卵を足すのは必ず後に!


 

「とんとの鳥」は恐ろしい鳥だった!

さて歌に戻りましょう。
最初の文句の「とんとの鳥が」の「とんと」とは何のことやと思いますか?

これを漢字で書くと「唐土」となります。ということは、つまり、中国(大陸)のこと。
すると歌の意味はこうなりますね。

「大陸から(疫病を運ぶ)鳥が渡って来る前に、七草がゆを食べて厄払いしましょう」

「唐土の鳥」という言葉は、700年ほど前、14世紀中ごろの「桐火桶」という歌論書の中に初めて出てくるそうで、そこにも

「唐土の鳥と、日本の鳥と、渡らぬ先に、七草なづな、手につみいれて、亢觜斗張(こうしとちょう)(注3)」

と歌って七草をたたくと書かれています。この「唐土の鳥」は、初めにご紹介した中国の書「荊楚歳時記」には「鬼車鳥」として出てくるのですが、七日正月の夜に飛んで来て人の魂を奪うという恐ろしい怪鳥なのです。それを七草をたたく音で追い払おうとしたのがこの歌やということでした。

昔の人にとって、大陸から疫病を持ち込んで来る渡り鳥というのは、「唐土の鳥=鬼車鳥」のように命を奪う鳥だったのでしょう。今のような医療技術も無く、人々はおまじないと祈りしか方法がなかったのです。いや、現代でもまだ鬼車鳥を追い払えていないかもしれません。祈りはいつの世にも必要なものだと信じています。

 

さまざまな囃し歌

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

京都上京KOTO-継の会会長
鳴橋 明美

上京の、形になりにくい文化(お祭・京都のおかず・伝統工芸・京ことば)の継承のお手伝いをする「京都上京KOTO-継の会」会長。
京くみひも「鳴橋庵」店主。
「能舞台フェスタ in 今宮御旅所」実行委員会会長。

組紐とお抹茶体験を鳴橋庵店舗にて行っております。
合間合間に京都のお話を挟みつつ、楽しく体験していただけます。
お申込みは「鳴橋庵」HPまで。

記事一覧
  

関連するキーワード

鳴橋 明美

上京の、形になりにくい文化(お祭・京都のおかず・伝統工芸・京ことば)の継承のお手伝いをする「京都上京KOTO-継の会」会長。
京くみひも「鳴橋庵」店主。
「能舞台フェスタ in 今宮御旅所」実行委員会会長。

組紐とお抹茶体験を鳴橋庵店舗にて行っております。
合間合間に京都のお話を挟みつつ、楽しく体験していただけます。
お申込みは「鳴橋庵」HPまで。|京都上京KOTO-継の会会長|お盆/織田稲荷/京都人度チェック/パン/氏子/十三参り

京都で今日のごはんをテイクアウト!京のごはんで検索

アクセスランキング

人気のある記事ランキング