①雲林院

北大路通り旧大宮下るに今でも残る雲林院

北大路通り旧大宮下るに今でも残る雲林院

大徳寺の院外塔頭。淳和天皇の広大な離宮『紫野院』がこの辺りにあった。
離宮の西側にあった大池に映った山を船のように思えたので、その山を船岡と言った。
後に僧正偏昭が入寺(869年)して雲林院という官寺になった。雲林院は『源氏物語』第十帖『賢木(さかき)』に登場する。
鎌倉時代になって北西に大徳寺が建立された。



②常盤井と弁慶石

自然石で囲まれた常盤井

自然石で囲まれた常盤井

北大路通り旧大宮下る西側

井戸は周囲を自然石で囲まれ、常に清水を湧出していたので常盤井といわれた。また、牛若丸の母、常磐御前が用いた井水ともいわれた。
この付近は、梶井宮(大原三千院)があったところでもあり、それ以前は紫野院(雲林院)があった。

弁慶が腰を掛けたという弁慶腰掛石

弁慶が腰を掛けたという弁慶腰掛石

常盤井近くの民家の奥庭に赤褐色の巨石(チャート)があり、弁慶腰掛石といわれている。
大徳寺の東側を南下していた川に架かっていた石橋が「ごじょ橋」と呼ばれ、牛若丸と弁慶が戦った橋と伝わる。
今宮神社北側に牛若丸生誕の井や胞衣塚もあり、鞍馬山からも近く、納得いくような気がする。

 

③若宮神社

若宮神社(若宮八幡宮)

若宮神社(若宮八幡宮)

京都府八幡市の石清水八幡宮を本宮と呼ぶに対して、若宮八幡宮と言う。古来よりこの地を源頼光の屋敷跡と伝える。この付近一帯には源家に関する伝説が多く伝わる。

 

④今宮神社御旅所

昔は賑やかだった今宮神社御旅所

昔は賑やかだった今宮神社御旅所

今宮祭の日には神様が旅をして泊まられる所で、お祭りの中心であった。
能舞台があり、300年以上前から能の奉納が続けられていた。
現在、今宮祭の時のみ、能舞台は御神酒飾りや八乙女舞の舞台となる。普段は戸板で覆われ、周りはガレージとして使用されている。
昔の賑やかさが偲ばれる。

 

⑤小野篁・紫式部の墓

堀川通に面してムラサキシキブが咲き乱れる墓所入口

堀川通に面してムラサキシキブが咲き乱れる墓所入口

室町時代の古文献には雲林院の東南に、紫式部の墓が小野篁の墓の横にあると記されている。
紫式部が生まれたのは小野篁が没して120年程が経ってからで、両者は面識がない。

紫式部と小野篁の墓が仲良く建っている。整備が行き届いている

紫式部と小野篁の墓が仲良く建っている。整備が行き届いている

源氏物語は、貴族社会の恋愛を中心とした物語である。人々の愛欲を書いた紫式部は、ふしだらな絵空事で多くの人々を迷わせたとして、死後は地獄行になった。そして、紫式部が地獄に落ち苦しんでいると聞いた源氏物語を愛した人々は、篁の墓を隣に移動させ、彼女を救って欲しいと願ったのである。

千本閻魔堂の紫式部の像と多重石塔

千本閻魔堂の紫式部の像と多重石塔

(千本鞍馬口下る西側)

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

自称まちの歴史愛好家
橋本 楯夫

 
昭和19年京都市北区生まれ。
理科の中学校教諭として勤めながら、まちの歴史を研究し続ける。
得意分野は「怖い話」。
全国連合退職校長会近畿地区協議会会長。

記事一覧
  

関連するキーワード

橋本 楯夫

 
昭和19年京都市北区生まれ。
理科の中学校教諭として勤めながら、まちの歴史を研究し続ける。
得意分野は「怖い話」。
全国連合退職校長会近畿地区協議会会長。

|自称まちの歴史愛好家|北野天満宮/今宮神社/千本通/明智光秀/怖い話

アクセスランキング

人気のある記事ランキング