飲み会の地元トークで盛り上がった時に、滋賀県民から
「おい、琵琶湖の水止めるぞ!」
などと言われたことのある京都人、大阪人は少なくないだろう。

実際、京都出身の私も滋賀県出身の先輩によく脅されている。
※1 私と先輩の関係は非常に良好である。

また派生形として、他の滋賀の先輩からは

「首を洗って待っとけ!あ、琵琶湖の水は使うなよ!」

などと言われたこともあり、水の豊かな国である日本の文化との親和性の高さもうかがえる文句となっている。
※2 念のためにもう一度申し上げる。私と先輩の関係は良好である。

「琵琶湖の水を止めるぞ!」と脅す滋賀県民

「琵琶湖の水を止めるぞ!」と脅す滋賀県民

余談ではあるが、この滋賀県民必殺、「琵琶湖の水止めるぞ」攻撃はその汎用性の高さからか、はたまた滋賀県民の愛着心からか、なんと滋賀県内でグッズまで販売されるほどの有名である。

あまり琵琶湖になじみない地域にお住まいの方ならここまで読んで「そこまで有名な攻撃ならさぞかし大阪府民も京都府民もおびえているのかな」とお考えになるかもしれないが、実際怯えているものはいない。

なんと滋賀県民のいう、この「琵琶湖の水止めるぞ」を実際にしようとしても、琵琶湖から流れ出る水を止める権利は滋賀県にはなく、国や京都市上下水道局の許可がいる。しかも、本当に水を止めると滋賀が水没してしまうらしい。普段の飲み会中であれば、残念がる滋賀県民を
「あら、お可愛いこと…」
などと、煽り返すところまでが定石であるが。

だがしかし、はたしてこれはそう簡単に流してよい話なのだろうか。

例えば、死なばもろともで滋賀が水を止めてきた場合は?滋賀と京都、大阪を憎む存在が、琵琶湖の水を止めるテロをしてきた場合は?はたまた滋賀が水没しないように工夫をしつつ、琵琶湖から流れる水を京都に送らなかった場合は?

様々な可能性を考えていると、実行されてもおかしくない恐ろしい話にも聞こえてくる。

ジョークで言われる「琵琶湖の水止めるぞ!」を本当に実行された場合、シャレにならないことは直感的に想像がつく。
本記事では、実際に水を止める際の方法や、京都の被害について、空想科学まじりで考察していく。


京都府と琵琶湖の関係

改めて京都府と琵琶湖の関係を整理したい。

まず琵琶湖とは日本最大の湖で、その貯水量は275億㎥もある。2府4県に股を掛ける淀川水系の約6割の水量が通っている。

京都市における水道水の原水はここからいただいており、なんと約99%が琵琶湖から取水したものである。

また琵琶湖から流れ出る自然河川は1本のみで、瀬田川、宇治川、淀川とその名を変えながら大阪湾まで流れていく。琵琶湖の水はその名の通り宇治市を流れ、その周辺の人々の生活を支えている。

もちろん滋賀県や大阪府の人も琵琶湖から出る水を利用して生活しており、その総数は1450万人にのぼると言われている。なんと日本人の約12%が琵琶湖のお世話になっているのだ。

このように、琵琶湖は京都にとって身近で重要な存在だが、それだけでなく、関西、ひいては日本にとっても貴重な存在なのだ。


水を止めると本当にしずむのか

シミュレーション

そもそも琵琶湖の水を止めると本当に滋賀県が沈むのか、簡単にシミュレーションしてみよう。下の画像のようにGoogle Earth proをつかって水面を上昇させた3Dモデルを作成し、影響を調べた。なお簡易化のために、地下道やトンネルは全てふさぎ、そこから水は流れ出ないものとした。

このように水色の水面を作成し、水没した状況を観察する。

このように水色の水面を作成し、水没した状況を観察する。

ちなみに画像はどこかお分かりだろうか。


 
 
 

50m海面が上昇した時の四条烏丸周辺である。ちなみに地球温暖化で海面が100年上がり続けても、1mも上昇しないので安心(?)してほしい。

50m海面が上昇した時の四条烏丸周辺である。ちなみに地球温暖化で海面が100年上がり続けても、1mも上昇しないので安心(?)してほしい。

以下の2条件でシミュレーションを実施した。

条件1:瀬田川洗堰を全閉し続ける
琵琶湖はあれだけ巨大な湖にもかかわらず、水が流れ出る川は一か所、瀬田川のみである。その瀬田川の流れを止められる瀬田川洗堰を全閉した場合、どのようになるのだろうか。琵琶湖の水面が瀬田川洗堰で止められる最高水位と同じになるようシミュレートする。

条件2:滋賀県外に水が出るまで水位を上げる
瀬田川洗堰あたりでどんな水位の水が来ても止められると仮定しよう。その場合はどこまで水位を上げると、水はどのようにたまり、近江盆地のどこから水が流れるのかをシミュレーションしてみよう。


 

シミュレーション結果

〇 条件1
結果は以下のようになった。

条件1時、琵琶湖周辺での冠水状況

条件1時、琵琶湖周辺での冠水状況

条件1時、安土城周辺での冠水拡大図。

条件1時、安土城周辺での冠水拡大図。

ああ、やはり「水を止めると滋賀が水没する」は本当であったのか。

琵琶湖周辺の陸地、主に田畑を中心に冠水が見られる。つまり、琵琶湖の水を止めると、滋賀県側がシャレにならない被害を受けることが一目瞭然である。京都、大阪が水不足で苦しむと同時に、滋賀も水害で尋常でない経済的被害を受けることは免れない…


〇 条件2
条件1で水浸しなのだから、当たり前のように滋賀県が水浸しである。滋賀県も盆地だけあって水がどっぷり入る。滋賀の主要な拠点、草津や大津は見事に水の中である。

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター


みえっぱりな京都人bot

京都が好き。美味しいものを食べるのも好き。
でも実は一番好きなものは化学や物理学などの自然科学。
京都あるある、近畿あるあるを呟くはずのツイッターbot(手動)を運営中(
@kyoutojin_bot)。
『京通信』でも色々執筆中。

記事一覧
  

関連するキーワード

みえっぱりな京都人bot

京都が好き。美味しいものを食べるのも好き。
でも実は一番好きなものは化学や物理学などの自然科学。
京都あるある、近畿あるあるを呟くはずのツイッターbot(手動)を運営中(
@kyoutojin_bot)。
『京通信』でも色々執筆中。

   

アクセスランキング

人気のある記事ランキング