懸けづくりとは

懸けづくりとは、山や崖にもたせかけたり谷や川の上に突き出したりして建てること。また、その建物を言う。崖などの高低差が大きい土地に、長い束柱や貫で床を固定し、その上に建物を建てる建築様式である。主に寺社建築に用いられ、崖造、舞台造などともいわれる。
京の都は、三方即ち「東山方面」「北山方面」「西山方面」が山に囲まれており、馬蹄形をした地形の盆地に都が発展してきた。そして盆地の縁に懸けづくりが造られてきたのである。

 

1.音羽山清水寺本堂と奥の院

本堂の清水の舞台

本堂の清水の舞台

清水寺の創建は奈良時代の宝亀10年(778)。本堂内の本尊に踊りや音楽を奉納する為に舞台が造られた。平安時代から雅楽や能、狂言、歌舞伎など、様々な芸能が催されてきた。
急な崖に立ち、前面の舞台を長い束柱で支えているこの構造は「懸けづくり」と呼ばれる。釘を一本も使わず錆びの腐食に強く、また地震の揺れへの耐久性にも優れている。
舞台を支えるのは139本の硬く丈夫なケヤキの柱。最長約12m、最太周囲2m30㎝で樹齢は約400年。舞台の床は約184㎡。厚さ10㎝のヒノキ板を410枚以上敷き、雨が降れば水が溜まらないよう、奥がやや高く手前は低い。

舞台下の木組み

舞台下の木組み

柱と貫が組み合わさって構造全体で建築を持っている

音羽の滝の真上に建つ奥の院

音羽の滝の真上に建つ奥の院

清水寺本堂北側の地主神社本殿の懸けづくり

清水寺本堂北側の地主神社本殿の懸けづくり

2.鳥辺山妙見堂 絵馬堂

五条坂を登った途中に妙見堂がある。絵馬堂が懸けづくりになっているのは珍しい
崖の下に降りるには用心に越したことはない。

 

3.醍醐寺 上醍醐 如意輪堂 青龍宮拝殿

豊臣秀吉の「醍醐の花見」で有名な名刹。下醍醐から約1時間山道を登っていくと、険しい山中に修験道にも繋がる伽藍が広がる。
醍醐寺開創の地である上醍醐には、青龍宮拝殿と如意輪堂の二つの懸けづくりがある。

 

4.将軍塚 青龍殿 大舞台

清水寺の舞台の4.6倍の広さの木造大舞台。眼下に京都市内が一望でき、圧倒的なスケールを市内一望の大パノラマが楽しめる。
平安京遷都の際に桓武天皇が、京都の町を眺めて、都の平安を願った地である。

 

5.永観堂禅林寺 開山堂

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

自称まちの歴史愛好家
橋本 楯夫

 
昭和19年京都市北区生まれ。
理科の中学校教諭として勤めながら、まちの歴史を研究し続ける。
得意分野は「怖い話」。
全国連合退職校長会近畿地区協議会会長。

記事一覧
  

関連するキーワード

橋本 楯夫

 
昭和19年京都市北区生まれ。
理科の中学校教諭として勤めながら、まちの歴史を研究し続ける。
得意分野は「怖い話」。
全国連合退職校長会近畿地区協議会会長。

|自称まちの歴史愛好家|北野天満宮/今宮神社/千本通/明智光秀/怖い話




アクセスランキング

人気のある記事ランキング