京都一周トレイル®をご存じでしょうか?
京都市内にいる方は、京都市交通局「地下鉄・市バス応援キャラクター」の可愛いポスターで目にしたことがあるかもしれません。わたしも本屋さんで「京都一周トレイル®ガイドマップ」をよく見かけるので気になっていました。KLK編集部としても、これは見逃せません!

 

京都一周トレイル®とは

京都一周トレイル®は京都盆地の周りの山を歩くコースです。(京北の方にもあります)
ふだんは景色として美しく眺めている山に分け入って見るのは楽しそう。東山コース、北山東部コース、北山西部コース、西山コース、京北コースの5コースと複数のルートがあります。

『京都一周トレイル®マップ&ガイド』を見ると入門者向・一般向・中級者向の3ランクに分かれています。なんと、入門者向だとウォーキングシューズやスニーカー(運動靴)があれば登れるとのこと!

慢性的な運動不足に苦しむ運動音痴のわたしは、続けられそうかつほどほどに体に良さそうなアクティビティを常にもとめており、実はトレイルにも挑戦したことがあります。そのときはうまくいかなかったので、たまたまトレイルの話題が出たときに「もう一度挑戦してみようかな~」という気持ちになったのです。
(※京都一周トレイル®は「京都一周トレイル会」の登録商標です)
 

登山準備は入念に

3年前、無鉄砲な行動力のあるわたしはガイドマップとスマホの地図アプリを手に、動きやすい格好で稲荷山にトライしてみました。が、あえなく道に迷い遭難しかけました。歩けば歩くほど人がいなくなっていく不安はいま思い出してもドキドキします。街中ではたよりになる地図アプリも山中では役にたちません。しかしその時は運が良かったのか、うろうろしているうちにルート外の「薬力社」に着きました。ここは有名スポットだったようで、ご神水で淹れたコーヒーを頂き休憩までできました。帰り道の途中で縁結びスポットの「荒木神社」にも出会い、楽しく下山できました、が、けっこう危なかったと思います。あとから落ち着いて地図で確認しなおしたらルートから大きく外れていたのでした。

遭難を想定して念入りに準備をします。運動靴、ジャージのズボンと上着、Tシャツ、帽子、地図、絆創膏、タオル、雨具、ポリ袋、カメラ、汗拭きシート、食料(ゼリーやバー)、レジャーシート、飲み物、スマホの充電器など。虫も苦手なので、強力な虫よけスプレーを買って服の上からたくさん吹きかけてリュックに入れ、日焼け止めも塗ります。

今回は事前に色々調べて、使い勝手のよさそうな登山アプリなるものをダウンロードしてみました。京都一周トレイル®の地図には番号つきのチェックポイントとそれを経由するルートが記されているのですが、登山アプリで登りたい場所の地図を見ると、同じポイントとルートが出てきます。自分が通りたいポイントをタップしていくと、簡単に「山行計画」を作ることができました。これを参考にして登りたいと思います。スマホが切れると困るので節電のため機内モードにして出陣、これけっこう大事です!!


 

出発、さっそく道に迷う

今回は東山コース1〔伏見・深草ルート〕に挑戦します。まずは8時半に近鉄京都線「桃山御陵前」駅に降り立ちました。まだ6月でしたが、30度を超える日が続いており連日とても暑かったので、この日は曇りで暑さもやわらぎほっとしています。ここから山登りのスタートです。

桃山御陵前駅

桃山御陵前駅

御香宮の鳥居

御香宮の鳥居

街中をとおって桃山御陵参道に入ります。街中とは雰囲気が変わり、高い木々が茂っていてたちまち静かな森の中。どこからかきれいな鳥の声も聞こえてきます。うっとりと歩いているとスマホから警告アナウンスが流れました。ルートを外れると教えてくれるようです。「いつの間に道を間違えていたんだ?まだ平地じゃないか!」と己の方向音痴に檄を飛ばしながら来た道を戻ります。
桓武天皇柏原陵へ向かう道の手前で曲がり、車道に出て歩くと、伏見桃山城が見えてきました。

伏見桃山城

伏見桃山城

登山アプリが差し示す方に進んでいくと、伏見北堀公園に着きました。

伏見北堀公園

伏見北堀公園

とても広い敷地で、スポーツをしている人がたくさんいます。緑の中をてくてくと歩き続けていると、だんだんハイになり歩くこと自体が楽しくなってきました。

京都一周トレイル®の標識

京都一周トレイル®の標識

ルートの途中にはたくさん標識が立っています。これが「迷子になっていない」目印なのでチェックしながら進みます。分かれ道ですが、登山アプリは自分の進んでいる方向を直線で示してくれるので見やすいです。公園から街中に出て坂道を上がっていき、大岩山へ向かいます。
地図を見ながら知らない道を歩くのに集中し、「いらないことを考えずにすむし、SNSも見る余裕はないし、意外と気持ち良いなぁ~」と感じていると…。

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

  

関連するキーワード