アクビも出る程のどかな日常

桜の季節もあっという間に過ぎ去り、木々は柔らかい葉を茂らせ始める。
園内は花見の時期のような賑わいも収まり、落ち着いた時間が流れている。
見上げれば、アクビ中のまったりしたジャガーを目撃し、なんだかコチラも眠くなりそうな光景である。
今日は園内をぶらり。

アクビをするジャガー

アクビをするジャガー

ミライハウス

園内を散策していると小腹が空いてくる。メインエントランスから、のらりくらりと歩いて動物達を見ていると東エントランス前に「ミライハウス」というショップが現れる。何処にでもあるお土産売り場なのだが、他の園では見られない大人向けのオリジナルアパレルや雑貨も豊富にある。特に「ヤブイヌグッズ」は日本一のアイテム数を誇るとのこと。ショップ店長が「ヤブイヌ」をゴリ推しているそうだ。
ショップ店長の「ヤブイヌ」への愛は日本一なのだろう。

ミライハウス テイクアウト注文カウンター

ミライハウス テイクアウト注文カウンター

三月にリニューアルしたというテラスで小腹を満たすため、テイクアウト注文カウンターへ向かう。
お孫さんらしき男の子を連れたおばあちゃんが、注文しているところだった。お孫さんと散歩がてら気軽に来られる動物園があるのは良い。

ミライハウス テイクアウトメニュー

ミライハウス テイクアウトメニュー

メニューは一見、何処の動物園でもよく見かける、「焼きそば」や「フライ物」がずらりと並ぶ。
メニューの中でも目を引く「琥珀糖」がちりばめられた可愛くて綺麗なソフトクリームを注文。琥珀糖のシャクっとした歯触りとなめらかなソフトクリームの食感が食べていて楽しい。通常のソフトクリームが四百円なのに、この「キラキラ琥珀糖ソフトクリーム」は五百円とお手頃でお得な感じがする。

京菓匠 高野屋貞広の琥珀糖を使ったキラキラ琥珀糖ソフトクリーム

京菓匠 高野屋貞広の琥珀糖を使ったキラキラ琥珀糖ソフトクリーム

甘いものを食べたら、やはりしょっぱいものが欲しくなるのは仕方ない。錦市場の丸常蒲鉾店の天ぷらにミライハウスオリジナル焼き印を焼き付けた「ZOO天」を3種注文。軽食かと思いきや意外とボリュームがあってすでにお昼ご飯を食べたくらいの満足感だった。やはり美味しい。ビール片手にちょうど良いだろう。

錦市場の丸常蒲鉾店 ZOO天

錦市場の丸常蒲鉾店 ZOO天

動物園のショップ横には必ずと言って良いほど置いてある、ミニUFOキャッチャー。手乗りゾウさんのぬいぐるみが連れて帰って欲しそうな顔してコチラを見つめている。その視線に負けて百円玉を投入。
あっ、つかめた。と思ったらコロリンとアームから滑り落ち元の場所へ。気づけば五百円も使ってしまったのに連れて帰ることができなかった。残念。ちょうど小銭もなくなったので潔く退散することにしてまた園内をぐるり。

ミニUFOキャッチャーの手乗りゾウさんのぬいぐるみ

ミニUFOキャッチャーの手乗りゾウさんのぬいぐるみ

まったりゴリラの兄弟

京都市動物園と言えば、やっぱりニシゴリラの家族に会わないで帰るわけにはいかない。
ゴリラ舎を覗きにいくと、次男坊のキンタロウが展示ガラス近くで一人遊びしている。
その奥には、弟のキンタロウを見守る兄のゲンタロウの姿。
その光景がちょっと人間の家族の日常にある風景のようだなと思い可笑しくなった。
まわりで見ている人たちからも同様にその仕草に親しみを感じるような会話がちらほら聞こえてきた。

弟のキンタロウを見守る、兄のゲンタロウ

弟のキンタロウを見守る、兄のゲンタロウ

スロージェットコーヒー

お昼時。春頃に発売開始した特別なクレープを食べたくて、一旦園の外に出て、メインエントランス横のライブラリーに併設されたカフェ「スロージェットコーヒー」でまったり。
ここは、動物園に入場しなくても一般利用できる動物関連の本が読める穴場スポットでもある。

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

動物園写真家
阪田 真一

兵庫県明石市在住

初めまして動物園 水族館 植物園 専門の撮影取材をしている動物園写真家(写真家/ライター)阪田真一です。
野生でない環境に暮らす彼らの表情や日常を始め、その飼育に関わる人や取り組みなどを取材しその魅力を伝えています。
@DIME(小学館)というWEBデジタルマガジンに、毎月『動物園』『水族館』の取材記事を掲載中。

記事一覧
  

関連するキーワード

阪田 真一

兵庫県明石市在住

初めまして動物園 水族館 植物園 専門の撮影取材をしている動物園写真家(写真家/ライター)阪田真一です。
野生でない環境に暮らす彼らの表情や日常を始め、その飼育に関わる人や取り組みなどを取材しその魅力を伝えています。
@DIME(小学館)というWEBデジタルマガジンに、毎月『動物園』『水族館』の取材記事を掲載中。

|動物園写真家|動物園/京都観光




アクセスランキング

人気のある記事ランキング