初めまして、阿部千加と申します。東京藝術大学で音楽を学んでおりました。2年前、結婚を機に京都に移住。現在は滋賀県に住まいを移したものの、京都の街への愛は日に日に増すばかりです。
京都には今でも多くの伝統文化や作品が残っています。そんな文化豊かな京都において、同時代を生きるアーティストがどんな想いで、どういった活動しているのか予てより興味を持っていたため、「京都×アート」というテーマで様々なアーティストのお話をご紹介していくことにいたしました。

第一回は、京都市立芸術大学 音楽学部 指揮専攻3年の森脇涼さんにお話を伺いました。
森脇さんは、東京藝術大学 音楽学部 音楽環境創造科(以下:東京藝術大学)で作曲を学ばれた後、京都市立芸術大学(以下:京芸)の音楽学部で指揮を専攻されています。森脇さんと私は、東京藝術大学時代の同級生。森脇さんがどうして指揮者を志すようになったのか?京都で実現したいこととは?私自身の今さらの質問をぶつけてみました。

 

京都で暮らし、音楽をするということ

ー京都に来られて2年半。京都という街に、どういうイメージを持っていますか?

森脇:学問の街。そして、伝統を守っている一方でリベラルというイメージです。
また、京都には、町家や古民家をリノベーションしたお店が多いと思いますが、音楽とも共通するところがあると思います。音楽も伝統を残しつつ、それを受け継いで新しいものを作っていくようなところがありますよね。

ー共通する部分を感じていらっしゃるのですね。ちなみに、京都出身の音楽家と活動していく中で感じることはありますか?

森脇:京都というか関西の方は、歌が強い気がします。発声が良いですね。「a」や「o」の母音が明るいし、馬力のある声を出される方が多いです。

ー言葉の違いが発声にも影響するとは。知りませんでした!


音感は耳コピで養われた……?

ーここからは、森脇さんの音楽キャリアについてお伺いします。

森脇さんは、東京藝術大学時代から飛び抜けて音楽の素養があった印象があります。いつ頃音楽を始めたのですか?

森脇:3〜4歳でバイオリンとピアノを始めました。
元々、音楽に合わせて身体でリズムを取っていたりと音楽が好きな子供だったらしくて、「この子は音楽が好きなんだな」って親が思ったみたいですね。大体親って英才教育したがるじゃないですか。それで音楽を聴かせてみたら、バイオリンをやりたいと言ったらしく、バイオリンを先に習い始めました。

ー絶対音感は早いうちからありましたか?

森脇:耳コピ(※1)をしていたら、知らないうちに身についていました。電子ピアノについてるデモ音源があるでしょう?その中に格好良いジャズっぽい音源があって、それを弾きたくてずっと聴いてたんですね。それが訓練になってたんじゃないかなと予想しています。
(※1)楽譜ではなく音源そのものを聴いて曲をコピーすること

ーなるほど。自然に身についていったのですね。


現代音楽にハマった中学時代

ーその後、バイオリンとピアノはずっと続けていたのでしょうか?

バイオリンは中学生くらいまでは続けていたけど、どちらかというとピアノへの関心が強くなったので、中学生くらいからはピアノ一筋でした。「ピアニストになりたい」と思っていましたね。アンサンブル・アンテルコンタンポラン*のピアニストになりたくて……!
*ピエール・ブーレーズによって創設された、現代音楽に特化した室内オーケストラ。

ー森脇さんといえば、アンサンブル・アンテルコンタンポラン!かなりマニアックですが、どのようにして出会ったのですか?
Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

アートライター
阿部 千加

埼玉県出身。東京藝術大学音楽環境創造科卒。
2020年に結婚を機に京都に移住し、現在は滋賀で暮らしている。「より京都での暮らしを楽しみたい」という想いで移住前より京都検定の勉強を開始し、その年中に3級を取得。歴史や文化を知りながら街歩きをするのが楽しくなり、趣味が昂じたような形でまいまい京都 同行スタッフに。現在は、コンサートスタッフ・パソコン事務・時々ライターとして活動する傍ら、街をまいまいしている。

記事一覧
  

関連するキーワード

阿部 千加

埼玉県出身。東京藝術大学音楽環境創造科卒。
2020年に結婚を機に京都に移住し、現在は滋賀で暮らしている。「より京都での暮らしを楽しみたい」という想いで移住前より京都検定の勉強を開始し、その年中に3級を取得。歴史や文化を知りながら街歩きをするのが楽しくなり、趣味が昂じたような形でまいまい京都 同行スタッフに。現在は、コンサートスタッフ・パソコン事務・時々ライターとして活動する傍ら、街をまいまいしている。

|アートライター|音楽/芸術/京都移住

ツイッターで書籍のプレゼントキャンペーン開催中!! インスタグラムで紅葉フォトコンテスト開催中!!

アクセスランキング

人気のある記事ランキング