12月の楽しみといったらクリスマス!あちらこちらでキラキラのイルミネーションが観られる華やかな季節です。さて、京都御苑のすぐそばで毎年イルミネーションが行われているのをご存知ですか?今回は平安女学院大学のアグネス・イルミネーションをご紹介します。

アグネス・イルミネーションとは?

平安女学院大学が2005年から行っているイルミネーションで、2022年で17回目。世界中の人々への夢と愛、平和の祈りを込めたピース☆ツリーを制作し飾ったことをきっかけに始まりました。
国際観光学部の学生が中心となり、教職員と協力し合ってイルミネーションを制作しています。業者に依頼せず、デザインから取り付けまで全ての作業を学生主体で行うことが特色。すごいですね!!しかも毎年違ったデザインのイルミネーションが制作されています。

2022年のイルミネーション

2022年のイルミネーション

省エネや環境にも気を配っていて、使用済みペットボトルやLEDを使って制作します。開催日のうちの3日間(2022年12月16日~12月18日)はなんとプラグインハイブリット車・燃料電池自動車が太陽光でつくった再生エネルギー100%の電気だけでイルミネーションを灯します。
2022年の開催日:11月25日(金)~12月25日(日)16:30~21:00
開催場所:平安女学院大学 京都キャンパス

フォトスポットの天使の羽

フォトスポットの天使の羽

日本ではじめてセーラー服を制服に採用した学校、平安女学院

平安女学院大学 京都キャンパス

平安女学院大学 京都キャンパス

平安女学院は約140年前にアメリカからキリスト教の伝道のために来日したミス・エディが創立した女学校が始まりです。日本ではじめてセーラー服を制服に採用した学校としても有名で、付属こども園・中学校・高等学校・大学があります。
京都キャンパスは御所西にあり、織田信長が築城した旧二条城の跡地でもあります。有する文化財も多く、明治館は神戸異人館の旧ハッサム邸を建てたことでも有名なアレクサンダー・N・ハンセルが設計したイギリスの「クイーン・アン様式」の建築物、昭和館は東京タワーや通天閣を手がけた内藤多仲が構造設計を担当し、尖頭アーチやメダリオンを効果的に用いた建築です。有栖館は有栖川宮の旧邸で小川治兵衞作庭の庭園や、秀吉の「醍醐の花見」で有名なしだれ桜の孫にあたる桜もあります。

有栖館

有栖館

聖アグネス教会は長楽館を設計したことでも有名なJ・M・ガーディナーの設計で「三廊式バジリカ型」と呼ばれる西洋の典型的な教会様式です。

聖アグネス教会

聖アグネス教会

学生へのインタビュー

2022年のアグネス・イルミネーションを制作した国際観光学部3年生の成瀬美羽さんに、イルミネーションの見どころなどを聞いてみました。

成瀬美羽さんとメインのサンタ

成瀬美羽さんとメインのサンタ

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

  

関連するキーワード