「伏見」の記事(1ページ)

処刑場は、今やカップルの憩いの場 ― 豊臣秀次と瑞泉寺 ―

秀吉シリーズ第2弾!
京都の三条河原といえば「等間隔で座るカップル」が有名ですが、
甘い雰囲気に似合わない、ゾッ…

橋本 楯夫

京都ハレトケ学会 第5回『いとしの桜』

京都の「中堂寺」という地域をご存知でしょうか。
あまり知られていない場所ですが、筆者にとっては思い出の地。
出だ…

中野 貴広

都に輝く黄金の幻の城・聚楽第

今もその地名が町名にのこる秀吉の聚楽第。絢爛豪華な邸宅兼政庁がたった9年で壊されたのはなぜか。権勢を誇った秀吉と甥の秀次の数奇な…

橋本 楯夫

伝統産業のレア意匠たち

京都には面白い「伝統意匠」がここかしこにあります。迎賓館のつづれ織、長刀鉾の「なめくじ」などワクワクしますよね。

西村かおり

城郭寺院 ー 金戒光明寺 ー

くろ谷さんの愛称で親しまれる金戒光明寺も戦国時代から幕末にかけて本能寺などと同じく城郭寺院として「要塞」の顔をもちあわせていた。

橋本 楯夫

京都ハレトケ学会 第4回『まぼろしの桂離宮記』

栄華を極めた道長の別荘に由来する桂離宮。その後、宮家の別業(別荘)となる。京都観光でも訪れる人は多くないが、四季折々の彩を見せて…

中野 貴広

タモリさんもびっくりした「御土居」

あのタモさんも番組で驚いた、京都を囲む総延長22.5㎞の盛り土の「壁」。
いったい何のために誰が作ったのか。

橋本 楯夫

大石神社

12月といえば忠臣蔵。でも忠臣蔵って赤穂(兵庫県)浪士だから京都とは無関係では?
いえいえ忠臣蔵の主人公・大石内蔵助は山…

奥嶋 昌嗣

鷹峯へ、ようこそ。

市内北部と南部の高低差がかなりある京都市内。
みなさんが降りられた京都駅前にそびえたつ京都タワーのてっぺんと同じ高さにな…

馬渕能理子

松原通(かつての五條大路)

京都を東西に貫く五条通。国道1号線と9号線とも重なり文字通り京都の幹線道路である。しかしその五条通や五条大橋がかつてはふた筋北に…

山田 正太郎