京都の「岡」ってどこか思い浮かびますか?

 新幹線で京都へ着くと、南方に東寺の五重塔が見え古都の風情を感じる。京都駅に降り立つと、目の前に京都タワーが聳え立つ。どちらも京都のランドマークである。京都タワーの展望台から北に向きに見下ろすと、盆地の中に3つの小高い丘が見える。北西に双ヶ岡、北東に吉田山、北方少し西側に船岡山があたかも忘れられたように横たわっている。

 京都は、2億年前は海の底だった。放散虫というプランクトンが大量に堆積し、硬い地層のチャートが形成された。この地層に力が加わって断層ができ、真中が落ち込んで盆地になったと考えられている。その盆地には断層で取り残されたようにチャートの岡がある。それが双ヶ岡や吉田山そして船岡山なのである。

山上の磐座

山上の磐座

乾隆小学校屋上からの船岡山遠望

乾隆小学校屋上からの船岡山遠望

市内北部のランドマーク。清少納言も愛でた船岡。

 船岡山は、京都市北部のランドマーク的存在である。船岡山の西側には金閣寺・北方の丘陵地には鷹峯・すぐ北には大徳寺と名所旧跡が点在していて観光客の見印として船岡山は活用されている。

 船岡山は千本通の真北、蓮台野の東に位置する標高112m、比高40mの孤立した丘陵である。長い地質学の歴史上、京都盆地に置き忘れられた丘で、山としてはすこぶる小さい。

 頂上から市街を一望することができる。衣笠山から龍安寺の森を隔てて仁和寺の五重塔、さらに兼好法師ゆかりの双ヶ丘の展望は、煙雨の時など見事な水彩画を見る心境である。

 清少納言をして「丘は船岡」と言わしめ、この丘は王朝貴族の遊宴の地とされていた。また古来清浄の地として祭祀が行われ、古くは貞観元年(859)陰陽寮に命じて五穀を食い荒らす害虫をはらう祭りを行われたことがあり、今宮神社の疫神もはじめは船岡山において祀られたものである。

 大文字の送り火の夜、この山は最も多くの人でにぎ合う。五山の内、鳥居だけが見られない。

 現在、建勲神社境内および船岡山公園になっているが、植物相も外来種が殆ど侵入せず貴重な森である。このちっぽけな丘が歴史の上では、実は大変な舞台になったのである。
山は、自然林が残り山上には磐座信仰(古神道における岩に対する信仰のこと)の硬いチャートの岩盤が残る。

建勲神社 御所に向って建つ

建勲神社 御所に向って建つ

建勲神社から東山連峰を望む

建勲神社から東山連峰を望む

比叡山と右大文字山は兄弟の山

平安京のはじまりは船岡山から

 平安京造営時、朱雀大路(千本通り)の北の起点となり、四神相応の地として玄武が守る山である。四神相応とは東西南北をそれぞれ司る神が鎮座するという伝説信仰で、北の守り神が玄武であり亀と蛇のような姿をしているといわれる。

 現在の船岡山は市民の憩いの場として24時間開放されている。山全体は、大徳寺の所有であり、建勲神社境内以外は京都市が借用管理している。船岡山の名前の由来は山の形が舟を伏せたように見えるところから、その名がついたと言われているが、実際は一向に似ていない。今宮神社通りからの登り口北側から東にかけて、昔は池があり、舟が浮かんでいるように見えたと言う。また、堀川の源流は、この山の南斜面の涌き水と聞く。

玄武

玄武

元警察官の顕彰碑

元警察官の顕彰碑

船岡山の影

 1200年の船岡山の歴史には、光があたった反面、影のできごとも多くあった。葬
送の地や刑場として利用され、応仁永正の乱では陣取り合戦が行われ、多くの人々の
血が流された。今でも野仏が多く残存し、当時の面影が残る。城もつくられ、土塁や
空堀が残り、多くの中世城郭研究者が訪れている。

 忘れてはならないのは、1984年(昭和59年)白昼、十二坊派出所勤務の若き警察官が呼び出され、殺傷され、奪われた拳銃で撃たれた悲惨な事件があった。頂上岩盤の南側に顕彰碑があり、参詣される方が多い。歌碑には次のように記されている。


  船岡の山の歴史にとこしえに  職に殉ぜし君を語らむ   合掌!!!


 平安京が廃れ、朝廷も衰えだすと、内裏の北側は清浄の禁野として活用されていた
場所は、葬地として変容しだした。卒塔婆が多く立っていたので千本通りとも言われ
た。釈迦、釘抜き、閻魔、蓮台など葬送関係の寺名が点在している。

山上付近に残る供養地蔵

山上付近に残る供養地蔵

サイレン塔と三角点

サイレン塔と三角点

関連するキーワード

橋本 楯夫

(自称まちの歴史愛好家)
昭和19年京都市北区生まれ。理科の中学校教諭として勤めながら、まちの歴史を研究し続ける。得意分野は「怖い話」。全国連合退職校長会近畿地区協議会会長。
連絡先 tateo-h.8388@circus.ocn.ne.jp
まち歩きガイドの可否 : 可(土日祝も可)

      
        _blank     _blank     _blank       

祇園祭特集

【祇園祭特集】京都人にもあまり知られていないコトがいっぱい

   

アクセスランキング

人気のある記事ランキング