お正月が明けると、いよいよ受験シーズンの到来ですね。受験といえば学問の神様・菅原道真が祀られる北野天満宮へのお参りが鉄板。ふだんは神社にご縁のない人でもこの時ばかりは神頼みでお参りする方も多いと思います。ところで、なんで菅原道真は学問の神様といわれるのでしょうか。そして道真に訪れた皮肉な運命とは?

天才児道真、出世街道をひた走る

月夜見梅花 
月耀如晴雪 
梅花似照星 
可憐金鏡転 
庭上玉房馨

これ、何かおわかりですか。菅原道真が5歳のときに詠んだとされる漢詩です。
5歳ですよ、5歳。平がなが書けたら親が大喜びの年齢です。さすが、学問の神様ですね。

ちなみに現代語訳するとこうです。

今夜の月の光は、雪にお日さまがあたった時のように明るく、
その中で梅の花は、きらきらと輝く星のようだ。
なんて素晴らしいのだろう。
空には月が輝き、この庭では梅の花のよい香りが満ちているのは。

うーむ、現代語でみても5歳児が書いたものは思えません。ま、実際のところは聖徳太子が7人の話を同時に聞いたという逸話同様、マユツバものの話ではありますが、道真が幼少のころから学問に秀でていたことは間違いありません。

道真はその後も勉学に励み「文章博士(もんじょうはかせ)」という学者としての最高位を得ます。また、学問だけではなく弓の名手でもあり、讃岐国の長官として善政を行うなど文武両道の政治家となります。その腕を宇多天皇に買われた道真は、右大臣に抜擢されます。右大臣は今でいえば副総理か内閣官房長官くらいのナンバー3に入る大物ポストです。

その右大臣菅原道真の大仕事は遣唐使の廃止を決定したことでした。遣唐使、なんか歴史で習ったような言葉ですね。当時の最先進国である中国・唐の国から文化や学問・技術を学ぼうと派遣された一団のことです。しかし、唐の国が衰退すると、もはや学ぶことはないと考えた道真の決断でした。これが後の悲劇につながろうとは本人も思いもしなかったことでしょう。

出る杭は打たれる…

さて、この時代の貴族は藤原氏の全盛期でもあります。その藤原氏にとって一族外の菅原道真は、目障り以外のなにものでもありません。そこで左大臣・藤原時平は道真を陥れようと画策します。火のないところに煙をモクモクとたて、道真のあることないことを吹聴しまくり、べっちょりネトネトの濡れ衣を着せます。結果、醍醐天皇は道真を九州大宰府に左遷します。大宰府とは、中国をはじめとする大陸諸国との窓口となる機関で、今でいえば外務省といったところでしょうか。ある時期まではエリートの出向先でもありました。しかし、この頃には中国との国交が断たれていたため、することがない閑職となっていました。でもよく考えてください。大宰府の仕事をなくしたのは誰だったのか?そう、遣唐使を廃止した菅原道真ご本人です。道真は自らが閑職とした役所に左遷された訳で、自分がつくった落とし穴にはまってしまったようなもの。これを皮肉と言わずしてなんぞや!西へ歩をむける彼の胸中はいかばかりだったでしょうか。

タ~タ~リじゃ!!

大宰府に流された菅原道真はその2年後に失意のまま亡くなります。(ちなみに毎月25日が「天神さん」といって縁日になるのは、彼の誕生日であるとともに命日でもあるためです)さて、謀略を仕組んだ藤原氏としては「してやったり!」といったところだったのでしょうが、その数年後に悲惨な事件が連打で起こります。張本人の時平を含む藤原一族が次々と亡くなるのです。それも泥沼で溺れ死んだり、雷が落ちて焼け死んだり、といった変死怪死が続出するのです。さらに御所清涼殿の柱に雷が直撃し多くの貴族が焼死。この事件から間もなく道真に左遷を命じた醍醐天皇も亡くなりました。

「これは道真公のタタリにちがいない!」と人々は恐れおののきます。当時は怨霊やタタリが本気で信じられていた時代でしたから、そのビビり度合はハンパないものでした。そこで道真のタタリを解くために、彼の冤罪を認め右大臣に復帰させます。さらに道真を神として祀る神社を造りました。それが北野天満宮です。当初はまだ学問の神様としてのイメージは薄かったのですが、江戸時代になり学問に秀でた道真にあやかろうと、いわゆる寺子屋では彼の肖像画を掲げて信仰する風習が広まりました。ここから菅原道真が学問の神様として崇められるようになったと云われています。

いかがでしたか。エリート街道まっしぐらの人生から、出る杭は打たれるの言葉通りに急転直下の左遷。波乱万丈であった道真の生涯は、ご本人としては不本意だったでしょうが、そのドラマティックな生き様があったればこそ北野天満宮が造営されたともいえます。現在、菅原道真をご祭神として祀る神社は全国に12,000あるといわれていますが、もしその総元締めである道真がいなければ、全国の受験生は何を心の支えに試験に臨めばよいのでしょうか。「人は死して名を残す」を体現した菅原道真公の生涯はとても幸せなものだったと思います。

最後に。
神社にお参りするのであれば、ご祭神やその由来を知ると知らないとではご利益にも違いがあって当然。受験生は、本記事を一読してから天満宮にお参りすることをおススメいたします。

(編集部 吉川哲史)

関連するキーワード

_blank _blank _blank

アクセスランキング

人気のある記事ランキング