令和元年は上京区と下京区が誕生して140周年の一年でした。Kyoto Love.Kyoto編集部ではこのメモリアルイヤーに上京区長・下京区長による対談をはじめ、両区を深く知るための特集記事を半年にわたって掲載してまいりました。その特集にあたって編集部が投げかけたテーマが「上京人はお公家はん?下京人は商人気質なん?」でした。

偏見アリアリの色メガネをかけて下京商人を見ると、パチパチとそろばんを弾きながら、お約束のセリフ『もーかりまっか、ボチボチでんな~』と言ってニヤリとするイメージでしょうか。

いっぽうの上京人は、麻呂顏で口元を扇子で隠しながら「おじゃるでごじゃる」などと言ってる感じでしょうか。口元が見えないので腹黒いイメージもありますね。

この問いかけへの地元の皆さんの答えはいかがでしょうか。「そう言われれば、そんなとこあるかも」「いやいや何を根拠にそんなタワゴトを!」などいろいろな声が聞こえそうですね。個性豊かな両区ですから、そんなカンタンに線引きはできないとは思いつつも、編集部として結論を出さねばなりません。実際のとこ、上京人のお公家はん気質、下京人のアキンド気質はホントウなのでしょうか。

上京人・下京人のホンネ

区長対談はオフィシャルトーク。区を代表する公人としては、なかなか言えないこともあろうかと思います。「それ言っちゃおしめーよ」みたいなね。

そこで、もう少し上京人・下京人のホンネも聞いてみたいと思い、編集部アングラ企画として、実は昨秋にもうひとつの区民対談を実施していました。とある居酒屋さんに匿名希望の上京区民(30代女性)と下京区民(50代男性)をお招きし、お酒をたしなみながらの座談会としました。ご両名とも良識ある方でしたので、節度を保ちながらも心の声を聞かせていただくことができました。そのほろ酔いトークを一部抜粋してみました。

まずは上京人のお公家はん論争から。


下京匿名紳士 ※以下「下京」
「最近は御所南や御所西っていう『御所○』が注目されていて、高級住宅街に住むハイソな人が多いっていうイメージを持ってる人が多いと思いますよ」

上京匿名淑女 ※以下「上京」
「う~ん、どうなんでしょ。私は高級住宅街っていうと、下鴨や北山のほうかなって思うんですよね。ただ今出川通りから北の「御所北」は古くから住んでいる人が多いので、ちょっとイヤらしい言い方になりますが“上流意識”っていうのかな、そんな感じがあるのかもしれませんね」

下京
「あ、それわかる気がします。公家かどうかはともかく、上京の人って妙に“すました”ところがあるように思いますね。良いと悪いとかじゃなくって、それが上京らしさかな」

上京匿名
「私たちの親世代はそうかもしれないですね。でも、上京ってそれだけじゃないですよ。西陣の人は気さくな人が多いし、むしろ商人さんって感じがしますよ」

下京
「外から見ると上京区は大きく2つに分かれてるように見えます。1つはおもに御所周辺のエリア。ざっくりいえば堀川通から東かな。で、もうひとつが堀川から西のいわゆる西陣エリアですね。街の雰囲気もずいぶん違う気がします。」

上京
「そうそう、私が言いたかったのはそれです!上京って古い歴史があるので少し固いところがある一方で、ホンワカとした人づきあいができるところもあったり、色いろな面があって私はそこが好きなんですよね」



つづいて下京人は商人気質?について。

下京
「アキンドって言われるとなんか悪代官と悪巧みしているエチゴヤさんみたいでイメージよくないよね(笑)。

上京
「『オヌシも悪よのう…』『お代官さまにはかないませんよ』なんて会話は時代劇だけですか?(笑)」

下京
「でも、京都の商業を支えているのは下京区と中京区やという自負はありますよ。京都駅前もおかげさんで、私らが子どもの頃と比べてずいぶん賑やかになりました」

上京
「京都駅と四条河原町という二大繁華街はどっちも下京区ですもんね。上京区は遊びスポットがないのが残念」

下京
「あと、なんとゆうても鉾町ですね。祇園祭は町衆が作ってきた歴史があるからね」

上京
「そうそう、やっぱり下京といえば祇園祭。私、コンチキチンの音は京都のサウンドロゴだって思います。あの宵山の熱気は上京では絶対に感じられないものですね」

下京
祇園祭については、はっきりとした『プライド』がありますね。大昔に祇園祭の中止を幕府からいわれたときも「神事これ無くとも山鉾渡したし」といって強行したくらい、御上の言いなりにはならへんていう反骨心、つまり自立精神が下京区にはあるんです(※注1)。そこが上京との違いかな。京都が上京のお公家はんだけやったら、それこそ落ちぶれた貴族みたいに寂びれた街になってた思いますわ」


おっと、トークという肴にお酒が進んだのか、だんだん過激な言葉が飛び交いはじめたので、ここらでオフレコに。

<注1>1533年に起こった一向一揆を受けて、室町幕府が祇園祭の中止を下した際、町衆は「神事はしなくても、山鉾巡行はしたい」と言って山鉾巡行を強行したといわれる。




町名から読みとる上京区と下京区の町並み。

ご両名とも言葉の端々から自分たちの街への誇り、そして愛を感じました。とはいえ、この裏トークはまさに生の声ではありますが「一個人の感想」でもあります。そこで編集部としては、客観的な別の視点から考えてみることにしました。

「名は体を表す」といいます。人であれ、物であれ、名前には何らかの意味が込められているものです。もちろん町名にも。上京下京それぞれの町名をみれば、その街並みがみえてきます。

上京区から見ていきましょう。

まず堀川通から東は、御所近辺ということもあり「武者小路町」「土御門町」「近衛町」など公家の香り漂う町名が並びます。

いっぽう、堀川通から西に入ると、「如水町」(黒田官兵衛/「如水」は出家後の名)、「弾正町」(上杉弾正景勝/「弾正」は官職名)、「加賀屋町」(前田利家/ご存知「加賀100万石」の祖)など、そうそうたる戦国武将の名前が連なります。これは関白・豊臣秀吉が造営した聚楽第に武家屋敷が並んだことの名残りです。

また、エリアを問わず、相国寺門前町、鳥居前町(北野天満宮)、上御霊前町(上御料神社)など寺社にちなんだ町名が点在しています。

このように上京区の町名からは、公家・武家・寺社の街並みがイメージされます。てゆうか、イメージ通りですね。


対する下京区はどうでしょうか。
こちらは大別すると商工・仏具・山鉾の3つがキーワードになります。

「材木町」「鍛冶屋街」「八百屋町」etc…。商工系の名称に職人のこだわりを感じさせます。また「銭屋町」など、いかにもとうなずける直球ネームも。

本願寺のお膝元だけあって、その周辺には「仏具屋町」「数珠屋町」「布屋町」と、仏壇仏具を思わせる町名が散見しています。

祇園祭山鉾の名称がそのまま町名になるパターンとして「長刀鉾町」「郭巨山町」「月鉾町」などが挙げられます。観光客にとっては、わかりやすくてありがたいですね。


Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター


編集部

 

記事一覧
  

関連するキーワード