ネット社会の発展とともにアマゾンなどの通販が飛躍的に増加し、またコロナ禍をきっかけにUberEatsをはじめとした飲食の宅配サービスが注目を浴びています。これら配達のお仕事をひと言でいえば「指定された住所に品物をお届けする」ということになります。つまり、住所をどう読みとるかがカギといえます。配達員にとって「やたらと長い」「上ル下ルで表記される」など独特の特徴をもつ京都の住所とはどのようなものなのか?少々オーバーにいえば「あるときは味方であり、またあるときは敵となる」という、ルパンにとっての峰不二子みたいなナンギな存在なのであります。

で、このテーマを語るに最適な人物はいないかとリサーチしたところ、1名発見しました。それも編集部内に。てゆうか、かくいう私でした。私、約30年前に宅配業界に身を置いていたことがありました。しかも配達エリアが上京区であり、まさしく「上ル下ル」の碁盤の目を縦横無尽に駆けておりました。そんな私がナンギな京都の住所にどのように挑んでいたのかを綴ることといたします。

 

配達員の一日

京の住所と配達員との関係を知っていただくために、まずはカンタンに配達の流れを説明いたします。

①棚にある荷物を取り出し、ザックリと配達順に分ける。
②配送車に荷物を積み込む。
③地図で配達先をチェックし、伝票を正確な順に並べる。

ここまでが前日準備です。次に配達当日はこうです。

④配達所を出発 ~ 配達終了。
⑥配達所にもどり、不在の荷物を棚に戻す。
⑦伝票整理や代引の精算など事務作業。

ざっと、こんな感じです。配達所によって多少異なることもありますが、おおむね変わりはないでしょう。ちなみに私は京都の老舗某百貨店・上京配達所に所属しておりました。

さて、この一連の流れで配達員は伝票を何回見るか?つまり住所に何回目を通すのか、わかりますか?正解は4回。①②③④の工程でそれぞれ住所を確認します。もちろん慣れれば、ある程度省略することは可能ですが、誤配などのトラブルを避けるために、プロを自任する私は逐一チェックを心がけていました。


「京都の長~い住所」がもたらすロス

小林氏のご指摘にあった通り、京都の住所は「通り名×通り名+方角(上ル下ル/西入東入)+町名」となるため非常に長くなります。その理由は「同一区内に同一町名があって、通り名がないと場所を特定できないから」でした。ではこの長い住所が配達員にどのような影響を与えるのでしょうか?

ひとつは時間のロスです。たとえば住所を読みとる時間が、他府県より余分に1秒かかるとしましょう。つまり「1秒×4回×荷物の数」がロスタイムとなります。私の場合、お中元お歳暮の繁忙期には、1日平均約200個の荷物を持ち出していました。

するとこうなります。1秒×4回×200個=800秒=約13分のロスをしていたわけです。ちなみに私の1日の最高持ち出し数は約450個なので、その場合は30分のロスとなります。配達は時間との戦い。この30分はデカすぎです。特に冬は陽が落ちるのが早いので焦ってしまいます。当時はそれが普通と思っていましたが、こうやって京都の住所の特殊性を考えると、改めて「うーん、そうだったのか…」とちょっと損した気分になりました。

でもそれ以上にナンギなのが目の疲れなんです。配達って意外に目を酷使するんですよ。運転中はもちろんですが、配達先を地図でチェックする作業は、細か~い地図を相手にニラメッコとなるからです。これ、思った以上にツライもんなんですよ。2~3日くらいならともかく、毎日毎日続くとダメージが蓄積されて、シーズン後半には心身ともにバテバテになってしまいます。特にカーボン紙で薄く写った文字や、芸能人のサインのごとく解読が必要な走り書きの文字を読むのは、更なるエネルギーを消耗します。みなさん、メンドーなお気持ちは重々承知しておりますが住所は強く、そして優しく書いてあげてください。

「上ル下ル」表記の功罪

さて、ここで配達の極意について少しお話ししたいと思います。何の仕事でもそうだと思いますが「配達こそダンドリが8割」これが持論です。ダンドリとは事前の準備、つまり「before配達」が勝負ということです。なかでも最大のポイントは「配達そのものにかかる時間をできるだけ短くすること」です。つまり、「車に乗って配達先に着いて、荷物を渡してハンコをもらう」の一連の動作にかかる時間をどれだけ圧縮できるかということです。そこでまず1つ目の極意がこれです。

 配達の極意① 現地で地図を見ない

ま、これは極意というより「イロハ」です。地図はお守り代わりにいちおう車に積んでおりますが、まず見ることはありません。繰り返しますが、配達は時間との戦いです。運転席で「さて、次はどこやったっけ?」と地図を広げて…な~んて悠長なことをしてたら、あっという間に空は夕焼け小焼け。こういう人は配達先近くに来てからも一軒一軒の表札を見ながら「え~と、ここでもない、そこでもない…」とキョロキョロしながらの挙動不審運転になります。これって時間のムダはもちろんですが、なにより危険ですよね。だからといって全ての家を暗記できるわけもありません。ではどうしているか?伝票の空欄にアンチョコを書いとくのです。このとき「上ル下ル」はとっても便利なツールとなります。たとえば、「千本通一条上ル泰童片原町」という住所を地図でチェックしたら、こう書きます。2本の線をクロスして交差点をつくり、そこ起点に目的地の位置までの軒数を書き込みます。

もちろん地図の原則にならって「北が上」です。つまり、タテの線が千本通、ヨコの線が一条通となります。いかがです?千本一条の交差点さえわかれば、「交差点を北に行って3軒目の西側」とすぐにわかるでしょ。碁盤の目の町ならではのテクです。


 

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

  

関連するキーワード