大手筋商店街との出会い

京都市内に住んでいるわたしは、ある日何のことはない用事で伏見の方へ立ち寄った。すぐ帰るつもりであったがふと気になるものが目に入った。

「サンタが異常発生するで大手筋 何でもあるで大手筋」

??????!

意味のわからない垂れ幕があった。この時は10月だったので辺りにサンタはいなかったが、12月になると異常発生するのか・・・と思わず気を引き締める。吸い込まれるように歩いていくと垂れ幕が増えた。

「家具もバッグもあるで大手筋 何でもあるで大手筋」

!!!!

家具もバッグも全く違うジャンルのものであるが、どちらも揃っているというPRらしい。そして、末尾には「何でもあるで大手筋」という鉄板のフレーズだ。どうやらこれを付けなくてはいけないという決まりがあるのだろう。もしかして垂れ幕は、他にもあるかもしれない。わたしは唾をのんで、ひと呼吸しアーケードの天井を見渡した。

「楽しい空間もあるで大手筋 何でもあるで大手筋」
「旨い酒もあるで大手筋 何でもあるで大手筋」
「だいたいの銀行あるで大手筋 何でもあるで大手筋」

そこには想像を絶する押しの強い垂れ幕が、ずっと遠くまで、数えきれないほど広がっていた。言い切り形だけでなく、【だいたいの】と婉曲表現をするものが出てきたことによって、この垂れ幕は嘘をついていないという信頼感まで芽生えてくる。

「その道のプロが居てるで大手筋 なんでもあるで大手筋」
「新機種よりどりみどりやで大手筋 なんでもあるで大手筋」
「こだわりのええもんあるで大手筋 なんでもあるで大手筋」

どうやらここは「大手筋商店街」というところで、長さ400mで道幅は8m~10mという、すごい規模のアーケードがある商店街だった。わたしはすっかり夢中になってしまった。

 

サンタ大量発生の謎に迫る

サンタの謎が気になって仕方ないので「伏見大手筋商店街振興組合」様に取材を申し込んだ。取材依頼書に「本当にサンタが異常発生しているのか知りたいです」と記入する際は、大人として間違っていない質問なのかとても逡巡したのだが、勇気を出して良かったと冷や汗をかきながら思っている。以下はインタビューの様子である。

 

『なぜ、「なんでもあるで大手筋 サンタが異常発生するで大手筋」という面白い垂れ幕を作ったのでしょうか?』

伏見大手筋商店街振興組合の皆様(以下、大手筋)『装飾は年に4回変えるのですが、シーズン用だけでなくて通年置けるものを作ろう、なんかおもろいもんないかな~?と考えて作りました。商店街のどの店舗にも1個は関わる内容になるように試行錯誤しました。』

 

『商店街に113軒あるお店の、全てに関わる内容というのはすごいですね。 あの、12月は本当にサンタが出るのでしょうか・・・?』

大手筋『もちろんサンタ出ます!異常発生します。150体くらい・・・?』

商店街に飾られているサンタさん

商店街に飾られているサンタさん

(伏見大手筋商店街振興組合様提供)

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

  

関連するキーワード