京都の地名って、ホントに独特ですよね。
まず「読めない!」…不明門(あけず)通、皀莢(さいかち)町、笋(たかんな)町…
そして「住所がやたらに長い!」

たとえばこちらの掲示板の住所、頭に「京都府京都市」をつけると漢字で27文字、
ひらがなで52文字、これにまだ番地やマンション名、部屋番号がつくのです!
なぜ「東京都港区新橋2丁目17」のように短くできないのでしょうか?

こんな感じで「京都の『町』の不思議」をテーマに連載をすることになりました。
日本でも独特の京都の住所、その裏にひそむ「町」の仕組み、などを綴りたいと思います。しばらくの間、どうかおつき合いください。


 

なぜこんなに長いの? ――京都市の旧市街の住所

そもそもなぜこんなに長く住所を書かなくてはいけないのでしょうか?
この理由を考える前に一つ気をつけておくこと、それは一口に京都の住所といっても、中心部と周辺部では表記の仕方がまったく違っていることです。
京都ではおなじみのこの2つの「仁丹看板」をご覧ください。

左の住所は「区名+地域名(紫野)+町名(東藤ノ森町)」の組合せです。
こちらは明治以降に京都市に編入された地域(ここでは新市街地と呼びます)で、それ以前は周辺の郡部だった地域の住所の形です。
さて問題は右の住所です。
こちらは「区名+通り名a(上立売)+通り名b(浄福寺)+交差点からの方向c(西入)+町名(蛭子=えびす町)」という形になっています。
aはその場所が面している通り、bは一番近くでaと交わる通り、cはaとbの交差点からの方向、という書き方です。

こちらは明治12年(1879)に京都府の中に上京区と下京区が設けられた時に含まれていた地域(ここでは旧市街地と呼びます)の住所です。今回の本題はこの旧市街地の住所です。
旧市街地の範囲はごくおおまかにいって、現在の上京区の全域、中京区・下京区の千本~大宮通より東、東山区・左京区・南区の一部になります。鴨川の東側も含まれているので「洛中」の範囲とは少しずれています。
ところでこの住所、「上立売通浄福寺西入」は必要なくて、正式な住所は「上京区蛭子町」だけでいいじゃないか、と思いませんか?
「蛭子町」さえ分かればタクシーでも行けるし郵便だって届くはず、そう思いませんか?
いえいえそうではありません! 「上京区蛭子町」だけではタクシーで行くこともできず、郵便番号なしでは郵便も届く保証はないのです。
つまり「上立売通浄福寺西入」が住所の一部として必要なのです!
実際、左の私の戸籍謄本での正式な住所でも区名に続いて二つの通りの名前と交差点からの方向がわざわざ書かれているのです。
なぜ旧市街地ではこんなことになっているのでしょうか?

町名だけではたどり着けない、旧市街地の住所

今、旅行で訪れた人が「上京区蛭子町まで」とタクシーに乗ったとします。
ベテラン運転手さんいわく、「どちらの蛭子町でしょうか?」「えっ、どちらって?だから蛭子町ですよ」「お客さん、蛭子町って上京区に2カ所あるのですよ」「えーっ、まさか!?」
そうなのです、京都の旧市街地には一つの区の中に同じ町名が何か所もあるのです。

この蛭子町も同じ上京区の中で仁丹看板のあった上立売通浄福寺西入だけでなく、南東に1km以上も離れた堀川通の西、猪熊通出水上ルにもあります。
東京でいえば新宿区の中の西新宿にも歌舞伎町にも神楽坂にも、全く同じ「○○町」がある、町名だけではどこに連れていかれるか分からない、そんな感じだと思ってください。
京都の旧市街地の住所が長い大きな理由、それは「同一区内に同一町名があって、通り名がないと場所を特定できないから」なのです。


 

長い住所の原因「同一区内同一町名」は 4つの区に250以上!

ではこのように一つの区に同じ町名がいくつもあるケースは京都市内にどれだけあるのでしょうか? 私が実際に数えてみたのがこの表です。

「亀屋町」は中京区だけで5か所あります。
上京区・下京区を合わせると11か所です。
そして一つの区内の別々の場所に2つ以上存在している町名は「亀屋町」「大黒町」以下84種類あり、町の数を全部合わせると全部で252もありました。
つまり先ほどの「上京区蛭子町」のように、「区名+町名」だけでは場所が特定できない町が旧市街地に252町あるのです。これだけあると旧市街地全体でも町名だけではなく場所を特定できる通り名を住所に入れる必要があるのでしょうね。


 

亀はいっぱい、鶴はゼロ?

ここでちょっと脱線、京都の旧市街地で一番多い町の名は表の通り「亀屋町」ですが亀と対になるはずの「鶴屋町」は実は京都市内には一つもないのです。
17世紀半ばの京都の地誌、「京雀」には亀屋町と鶴屋町は6つずつ記されていたのですが、徳川綱吉が娘の鶴姫を溺愛するあまり庶民が鶴の字を使うことが禁止され、鶴屋町が亀屋町や他の町名に変えられたから、と言われています。
亀屋町と鶴屋町、将軍のわがままの歴史(?)をのぞいているようでちょっと面白いですね。


 

周辺とは全く違っていた、旧市街地の「町」の成り立ち

ところで「こんなややこしい状況がなぜ続いて来たの? 他の街のように区画整理は
しなかったの?」と思う方も多いと思います。
私の推測も入りますが、これには京都の旧市街地の一つ一つの「町」(亀屋町などの単位)の成立ちと自治の仕組みが大きく関わっています。

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

京都の祭り・歴史研究家
小林 孝夫

京都市中京区生まれ、北区紫野育ち、
民間企業に37年間勤務
祇園祭の魅力が忘れられず、定年を機会に埼玉県から帰郷、大学院に入学し民俗学を学ぶ
祇園祭を中心に京都の祭り・民俗行事、平安京の歴史、京都の地理・町の形成などを研究
京都府文化財保護課での祭り行事調査に参画中

現在、佛教大学非常勤講師、京都民俗学会理事、日本民俗学会会員

記事一覧
  

関連するキーワード

小林 孝夫

京都市中京区生まれ、北区紫野育ち、
民間企業に37年間勤務
祇園祭の魅力が忘れられず、定年を機会に埼玉県から帰郷、大学院に入学し民俗学を学ぶ
祇園祭を中心に京都の祭り・民俗行事、平安京の歴史、京都の地理・町の形成などを研究
京都府文化財保護課での祭り行事調査に参画中

現在、佛教大学非常勤講師、京都民俗学会理事、日本民俗学会会員|京都の祭り・歴史研究家|京都の町名/京都の通り/番地/山鉾町

KLK新書プレゼント企画 ツイッターで応募 インスタグラムで応募 KLK新書プレゼント企画 京都で今日のごはんをテイクアウト!京のごはんで検索

アクセスランキング

人気のある記事ランキング