動物園で桜を楽しむ

四月一日、桜満開。京都はこの日あちらこちらで花見に出て歩く人の波であふれていた。
今年は京都で花見をしようと動物園の開花時期を先月から楽しみにしていた。お天気が心配ではあったが、この日とても気持ちの良い快晴となった。これが「お花見日和」と言っても良い日なのではないだろうか。

京都の桜

京都の桜

いつもは正面ゲートから入園するのだが、まずは動物園の外周を歩いて桜を眺めよう。外から見れば、桜に包まれた京都市動物園を楽しめる。
琵琶湖疏水沿いを、蹴上インクラインの方へ向かう。
琵琶湖疏水越しに動物園を見て歩くと、園の外周の桜並木越しにキリンを見つける。
おや?キリンさんがコチラに気づいてカメラ目線してくれている。桜とキリンの組み合わせは日本の動物園だからこその光景だなとホッコリ、キリンと一緒にお花見。

桜越しのキリン

桜越しのキリン

琵琶湖疏水沿いに、蹴上インクラインへ

動物園の南側を流れる「琵琶湖疏水」では、桜の時期だけの観光船が観光客を沢山乗せて運航している。桜を見上げながら水の香りを感じる。心地よいだろうなと見ているコチラも気持ちが良い。

岡崎さくら回廊 十石舟めぐりと動物園の桜

岡崎さくら回廊 十石舟めぐりと動物園の桜

蹴上インクラインまで来ると、動物園まで抜ける眺めは最高である。空と桜、琵琶湖疏水に蹴上インクライン。この時期だけの絶景にしばらく立ち止ってここでもお花見。

蹴上インクライン沿いの桜からの琵琶湖疏水

蹴上インクライン沿いの桜からの琵琶湖疏水

園内の桜は賑やかに

久しぶりに東エントランスを通り入園。こちら側から入るとすぐに目につくのが、一風変わったアニマルグッズを提供しているミライハウスさんである。売店と軽食が楽しめるのだが、今日はお花見弁当を持参しているので桜の下でお弁当を広げよう。

桜に彩られた園内

桜に彩られた園内

園内に入ると沢山の家族やカップルがお花見をしていたり、動物達の前で記念撮影をしたりと賑やかである。
園内でも、琵琶湖疏水沿いにベンチやテーブルが設置されており、水の流れや音を感じながらお弁当を広げて、まったりくつろぐことが出来る。

風に揺れる枝垂れ桜

風に揺れる枝垂れ桜

空いているテーブルを探しながらキョロキョロしていると、チンパンジー展示エリアの前にとても美しい枝垂れ桜を見つけた。風に揺られながら、その薄い花びらが光を透かし淡いピンク色に輝く。
周りのソメイヨシノとは違った風情である。

日差しが透ける枝垂れ桜の花弁

日差しが透ける枝垂れ桜の花弁

ちょっと特別気分の花見弁当

丁度、席を立つ家族連れと入れ替わるように、ふれあい広場前のテーブルを確保した。
お昼は少し過ぎた頃でかなりお腹がすいていた。

遅くなったのには理由がある。実は京都駅でお花見弁当を探して1時間も迷ってしまったのだ。
せっかくの京都の動物園でのお花見。特別なお弁当を持って楽しみたい。そんな思いから、気づけば二つの弁当を抱えていた。

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

動物園写真家
阪田 真一

兵庫県明石市在住

初めまして動物園 水族館 植物園 専門の撮影取材をしている動物園写真家(写真家/ライター)阪田真一です。
野生でない環境に暮らす彼らの表情や日常を始め、その飼育に関わる人や取り組みなどを取材しその魅力を伝えています。
@DIME(小学館)というWEBデジタルマガジンに、毎月『動物園』『水族館』の取材記事を掲載中。

記事一覧
  

関連するキーワード

阪田 真一

兵庫県明石市在住

初めまして動物園 水族館 植物園 専門の撮影取材をしている動物園写真家(写真家/ライター)阪田真一です。
野生でない環境に暮らす彼らの表情や日常を始め、その飼育に関わる人や取り組みなどを取材しその魅力を伝えています。
@DIME(小学館)というWEBデジタルマガジンに、毎月『動物園』『水族館』の取材記事を掲載中。

|動物園写真家|動物園/京都観光




アクセスランキング

人気のある記事ランキング