神無月の楽しみ

慌ただしく始まる秋の行事ですが、実際に秋の深まりを感じるのは10月に入ってからです。10月を表す「神無月」は出雲では「神在月」と言われるようで島根県の稲佐の浜では八百万の神を迎える「神迎祭」が行われます。日本の行事や風習は季節と共に巡り人々の暮らしを豊かに彩ってきました。空に鰯雲が広がり、ススキが風に揺れ、虫の声が響く10月、我が家では今年から育て始めた藤袴(フジバカマ)が満開となり、また楽しみが増えました。比較的に手入れは簡単で初めてでしたが見事に咲きました。藤袴を好む蝶、アサギマダラやツマグロヒョウモンが毎日のように花に来ています。

藤袴祭

藤袴祭

藤袴と源氏物語

藤袴はヒヨドリバナ属に分類される多年草で花言葉は「ためらい」。日本では万葉の頃から親しまれ『源氏物語』第30帖「藤袴」では夕霧が玉鬘に藤袴を差し出し「おなじ野の 露にやつるる藤袴 あはれはかけよか ことばかりも」と詠います。2021年に開催された藤袴祭では歴史ある下御霊神社にて源氏物語の夕霧と玉鬘の場面を再現する試みがあり、私は平安装束に身を包み夕霧役を務めさせて頂きました。

藤袴祭

藤袴祭

光源氏の息子である夕霧は父譲りの美貌に恵まれながらも実直な性格で恋愛には不器用な人物です。藤袴を玉鬘に差し出し口説こうとしますが、玉鬘は夕霧を拒みます。この再現の試みでは実物の藤袴を平安装束姿の私が鋏で切り部屋に運びました。

装束と藤袴はとてもよく似合い、平安時代のこの季節を垣間見るようでした。藤袴はとても風情のある花で美しい蝶を引き寄せますが、ただ女性に贈るには地味な花で、しかも夕霧が差し出したのは「やつるる藤袴」ですから、みすぼらしく弱っている藤袴です。役を務めながら「そんなものを持って来られても」と思わずにはいられませんでした。しかし源氏物語のこの場面は夕霧と玉鬘の性格や人柄がよくわかる演出であるとも思いました。紫式部が藤袴を選んだのはとても効果的で夕霧の性格をよく表していますし、美しく聡明であった玉鬘は多くの公達から恋文をもらいますが、最終的には髭黒という荒々しい外見の右大将の妻となります。やはり、なよなよした藤袴では彼女の心は捉えられなかったというわけです。

さて、藤袴は秋の七草に数えられ、かつては生薬としても用いられましたが、現在は絶滅危惧種となっており、この花の魅力を知る機会は減っています。群生している藤袴に蝶が集まる様子は幻想的で和の美の世界を感じます。毎年10月上旬に開催される藤袴祭では寺町通を中心に沢山の藤袴が展示されますので是非お出かけいただきご覧いただきたいです。


 

裏メニューその1「十五夜」の夜蛤?

秋の行事には意外に知られていないことが他にもありますので今回は「秋の行事の裏メニュー」と題して、秋の行事をもう少し深くご紹介してゆきます。

お月見の貝合わせ

お月見の貝合わせ

まずは中秋の名月「十五夜」の珍しい風習をご紹介。「十五夜」は旧暦8月15日の月(2022年は9月10日)を中秋の名月として観月し、ススキに月見団子などのお供えをしますが、実は江戸時代、この日の夜に蛤を食べる風習がありました。蛤と言えば3月の雛祭に行事食として食べることが知られていますが、江戸の人々は月見の夜には蛤のお吸い物を食べたそうです。蛤は晩春から夏期にかけて産卵期に入り、繁殖後は味が落ちるということもありかつては禁漁とされていました。中秋の名月の頃に禁漁が明け、ちょうど蛤のシーズンが始まり、いわゆる「初物」を食べて縁起をかつごう、ということでしょうか。葛飾北斎の「蛤売り図」には雲に隠れた満月が描かれており、江戸時代の月見に蛤が欠かせない食材であったことがわかります。また三代目歌川豊国の浮世絵「葉月高輪」では、女性がススキとともに蛤を籠一杯に入れて売る様子が描かれています。

蛤貝殻

蛤貝殻

今では十五夜に蛤を食べる風習はほとんどなくなりましたが、とも藤では蛤の貝殻をお取り扱いしておりますので十五夜の蛤として、当時の人々に思いを馳せて、お月見の貝合わせを毎年様々にご提案しています。

裏メニューその2「十三夜」って?

また「十五夜」の前後、他の月にも「十六夜(いざよい)月」「立待(たちまち)月」「居待(いまち)月」など毎日の月に名前がついています。「十五夜」の満月は次第に新月となり、また満月に向かって大きくなってゆきます。新月から13日目の月が「十三夜」です。「十三夜」は旧暦9月13日~14日の夜の月を差し「後の月」とも言われます。2022年今年の十三夜は10月8日です。

栗名月

栗名月

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

とも藤 代表
佐藤 朋子

京都市中京区の呉服店の長女として生まれ、生粋の京都人である祖母や祖母の叔母の影響をうけながら育つ。通園していた保育園が浄土宗系のお寺であったことから幼少期に法然上人の生涯を絵本などで学び始め、平安時代後期の歴史、文化に強い関心を抱くようになる。その後、浄土宗系の女子中学高等学校へ進学。2003年に画家の佐藤潤と結婚。動植物の保護、日本文化の発信を共に行なってきた。和の伝統文化にも親しみ長唄の稽古を続けており、歌舞伎などの観劇、寺社への参拝、院政期の歴史考察などを趣味にしていたが、2017年、日向産の蛤の貝殻と出会い、貝合わせと貝覆いの魅力を伝える活動を始める。国産蛤の⾙殻の仕⼊れ、洗浄、蛤の⾙殻を使⽤した⼯芸品の企画販売、蛤の⾙殻の卸、⼩売、⾙合わせ(⾙覆い)遊びの普及を⾏なっている。

記事一覧
  

関連するキーワード

佐藤 朋子

京都市中京区の呉服店の長女として生まれ、生粋の京都人である祖母や祖母の叔母の影響をうけながら育つ。通園していた保育園が浄土宗系のお寺であったことから幼少期に法然上人の生涯を絵本などで学び始め、平安時代後期の歴史、文化に強い関心を抱くようになる。その後、浄土宗系の女子中学高等学校へ進学。2003年に画家の佐藤潤と結婚。動植物の保護、日本文化の発信を共に行なってきた。和の伝統文化にも親しみ長唄の稽古を続けており、歌舞伎などの観劇、寺社への参拝、院政期の歴史考察などを趣味にしていたが、2017年、日向産の蛤の貝殻と出会い、貝合わせと貝覆いの魅力を伝える活動を始める。国産蛤の⾙殻の仕⼊れ、洗浄、蛤の⾙殻を使⽤した⼯芸品の企画販売、蛤の⾙殻の卸、⼩売、⾙合わせ(⾙覆い)遊びの普及を⾏なっている。

|とも藤 代表|貝合わせ/貝覆い/京文化

ツイッターで書籍のプレゼントキャンペーン開催中!! インスタグラムで紅葉フォトコンテスト開催中!!

アクセスランキング

人気のある記事ランキング