【能】この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

第1回「能面のような顔」
第2回 能楽師の世界

9月17日夕方、京田辺市の一休寺で「一休寺薪能」が執り行われました。
許可を頂いて撮影する機会を得ましたので、ここで取り上げます。

京都府の南部、京田辺市にある一休寺は正式には酬恩庵といい、「一休さん」こと一休宗純禅師のお寺として知られています。一休さんは、晩年、このお寺を住まいとし、死後もここで眠っています。一休さんは後小松天皇のご落胤と伝えられており、境内にあるお墓は、皇族の扱い、つまり宮内庁の管理となっています。

そんな一休さんですが、彼の人柄を慕ってくる文化人も多かったそうで、一休寺は一種の文化サロンのような様相を見せていました。今回重要なのは能楽師の人たちとの交流です。

一休さんが禅の教えを授けていた人たちの中に、金春禅竹という人がおり、彼は世阿弥の娘婿にあたる能楽師で、やがて金春流を起こす人ですが、一休寺の総門前に屋敷を構え、この地で能を演じていたといいます。
一休寺がある土地を薪村といい、ここで演じられた能のことを「薪能」と呼び、現代の薪能の起源はこれである…という説もあるほどです。
また、観世流第3代の音阿弥(世阿弥の甥)も一休さんと親しく、彼の墓は一休寺の境内にあります。

酬恩庵一休寺で、薪能が行われることのゆかりを、うまくご説明できたでしょうか。
私は、一休寺さんとは写真展開催などを通じてお世話になっており、そのご縁で、このたび撮影のお誘いをいただきました。すぐに、応諾しました。というのも、以前から各種芸能、特に民俗芸能を通じて、能の影響というのか、気配のようなものを感じており、興味はあったのですが、機会がなかなかなかったのです。

方丈にて、一休禅師像が見守る前で、能と狂言が演じられます。

茂山社中による狂言 太刀奪(たちばい)

先に行われたのが、茂山社中による狂言「太刀奪(たちばい)」。

太郎冠者は主人と北野へ出かけますが、このとき主人がふと他人の太刀を見初め、「良い太刀だ」と言ったために、太郎冠者はその太刀を盗み取ろうとします。

太郎冠者は主人と北野へ出かけますが、このとき主人がふと他人の太刀を見初め、「良い太刀だ」と言ったために、太郎冠者はその太刀を盗み取ろうとします。

が、相手の男はまんまと盗まれるような人物ではなく、

が、相手の男はまんまと盗まれるような人物ではなく、

平謝りさせられる太郎冠者。

平謝りさせられる太郎冠者。

主人から借りた大事な脇差まで奪い取られます。

主人から借りた大事な脇差まで奪い取られます。

主人と太郎冠者は二人がかりで取り戻そうとするのですが、

主人と太郎冠者は二人がかりで取り戻そうとするのですが、

捕まえてから縄を作り出す呑気な太郎冠者。

捕まえてから縄を作り出す呑気な太郎冠者。

男に逃げられて「太刀奪」は終わります。

男に逃げられて「太刀奪」は終わります。

観世流による能 通小町(かよいこまち)

続いては観世流による能「通小町(かよいこまち)」。

八瀬(現在の左京区八瀬)で修行を積む僧侶のところへ、木の実や木瓜を届ける女が居りました。

八瀬(現在の左京区八瀬)で修行を積む僧侶のところへ、木の実や木瓜を届ける女が居りました。

僧は女との会話から、女が常のひとではなく、亡霊であること、それも、かの小野小町の亡霊であることを察します。

僧は女との会話から、女が常のひとではなく、亡霊であること、それも、かの小野小町の亡霊であることを察します。

小町の眠る市原野(現在の左京区市原、小町寺も現存)へ向かい、供養を行う僧侶。

小町の眠る市原野(現在の左京区市原、小町寺も現存)へ向かい、供養を行う僧侶。

小町は喜び、成仏しようとするのですが、

小町は喜び、成仏しようとするのですが、

関連するキーワード

三宅 徹

三宅徹
写真家。京都の風景と祭事を中心に、その伝統と文化を捉えるべく撮影している。やすらい祭の学区に生まれ、葵祭の学区に育つ。いちど京都を出たことで地元の魅力に目覚め、友人に各地の名所やそれにまつわる歴史、逸話を紹介しているうち、必要にかられて写真の撮影を始める。SNSなどで公開していた作品が出版社などの目に止まり、書籍や観光誌の写真担当に起用されることになる。最近は写真撮影に加えて、撮影技法や京都の歴史などに関する講演会やコラム提供も行っている。
主な実績:京都観光Navi(京都市観光協会公式HP) 「京都四大行事」コーナーほか
     しかけにときめく「京都名庭園」(著者 烏賀陽百合 誠文堂新光社)
     しかけに感動する「京都名庭園」(同上)
     いちどは行ってみたい京都「絶景庭園」(著者 烏賀陽百合 光文社知恵の森文庫)
     阪急電鉄 車内紙「TOKK」2018年11月15日号 表紙他
     京都の中のドイツ 青地伯水編 春風社
               ほか、雑誌、書籍、ホームページへの写真提供多数。
Facebookページ: きょうのいろ”Colors of Kyoto”
https://www.facebook.com/colorsofkyoto/

                                   

アクセスランキング

人気のある記事ランキング