京都タワーの展望台から洛中を眺めると、すぐそばにある2つの大きなお寺に視線を奪われます。地元では「お東さん」「お西さん」で親しまれている東本願寺と西本願寺です。でも、どうして本願寺は東と西の2つもあるのでしょうか?観光客にとっては素朴なギモンだと思います。いや、実は京都人でもよく知らない人が多いのです。本願寺の東西分立、そこには権力者たちの思惑、そして家族の確執といった人間模様が織りなすドラマが描かれていたのでした。

 

本願寺分立の前夜

「南無阿弥陀仏」と唱えるだけで、誰でも極楽に行くことができる。そう説いたのは知恩院で有名な浄土宗の開祖・法然上人でした。これは「難しいお経の理解や、厳しい修行をしなくても人は救われる」ことを意味します。つまり仏教を大衆に広めたのが法然です。この大衆化をさらに進めたのが、法然の弟子・親鸞聖人であり、浄土真宗であります。肉食を禁じるなど厳しい戒律を課せられていた僧侶に、妻帯を認めたのが親鸞です。これは当時の仏教界(?)にとって画期的なことでした。

親鸞聖人像

親鸞聖人像

さて、浄土真宗には現在16もの宗派があり、なかでも有名なのが、浄土真宗本願寺派 (通称 西本願寺)と、真宗大谷派本山 真宗本廟 (通称 東本願寺)です。しかし、歴史をさかのぼると、この両本願寺の2派は決して主流ではありませんでした。本願寺の起源は、親鸞聖人の遺骨が京都の東山大谷から、知恩院の北にある吉水の地に改葬され、木彫りの親鸞像を安置した1272年といわれています。でも、親鸞の子孫たちは、親鸞聖人の教え「宗教の目的は勢力を大きくすることではない」に従い、教派の拡大をしませんでした。そうしていつの間にか、本家である本願寺派より真宗仏光寺派や真宗高田派といった、いわば「分家」の方が大きな教団となっていたのです。

そこに現われたのが「本願寺中興の祖」といわれる第8世宗主 蓮如です。彼はそれまでの路線を転換し教団を拡大、本願寺は一大勢力となります。その最盛期といわれるのが第11世 顕如の時代、すなわち織田信長と敵対した戦国時代なのであります。

戦国という時代は、宗教の対立が激化した時期でもありました。あまり知られていないことですが、この時代は日本でも宗教戦争が多発していたのです。詳しくは拙稿「信長史上最凶事件!延暦寺焼き討ちに大義はあったのか?」をご覧ください。

本願寺は、天台宗や日蓮宗(法華宗)と激しく対立しました。1465年には天台宗延暦寺の兵に寺を破壊され、後に蓮如は親鸞像とともに越前吉崎に逃れます。その後、山科に戻り勢力を伸ばしたものの1532年、今度は日蓮宗に敗れ、山科本願寺は焼失してしまいました(天文法華の乱)。次なる拠点を求めた本願寺は、大坂石山の地に要塞ともいえる巨大な寺院を築きます。2度の敗北を通じて武装強化の必要性を強く感じたのでしょう。信長と対立したのは、この石山本願寺時代のことです。

「信長に従うか、反抗するか」で親子ゲンカ勃発

信長を最も苦しめた男。それは武田信玄でも延暦寺の覚恕でもなく、本願寺の顕如でした。では、なぜこの両者が対立したのか。意外に思われる方も多いでしょうが、信長は宗教の教えそのものは否定していません。つまり布教は自由だと。ただし、宗教が経済力と軍事力を持つことには、徹底して排除しようとしました。そこで、将軍足利義昭の名のもと、本願寺に法外な金銭を要求します。はじめは渋々ながらも従っていた顕如でしたが、将軍義昭と信長の対立で状況は一変しました。義昭は武田信玄をはじめ全国の有力大名に檄を飛ばして「信長包囲網」を形成します。顕如はこの呼びかけに賛同、ここに「本願寺vs信長」の構図が決定的なものになりました。

信長包囲網

信長包囲網

信長の盟友・家康ともども、敵対勢力にぐるりと囲まれている。左下の空白地・紀伊の雑賀衆も本願寺に味方したため、まさしく四面楚歌状態となった。

俗に「石山十年戦争」といわれるように、この戦いは決着までに10年の歳月を要しました。顕如の一声で各地の浄土真宗の勢力が織田軍に襲いかかったこと、西国の雄・毛利氏が本願寺の救援に向かったことなどが理由に挙げられます。とりわけ手を焼いたのは、死を恐れない信者たちの存在でした。「南無阿弥陀仏」と唱えれば、戦いで死んでも極楽に行くことができると信じていたからです。しかし、織田軍は、その圧倒的な兵力と鉄甲船などの技術革新を全面に押しだし、やがて本願寺は劣勢に陥ります。ついには天皇の名において和睦(実質的な降伏)となり、本願寺は石山からの撤退を迫られました。

本願寺のトップである顕如は、信長の要求通りに紀伊に移ることを決断。しかし、長男 教如は「信長なにするものぞ!」とあくまで抗戦を主張します。これに怒った父 顕如は教如を廃嫡(勘当みたいなもの)し、三男の准如を跡継ぎに指名します。このことが本願寺東西分立への第一歩となりました。

顕如の家族

顕如の家族

まずは、この基本形を押さえてください。このあとドロっドロになっていきます。

信長への対応をめぐって「真っ向対立する親子」の図。

信長への対応をめぐって「真っ向対立する親子」の図。

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

八坂神社中御座 三若神輿会 幹事
吉川 哲史

 
Kyoto Love.Kyotoでの執筆記事数が50を超えるKLKフリーク。日本語検定一級、漢検(日本漢字能力検定)準一級を取得した目的は、難解な都市・京都をわかりやすく伝えるためだとか。

地元広告代理店での勤務経験を活かし、JR東海ツアーの観光ガイドや同志社大学イベント講座、企業向けの広告講座、オンラインイベント「ひみつの京都案内」などのゲスト講師に招かれることも。

得意ジャンルは歴史(特に戦国時代)と西陣エリア。自称・元敏腕宅配ドライバーとして、上京区の大路小路を知り尽くす。夏になると祇園祭に想いを馳せるとともに、祭の深奥さに迷宮をさまようのが恒例。

サンケイデザイン㈱専務取締役

記事一覧
  

関連するキーワード

吉川 哲史

 
Kyoto Love.Kyotoでの執筆記事数が50を超えるKLKフリーク。日本語検定一級、漢検(日本漢字能力検定)準一級を取得した目的は、難解な都市・京都をわかりやすく伝えるためだとか。

地元広告代理店での勤務経験を活かし、JR東海ツアーの観光ガイドや同志社大学イベント講座、企業向けの広告講座、オンラインイベント「ひみつの京都案内」などのゲスト講師に招かれることも。

得意ジャンルは歴史(特に戦国時代)と西陣エリア。自称・元敏腕宅配ドライバーとして、上京区の大路小路を知り尽くす。夏になると祇園祭に想いを馳せるとともに、祭の深奥さに迷宮をさまようのが恒例。

サンケイデザイン㈱専務取締役

|八坂神社中御座 三若神輿会 幹事|戦国/西陣/祇園祭/紅葉/パン/スタバ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング