とかくキャラが際立った人には、その好き嫌いが分かれやすいものです。日本史上で強烈な個性を放った織田信長もその例にモレることなく、彼を英雄とみる人もいれば、徹底的に嫌う人もいます。なぜ信長が嫌われるのか。ヒトラーも真っ青な独裁者っぷりに加えて、彼の残忍性を忌避する人が多いようです。その最たる悪行として挙げられるのが比叡山延暦寺焼き討ち事件です。

「1571年、織田信長は対立していた延暦寺を取りかこみ、一斉放火の暴挙に出る。建物という建物を焼きつくし、無抵抗の僧侶をはじめ女性や子どもまで数千人を撫で斬りにした事件。己の野望のために聖地・延暦寺を焼き討ちにしたことで、信長は仏敵と見なされるようになった」

これが事件の一般的なイメージでしょう。僧侶、つまりお坊さんは仏さまに仕えるありがたくも偉いお方。善良なる市民代表のような存在です。そんなお坊さんとかよわき女性、さらに年端もいかぬ子どもたちまでを皆殺しにしてしまうのです。ゆえにこの事件は日本史上でも有数の悪事とされ、信長は極悪人のレッテルを貼られることになります。宣教師ルイス・フロイスは「諸宗の敵なる悪魔の王信長」と書き留めました。こんな人が現代にいたら私も怖いです。でもそれはこの事件、そして織田信長という武将のホンの一面を映しだしたものに過ぎません。

そもそも「なぜ信長は焼き討ちという暴挙に出たのか?」「なぜ信長と延暦寺は敵対したのか?」をご存じない方も多いと思われます。そこで、この事件の全体像を私なりにわかりやすく解説してみることにしました。果たして信長は本当に残忍な独裁者だったのでしょうか。また、宗教を破壊した弾圧者だったのでしょうか。

比叡山

比叡山

延暦寺はこんなお寺

比叡山延暦寺は、天台宗の総本山として京都と滋賀の境に鎮座し、山全体がお寺とされています。また、古都京都の文化財として1994年にユネスコの世界遺産に登録されました。この地に建てられた理由は、平安京から見て、比叡山が北東に位置していたからです。陰陽道では「北東」の方角は鬼が出入りする「鬼門」と呼ばれており、平安京にとっての鬼門に延暦寺を建てることで魔を封じようとしました。

延暦7年に伝教大師こと最澄が一乗止観院(現在の根本中堂)を建立したことが延暦寺の始まりといわれています。最澄は平安時代の僧侶で、37歳のときに空海(弘法大師)とともに遣唐使として中国にわたり、仏教をはじめ様ざまな学問を学びます。後世に法然や親鸞をはじめ多くの名僧を輩出したことから「日本仏教の母山」ともいわれています。そんな延暦寺がなにゆえ信長と敵対するようになったのか。それを語るには、当時のお寺の実態について知っていただかねばなりません。

延暦寺大講堂

延暦寺大講堂

日本にも宗教戦争があった?

僧兵。読んで字のごとく「僧の兵」つまりお坊さんの兵士です。現代の感覚では「戦い」という言葉から最も縁遠い存在の僧ですが、それは江戸時代以降の話です。戦国時代まではお坊さんも兵士として戦っていたのです。牛若丸と五条大橋で戦った武蔵坊弁慶の、剛力をうかがわせる風貌はまさしく「兵士」ですよね。彼はれっきとした延暦寺の僧でした。と、こう書けば僧兵をリアルにイメージされたのではないでしょうか。

僧兵にもいろいろなパターンがありました。「もともと僧だった者が兵士となる」「信徒が武装した」「寺に雇われた兵士」などに分かれます。では本題に戻ります。なぜ、お寺に兵がいたのか?なぜお寺に兵が必要だったのか?そこには2つの理由がありました。

ひとつは宗教戦争です。日本は諸外国とは異なり、キリスト教やイスラム教のような宗教戦争が無かったかのように思われていますが、実は日本でも戦国時代までは宗教同士が、教義をめぐって戦っていました。1536年に起きた「天文法華の乱」では、延暦寺と法華宗(日蓮宗)が争い、敗れた法華宗側では21の寺が炎上し、少なくとも3,000人以上が殺害されました。この時の京都の焼失面積は応仁の乱以上だったといわれています。その法華宗も本願寺との戦いでは勝利し、元々は山科にあった本願寺を大坂石山に追い払っています。このように、この時代は世界の例に漏れることなく、日本でも宗教同士が戦っていました。となると当然、兵士が必要となりますよね。

 

昔のお寺は「政治経済軍事センター」?

もうひとつ、当時のお寺は経済や産業の面でも重要な拠点であったことが理由に挙げられます。古来より日本の産業は中国から伝来したものが多く、その技術や知識を日本に持ち帰ったのが、遣唐使に代表される海を渡った僧侶だったのです。そのため油や紙をはじめ様々な商品を作る知識や技術は寺社に集中しました。当初はその知識と技術をもって、世の中に新しい商品を広める役割を果たしていたのですが、いつしか金儲け自体が目的と化してしまうようになります。となると知識も技術も「権利」となり、価格は作り手・売り手の思いのまま。今でいう独占状態です。庶民は高い物価に悩まされることになります。ですから、信長の政策で有名な「楽市楽座」は、独占禁止法、すなわち規制緩和だったわけです。

さて、こうしてお金がどんどん寺社に集まるようになります。するとどうなるか。そのお金を狙って悪者たちが寺を襲うようになります。当時の京都は警察が機能していない状態だったので、自衛の手段としてお寺も武装するようになります。これが僧兵の始まりです(諸説ありマス)。そうして延暦寺が経済力を持つほどに兵力も増大し、いつしか一大軍事勢力となっていたのです。それは並みの戦国大名では太刀打ちできないほどの軍事力でした。そして、お金と武力を備えた寺社勢力は、必然的に政治的な力も有するようになります。つまり、この時代のお寺は「政治経済軍事センター」といえる巨大な勢力だったわけです。

ところで、先ほど楽市楽座を規制緩和と申しました。現代でもそうですが、規制緩和に際しては既得権益を持った人々が頑強に抵抗します。この時代の既得権益者のひとつが延暦寺などの寺社であり、彼らは死にもの狂いで抵抗します。ここに「信長vs延暦寺」の構図ができたわけです。

 

意外に手続きを踏んでいた信長

さて、これでようやく「なんで信長は延暦寺を焼き討ちにしたのか」の話ができるようになりました。以下、順を追って説明します。1568年、念願の上洛を果たした信長は、将軍足利義昭の名のもと、越前の大名・朝倉義景に降伏を迫ります。しかし、朝倉氏は「田舎モンの信長ごときが何言うとんねん!」と断固拒絶。激怒した信長は、ただちに軍を率いて朝倉氏の本拠・越前に出陣します。このとき、信長にとって信じられないことが起こりました。同盟国である浅井家が信長を裏切り、背後から襲いかかってきたのです。

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

八坂神社中御座 三若神輿会 幹事
吉川 哲史

 
Kyoto Love.Kyotoでの執筆記事数が50を超えるKLKフリーク。日本語検定一級、漢検(日本漢字能力検定)準一級を取得した目的は、難解な都市・京都をわかりやすく伝えるためだとか。

地元広告代理店での勤務経験を活かし、JR東海ツアーの観光ガイドや同志社大学イベント講座、企業向けの広告講座、オンラインイベント「ひみつの京都案内」などのゲスト講師に招かれることも。

得意ジャンルは歴史(特に戦国時代)と西陣エリア。自称・元敏腕宅配ドライバーとして、上京区の大路小路を知り尽くす。夏になると祇園祭に想いを馳せるとともに、祭の深奥さに迷宮をさまようのが恒例。

サンケイデザイン㈱専務取締役

記事一覧
  

関連するキーワード

吉川 哲史

 
Kyoto Love.Kyotoでの執筆記事数が50を超えるKLKフリーク。日本語検定一級、漢検(日本漢字能力検定)準一級を取得した目的は、難解な都市・京都をわかりやすく伝えるためだとか。

地元広告代理店での勤務経験を活かし、JR東海ツアーの観光ガイドや同志社大学イベント講座、企業向けの広告講座、オンラインイベント「ひみつの京都案内」などのゲスト講師に招かれることも。

得意ジャンルは歴史(特に戦国時代)と西陣エリア。自称・元敏腕宅配ドライバーとして、上京区の大路小路を知り尽くす。夏になると祇園祭に想いを馳せるとともに、祭の深奥さに迷宮をさまようのが恒例。

サンケイデザイン㈱専務取締役

|八坂神社中御座 三若神輿会 幹事|戦国/西陣/祇園祭/紅葉/パン/スタバ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング