とかくキャラが際立った人には、その好き嫌いが分かれやすいものです。日本史上で強烈な個性を発揮した織田信長もその例にモレることなく、彼を英雄視する人もいれば、徹底的に嫌う人もいます。なぜ信長が嫌われるのか。ヒトラーも真っ青な独裁者っぷりなところはもちろんですが、多くの人があげているのが、彼の残忍性です。その最たる例が比叡山延暦寺焼き討ち事件です。果たして信長は本当に残忍な独裁者だったのでしょうか。

まずは事件の一般的解釈をおさらい

「1571年、織田信長は敵対していた朝倉・浅井軍をかくまった延暦寺に対し一斉放火の暴挙に出る。建物という建物を焼きつくし、無抵抗の僧侶をはじめ女性や子どもまで数千人を撫で斬りにした事件。己の野望のために聖地・延暦寺を焼き討ちにしたことで、信長は仏敵と見なされるようになった」

これが一般的な事件のイメージでしょう。僧侶、つまりお坊さんは仏さまに仕えるありがたくも偉いお方。つまり善良なる市民代表のような存在です。そんなお坊さんとかよわき女性、さらに年端もいかぬ子どもたちまでを皆殺しにします。ゆえにこの事件は日本史上でも有数の悪事とされ、信長は極悪人のレッテルを貼られることになります。「信長なんて大っキライ!」という方がその理由にあげられるのもゴモットモ。こんな人が現代にいたら私も怖いです。でもそれはこの事件、そして織田信長という武将のホンの一面を映しだしたものに過ぎません。じゃあ他に何があるのって?その話の前に延暦寺について少しお話ししたいと思います。


延暦寺はこんなお寺

比叡山延暦寺は、天台宗の総本山として京都と滋賀の境に鎮座し、山全体がお寺とされています。陰陽道では「北東」の方角は鬼が出入りする「鬼門」と呼ばれていました。そこで平安京にとっての北東である比叡山に、延暦寺を建てることで魔を封じようとしました。なお、延暦寺は1994年にユネスコの世界遺産に古都京都の文化財として登録されます。

開祖である最澄は平安時代の僧侶で、37歳のときに遣唐使として中国にわたり仏教をはじめ様ざまな学問を学びます。このとき最澄とともに学んだのが弘法大師として有名な空海です。ちなみに最澄は伝教大師とも呼ばれています。帰国後に最澄が比叡山頂に薬師如来を刻んだことが、延暦寺の始まりです。寺の名前は、当時の元号「延暦」にちなんで付けられました。その後、この地で修行した法然、親鸞をはじめ多くの名僧を輩出したことから「日本仏教の母山」ともいわれています。そんな延暦寺がなにゆえ信長と敵対するようになったのか。それを語るには、当時のお寺の実態について知っていただかねばなりません。


昔のお寺は「政治経済軍事センター」?

白河法皇。その名前を聞いたことがある方も多いかと思います。平安時代末期に朝廷で絶対的権力を握った法皇(出家した天皇)です。このお方について語るとそれはそれは遠大というか「艶」大なエピソードが出るわ出るわになるので、それは置いといて、とにかくこの絶対的独裁者が「世の中で自分の思い通りにならないもの」としてあげたのが次の3つです。

サイコロの目はわかりますよね。イカサマ博打師でもないかぎりサイコロの目は出たとこ勝負、どうにもなりません。次に賀茂川の水。当時の賀茂川はそれこそ年中行事のように洪水をくりかえし、京の街に大きな被害を与えていました。自然の力を前に人は為す術がない。これまた然りですね。では3つめの僧兵とはなにか。実はこの時代の寺は、一大軍事拠点でもあったのです。当時の産業は中国から伝来したものが多く、その技術や知識を日本に持ち帰ったのが、遣唐使として海をわたった僧侶たちだったのです。そのため油や紙をはじめ様々な商品を作る技術および権利は寺社に集中しました。その結果、お金も寺社に集まるようになります。

するとどうなるか。そのお金を狙って悪者たちが寺を襲うようになります。当時の京都は警察が機能していない状態だったので、自衛の手段としてお寺も武装するようになります。これが僧兵の始まりです(諸説ありマス)。そうして延暦寺が力をつけるほどに兵力も増大し、いつしか一大軍事勢力となっていたのです。それは並みの戦国大名では太刀打ちできないほどの軍事力でした。この寺社勢力が一般市民を苦しめていたのが戦国という時代でした。詳しくは過去ログ「戦国時代の京都は、住みたくない街No.1?」をご覧ください。

意外に手続きを踏んでいた信長

さて、これでようやく「なんで延暦寺と信長が対立したのか」の話ができるようになりました。以下、順を追って説明します。上洛を果たした信長は、将軍足利義昭の名のもと、越前の大名・朝倉義景に降伏を迫ります。しかし、朝倉氏は「田舎モンの信長ごときが何言うとんねん!」と断固拒絶。当然信長は激怒し、ただちに軍を率いて攻撃します。

このとき、信長にとって信じられないことが起こりました。同盟国である浅井家が信長を裏切り襲いかかってきたのです。浅井家といえば、信長の妹で絶世の美女といわれた「お市の方」が浅井長政に嫁ぐなど、信長の右腕ともいわれるパートナー。ですから浅井家に対しては無防備な状態だったため、信長は朝倉と浅井の挟み撃ちにあい絶対絶命のピンチに陥ります。

信長は命からがら逃げおおすことができましたが、当然信長は超絶激怒。態勢を立てなおして朝倉浅井連合軍との決戦に挑み勝利します(姉川の戦い)。敗れた朝倉浅井軍は延暦寺に逃げこみました。

挟み撃ちに逢いピンチの信長

挟み撃ちに逢いピンチの信長

姉川の戦いで織田軍勝利!

姉川の戦いで織田軍勝利!

で、信長はどうしたか。「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」精神からすると、この時いきなり焼き討ちに出たと思われがちですが、意外にも正攻法で交渉に臨みます。延暦寺に対し「自分に味方すれば、以前に取りあげた領地を返してあげるよ。それがダメならせめて朝倉浅井を寺から追い出してよ。それもダメだというのなら仕方ないですね、お寺を燃やしちゃうよ、殺っちゃうよ。それでもいーですか?」と警告します。

延暦寺に逃げこむ朝倉・浅井軍

延暦寺に逃げこむ朝倉・浅井軍

しかし、延暦寺からは応答なし。「いくら信長でもおそれ多くも仏に仕える我々を攻めてはくるまい」とタカをくくっていたのでしょう。業を煮やした信長は再度警告、「いや、マジ本気だし。もうどうなっても知らないよ」「はい、最後のチャンスね。今から10数えるまでに白旗あげれば許しちゃうから。いい?いーち、にぃーい、さーん…」とあくまで懐柔のスタンスをとる信長。合理主義者の彼は延暦寺との正面衝突は犠牲が大きいとみたのでしょう。しかし、延暦寺は「…」を貫きます。延暦寺側のガン無視状態が解かれることはなく、とうとう10を数えてしまいタイムアウト。こうなったときの信長はもはや誰にも手がつけられません。火ぃ噴いて怒り狂い「皆殺しだーーー!!!」となったわけです。

関連するキーワード

_blank _blank

アクセスランキング

人気のある記事ランキング