仕事にミスってつきものですよね。あるエラい人の言葉に「ミスをするのは仕事をしている証拠」みたいなのがありました。そう、失敗を恐れていちゃ何もできないのが人間という生き物なんです。

もちろん配達のお仕事にも、いろいろなミスがあります。中でも4大ミスといわれるのが「誤配・荷落とし(紛失)・破損・約束不履行」の4つ。最後の「約束不履行」ってのが法律用語みたいでわかりにくいですよね。要は「配達指定時間を守れなかった」ってことです。遅れるのはもちろん、フライングもNGです。

さて、これらの中でもっとも私が恐れていたのが「誤配」です。配達の現場を離れてずいぶんと経つ私ですが「誤配」の2文字を見ると、いまだにドキッとしてしまいます。そこで「京の宅配ドライバー上ル下ル東奔西走記」PART4の今回は、誤配はなぜ起こるのか?を上ル下ルに代表される「京都独特の住所と誤配のメカニズムの関係」と題して究明してみたいと思います。

誤配とは?

誤配とは、読んで字のごとし。本来のお届け先とは違うお宅に誤って配達してしまうことです。私の配達所では先ほどの4大ミスの中で、誤配が最も罪が重いとされていました。なぜ誤配が重罪なのか?理由は2つ。まずはご迷惑をかける関係者が多いことです。たとえばAさんからBさんへの贈り物を誤ってCさんに届けたとします。この場合、AさんBさんCさんの3者にご迷惑をおかけすることになります。特に厄介なのが、間違って受け取ったCさんが、誤配に気づかずに食べてしまったというケースです。食べたものを返してくれというわけにもいきません。もちろん代品は配達所が用意することになります。

しかし、それ以上に厄介なのが「AさんがBさんに贈り物をした」という事実が第三者に知られるということです。たとえば、Bさんが学校の先生で、Aさん家がその生徒という関係であり、かつ間違って受け取ったCさん家がAさんとクラスメートであったとします。

このCさんが噂話大好きの俗にいう「スピーカー」であれば「Aさんからの贈り物を受け取ったB先生は、Aさんをエコヒイキしてテストの点数に下駄をはかせた」なんて噂を立てないとも限りません。しかも、Cさんはご丁寧に話を盛って、贈りものは3,000円くらいのお菓子だったのに「松坂牛焼肉セット1万円也」にグレードアップしていた、なんてことも…。

このように、誤配が元で個人の(機密&怪しい)情報がダダ漏れになるので、誤配は罪が重いとされるのです。なお、この話は限りなく実話に近いエピソードを元に書いております。レアなケースではありますが、間の悪いことってあるものなんですよね。事件当時の配達所長は、関係各所に怒られ倒し謝り倒して憔悴しきっていました。ちなみにこの事件の張本人となった配達員が私ではないこと、自分の名誉のためにも念のため記しておきます。
 

誤配のメカニズム ~人はなぜ誤ってしまうのか?~

では、本題の「誤配のメカニズム」に入りましょう。ひとくちに誤配の原因といっても色いろなパターンがあり、その理由によって罪の重さも変わってきますが、大きく分けると次の3つになります。まずはもっとも普遍的なパターンからご紹介します。

①住所が異なる同姓同名のお宅に届けてしまう

【正しいお届け先】桜木町の田中太郎さん
【誤って届けた先】桜井町の田中太郎さん

伝票には「桜木町」って書いてあるのに、配達員が「桜井町」と勝手に思い込んでしまったことが原因です。では、なぜ思い込んでしまうのか?よく行くお届け先は名前を見ただけで、その家の映像が配達員の脳内に再生される。配達員にはそんな習性があります。その配達員にとっては、お得意先(?)の「田中太郎さんといえば桜井町」と脳が勝手に判断し、住所が置き去りにされてしまうパターンです。京都の住所は長いので、住所より名前に目がいってしまいがちです。初心者を卒業し、配達に慣れてきた頃によくあるケースです。では次に、言い訳のしようがない問答無用のケースをご覧ください。
 

②住所も姓名も異なるお宅に届けてしまう

【正】武者小路町の田中太郎さん
【誤】聖天町の山本花子さん

論外の外。何ひとつ合っていませんね。ふつうに考えるとあり得ないミスですが、疲れが溜まってくる繁忙期シーズン中盤以降にありがちなんですよ。いずれにしても上記2つは、弁解の余地なしのアウトです。いっぽうで唯一「情状酌量の余地アリ」となるのが次のケースです。

【正】毘沙門町の田中太郎さん
【誤】毘沙門町の田中太郎さん
「え?同じやん?」となりますよね。でも立派な(?)誤配となりました。

つまり、
③「住所が同じで、かつ姓名も同じ」なのに誤配となった。
というケースです。

これは京都独特の住所とも関わる厄介な例で、2つのシチュエーションに分かれます。


③-a 同じ町内に2組の同姓同名さんが住んでいる

これ、意外とあるんですよね。本シリーズPART2でお話しした上京区の北町や相国寺門前町など1つの町内に数百軒の住宅があるような広い町では、神経衰弱ができるのでは?と思うくらい何組ものペアがありました。

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

八坂神社中御座 三若神輿会 幹事
吉川 哲史

 
Kyoto Love.Kyotoでの執筆記事数が50を超えるKLKフリーク。日本語検定一級、漢検(日本漢字能力検定)準一級を取得した目的は、難解な都市・京都をわかりやすく伝えるためだとか。

地元広告代理店での勤務経験を活かし、JR東海ツアーの観光ガイドや同志社大学イベント講座、企業向けの広告講座、オンラインイベント「ひみつの京都案内」などのゲスト講師に招かれることも。

得意ジャンルは歴史(特に戦国時代)と西陣エリア。自称・元敏腕宅配ドライバーとして、上京区の大路小路を知り尽くす。夏になると祇園祭に想いを馳せるとともに、祭の深奥さに迷宮をさまようのが恒例。

サンケイデザイン㈱専務取締役

記事一覧
  

関連するキーワード

吉川 哲史

 
Kyoto Love.Kyotoでの執筆記事数が50を超えるKLKフリーク。日本語検定一級、漢検(日本漢字能力検定)準一級を取得した目的は、難解な都市・京都をわかりやすく伝えるためだとか。

地元広告代理店での勤務経験を活かし、JR東海ツアーの観光ガイドや同志社大学イベント講座、企業向けの広告講座、オンラインイベント「ひみつの京都案内」などのゲスト講師に招かれることも。

得意ジャンルは歴史(特に戦国時代)と西陣エリア。自称・元敏腕宅配ドライバーとして、上京区の大路小路を知り尽くす。夏になると祇園祭に想いを馳せるとともに、祭の深奥さに迷宮をさまようのが恒例。

サンケイデザイン㈱専務取締役

|八坂神社中御座 三若神輿会 幹事|戦国/西陣/祇園祭/紅葉/パン/スタバ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング