祇園祭は氏子だけのお祭?

「ソォ~レ!コンコンチキチン、コンチキチン~♪」

7月は祇園祭の季節。お囃子もあちこちから聞こえ、すでに神事は7月1日から始まっています。今年も巡行はあらへんけど、お祭自体は動いてるのがわかりますね。毎年このお祭を動かすのには、いろんな方の関わりが必要ですが、まず一番にあげられるのは氏子の人たちです。

以前私が書かせてもろた「氏子制度~試される京都人の意地~」では、京都市内にたくさんの氏神さんがいやはって、その土地土地が各氏神さんが守る氏子区域で区切られているとご説明しました。祇園さん(八坂神社)も、中京区下京区の現在の京都では繁華街やと言われているところが氏子区域となっています。そして、その区域に住んでいる人たちが「祇園さんの氏子」ということになります。

それをふまえて、祇園祭の意味を考えると、祇園祭は八坂神社の氏子さんが神社さんとともに行い支えるお祭、その氏子区域を神様がお渡りになる祭礼であるということになります。すると例えば自分が祇園祭とどんな関わり方をしているか知りたかったら、まずは「自分がどこの氏子であるか」ということが分かってないとあきませんね。

ということで、まずはここでキホン中の「キ」であるこのチェックをやってみましょう。これは「氏子制度~」のところでも出しましたよ~ 京都人としてもわかってないと困るはず!

京都人度チェック① 氏神さん

①あなたの氏神さんはどこですか?

まず自分がどこの氏神さんの区域に住んでるのか確認してみましょう。ここで祇園さんの氏子なのかもチェックできます。京都以外の方は祇園さんの氏子であることはないにしても、この際、いつも守ってくれたはる氏神さんを調べてみてもいいですね。

京都市内の氏子区域は、住んでいる場所で大体の見当がつきます。実際は時代で変わったり、境界線が複雑やったりするのですが、おおよその目安を書いたものを出しておきますね。(注1)

▲氏子区域図

▲氏子区域図

(各区域の広さは実際の広さとは違い、あくまでイメージです)(注2)

地図でおおよその区分はわかるのですが、実は自分の住んでいる所の氏神さんはどなたか、ということを手っ取り早く知るには町内の方に聞くのが一番なんです。ご年配の方に聞くとさらに良し。また、協力金を町内単位で出している所が多いので、もしある神社へ町内で出してたらまず氏子やと思いますし、少なくともお祭には参加していることになりますね。

 

京都人度チェック② 祇園祭とのかかわり方

先ほど、祇園祭とは「祇園さんの氏子が行い支えるお祭」と言いましたが、氏子さんの中には「清々講社」という氏子組織に入っている方がいて、精神的、そして経済的な面でも縁の下の力持ち的にお祭を支える大事な役目を果たしたはります。もちろんおみこっさん(御神輿)は各神輿会の方が、そして山鉾に関しては「鉾町」と呼ばれる町が主となって運営をされていることは間違いありません。そやけど、重さのかかり方がいろいろあっても、お祭は氏子全体で行うもの、というのはどこの神社でも同じです。そこは氏子にとっては大変大事なポイントなんですよ。

そやけどね、一方では、祇園祭には氏子以外の人もたくさん関わっていることも事実ですね。すると自然に湧いてくる疑問があります。その人たちはどうやって、そしてなんでお祭に参加したはるのでしょうか?

ではここで、2つ目の京都人度チェックでお聞きしましょう。

②八坂神社の氏子さん以外の京都人は、祇園祭とどんな関わり方をしていますか?

今まで説明してきたように「氏子さん以外の京都人」とは「祇園(八坂神社)さんの氏子でない人=他の神社の氏子」です。つまりその人たちは、よその氏神さんのお祭に参加してるというわけですね。

それでは、祇園さんの氏子でない家は祇園祭をどんなふうなお祭やと思ってきたのでしょうか。一例として、氏神さんが今宮さんの私の実家のお話をしてみましょう。あの、先に言うときますと、かなり極端な例です。例を挙げといて言うのもなんですが、参考になるかどうかは「?」です。でも書かずにはいられん母の氏神愛。それが私を度々困らせていました。



 

京都に住んでるのに祇園祭に行って怒られる話

もう数十年も前、私が20代の頃の話です。私も「夏は祇園祭の季節や」というのが自分の中の常識でした。7月になると四条通に行かんでも、テレビからお囃子が流れてくる。スーパーに行ってもBGMがコンチキチン。もうこれは行かなあきません。山鉾の上でのお囃子は曳き初めから演奏が始まります。それでいつも、ちょっとまだ人の多くない14日くらいに行こうと思って準備したもんです。そしたら後ろから母のあの声が…

「ちょっとあんた、どこ行くのんえ?」

しぶしぶ、「宵々山」て答えたら、こんなこと言われました。

「あんたなぁ、どこの氏子や?うちの氏神さんは今宮さんなん。祇園祭てどこのお祭か知ってるやろ?あんた、今宮祭行ったか?お詣りしてきたか?なんで自分の氏神さんのお祭行かんとよそのお祭いくのん!なにが嬉しいのん!」

しぶしぶ返事してるのに、私が嬉しいの、ようわかりましたね。それはええとして、母が最後に言うたのは結局これ。

「祇園祭なんか行かんでよろし!」

「『なんか』てなぁ、祇園祭に失礼やんか!」とか言いたいけど怖いし言えません。しゃあないし、一応ちゃんと「は~い」て返事しときました。母が用事してる間にこっそり出かけましたけどね!

いやしかし、母みたいにここまでピシッと線引いてしもてる京都人もあんまりいやへんのとちゃうか(いやはったらごめんなさい)とは思ってます。粽買うてきても「飾ったらあかん!」て言うんですよ!氏神さんのとちゃうし、て言うてね。父も母ほどではないですが、やっぱり祇園祭にはそれほど興味がなかったです。父の実家も上京区で、氏神さんは上京の一番東の御霊(神社)さんでした。私が「祇園祭行こかな。」とか言うと

「なんでこの暑いのにわざわざ見に行くのや。人があんないっぱいいるとこ行かんでもええのに。テレビで見ときいな。」

と言われるのが常でした。両親にとっては「祇園祭に行く」という関わり方でさえ必要ないと思ってたんですね。両親は2人とも大正生まれやったので、今生きてたら100才超えてます。両親が親から受け継いだ氏神さんへの思いは、戦前の古い常識やったかもしれませんが、それだけ氏神さんが近い存在やったということは、そばにいてとてもよくわかりました。

あ、今は上京区内でも祇園祭に行く人は普通にいますし、粽を吊るしてあるところもいっぱいありますよ。氏子でない人も祇園祭へ行くのです。これを読んだはる方はほとんどがおそらく一度でも行かはったことがある方と思いますが、さて、みなさんは何しに祇園祭へ行きますか?もちろん縁日もあるし、美味しいもん食べたりみんなと楽しく騒いだり、それもお祭の関わり方です。そこに加えて、なんと言うても祇園祭は疫病退散のお祭なので、祈願が一番。みんなで無事を祈り、疫病が収まることを願う、それが祇園祭の本義です。17日に街中に神様がおいでになって、24日に神社に帰らはるので、神様宿泊中の御旅所にもお詣りしときましょね。

▲豪雨にも負けず進む巡行。

▲豪雨にも負けず進む巡行。

しかし祇園祭にはお詣りや遊び以外に、氏子区域以外でもお祭運営として関わっている方はたくさんおられます。久世駒形稚児のように昔からの習わしで、南区の綾國中神社の氏子さんから選ばれるような歴史的なつながりのところもありますし、ちまきや鉾建てに必要な縄を作ったはるところ、鉾建てをする作事三方(注3)の人たちもおられます。また、各山鉾の巡行や運営を支える後援会の方、懸装品の修理を受け持つ伝統工芸の職人さん、山鉾の曳き手のボランティアさん・アルバイトさん、新しいところでは祇園祭の間ゴミを無くす活動に参加している方など、数え出したらきりがないほどの人が関わっています。

京都のお祭でこれほど関わる人が多いのは祇園祭が一番やと思います。氏子やなくてもお祭にちょっとでも関わってみるというのは、信仰の意味はもちろんみんなの力で大きなものを作りあげる達成感を味わえますし、それは今も昔も変わらん感覚やなかったかなと思えるのです。

 

室町時代の鉾にビックリ!

いま、「今も昔も」と書きましたが、実は「昔」の祇園祭を調べてたら、今の祇園さんの氏子区域から大きく外れたところの集団が関わっているのを見つけました。ときは室町時代後期、応仁の乱の前のことです。そのころあった鉾の名前が出てくる資料(注4)が今も残ってて、その中でビックリしたのがこれ。

「鵲(かささぎ)鉾」

これ、どこが出したと思います?それは「大舎人座(おおとねりざ)」と「北畠の人」たち(注5)。こう書いてもまだわからへんと思いますが、「大舎人座」は皆さんようご存じの集団ですよ。この大舎人座というのは平安時代から朝廷の命で綾織などを作ってきた織物職人グループで、応仁の乱後、西陣織を作った人たちなんです。西陣織は京都を代表とする伝統工芸ですよね。そして西陣は私の実家もある区域!私の両親も機を織っていたので、西陣織が関係してくるとなると思わず身を乗り出してしまいました。もう片方の北畠の人たちも、相国寺あたりに住んでいたのでどちらも上京の人々やったわけです。

今、大舎人座の末裔ともいえる西陣織の業者さんは今宮(神社)さんの氏子区域に住んだはって、氏子さんの中心になって今宮祭の鉾を出したはります。その同業の先達にあたる人達が、550年以上前には祇園祭に鉾出したはったとは、もう驚くしかありませんでした。

ただこれはよく見てみると、上京の人がこぞって祇園さんに鉾を出してたという話ではありません。応仁の乱以前は、「座」と呼ばれる職業集団が祇園さんのお手伝いをする「神人(じにん)」となり鉾を出すことがあったようですが、なかには祇園さんの神領以外に住む集団もあったということです。「特権を得られるので参加する」とか、時の権力者の意向で動いたりとかで、鉾を出す基準が「氏子であるかないか」ではない時代、ということやったわけですね。年中行事でも、過去の時代での常識が今の常識とは全く違うということを、身近な例で実感することになりました。

 

鵲(かささぎ)鉾ってどんな鉾?

西陣が関係すると知ってこの鵲鉾に興味が湧いてしもたので、もうちょっと調べてみることにしました。1つ疑問が浮かんだのです。大舎人座の人たちの出した鉾がなんで「鵲」鉾やったのかと。鵲というと、このまえ七夕の記事に書いたアレですよね。広げた羽で橋を作って、織姫と彦星を渡したという鳥!あぁこれは七夕に関係する鉾なんやなぁと思いました。

そしてもう一つ、この鉾を出した集団の1つ、大舎人座は織物業集団です。織物で七夕と言うたら、織姫!おぉ、織姫社の神様が機織りを教えた織姫です!ひょっとしてそれで鵲にしたん?えらいひねってますがな!今でこそすぐに出て来ない鳥の名前ですが、昔は七夕と言えば百人一首にも入った和歌にも詠まれた(注6)有名な鳥でした。昔の人やったら「鵲」の名を聞いたらすぐに機織りのイメージが浮かんだのかもしれませんね。

鵲、どんな鳥か知ったはりますか?黒い鳥なんですよ。
しかしこの時代、鵲は本州には住んでおらず、ほんまの姿を知る人はいなかったのです。

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

鳴橋庵 店主・京都上京KOTO-継の会 会長
鳴橋 明美

 
上京の、形になりにくい文化(お祭・京都のおかず・伝統工芸・京ことば)の継承のお手伝いをする「京都上京KOTO-継の会」会長。
「鳴橋庵」店主。
「能舞台フェスタ in 今宮御旅所」実行委員会会長。

組紐とお抹茶体験を鳴橋庵店舗にて行っております。
合間合間に京都のお話を挟みつつ、楽しく体験していただけます。
お申込みは「鳴橋庵」HPまで。

記事一覧
  

関連するキーワード

鳴橋 明美

 
上京の、形になりにくい文化(お祭・京都のおかず・伝統工芸・京ことば)の継承のお手伝いをする「京都上京KOTO-継の会」会長。
「鳴橋庵」店主。
「能舞台フェスタ in 今宮御旅所」実行委員会会長。

組紐とお抹茶体験を鳴橋庵店舗にて行っております。
合間合間に京都のお話を挟みつつ、楽しく体験していただけます。
お申込みは「鳴橋庵」HPまで。

|鳴橋庵 店主・京都上京KOTO-継の会 会長|お盆/織田稲荷/京都人度チェック/パン/氏子/十三参り

   

アクセスランキング

人気のある記事ランキング