千利休が敬愛した珠光

村田茂吉(珠光)は11歳の時、奈良の浄土宗 日輪山 称名寺に入り出家した。
本来、僧侶は出家すると、俗名の村田を捨て法名を名乗るので、正しくは法名のみの「珠光」である。
千利休が生まれたのは、大永2年(1522年)で、珠光の没後20年後だが、利休が珠光を敬愛した痕跡は多数残されており、最初の師である北向道陳、武野紹鴎を凌ぐ程と思われる。

千利休が説いた「和敬清寂」は、茶道の祖 珠光の創唱で、「和」は根源的な平等一如の世界、「敬」は互の存在や尊厳を認める差別の世界、この二つが互に共鳴し、「清」は一点の塵や穢れもなく、「寂」は煩悩を空じ尽くした閑寂な境地である。
和やかな中にも、秩序はある。
お互いを敬い合わなければ、社会は成り立たない。
更に遡れば聖徳太子が起草した十七条憲法「和をもって尊しとなす。」に辿りつき、墨跡に描かれている平仮名の「わ」、「和」の一文字は「和敬清寂」、個人であれ、国家であれ、平和への心得を著している。


珠光の茶の湯 出逢い

珠光は、二十二歳までは茶にも、禅にも興味がなかった。
しかし、ある日 寺の大掃除の際、ボロボロになって廃棄されようとする典籍の中から「茶経 上中下 巻」、「喫茶養生記 上下巻」を見つける。
大和は京に並び喫茶の盛んな土地柄で、この典籍がいかに貴重なものかは直ぐに解った。
この時より230年前に書かれた記録で、明菴栄西(みょうあん えいさい、ようさい)の著作である。
写本ではあろうが平安時代から鎌倉時代にかけて活躍し、日本に於ける臨済宗の開祖で、建仁寺を開山した高僧である。
比叡山延暦寺で天台宗の教学と密教を学んだ後、南宋(中国)に留学し禅を日本にもたらし、廃れていた喫茶の習慣を日本に再び伝えた。

歴代貫主の誰だかわからないが、余程の人物が茶の研究のために揃えたに違いない。
それなのに、今では粗末に扱われ廃棄されようとしている。珠光は先輩に申し出、典籍を譲り受けた。

修行の合間も茶経を読む珠光

浄土宗は常行三昧(じょうぎょうざんまい)という修行を行う。
御本尊の阿弥陀仏の周りを「南無阿弥陀仏」を唱えながら昼夜問わず90日も、座ることを許されず歩く修行である。

意識が朦朧(もうろう)とする中、柵にすがりながら歩き、紐に掴まって軽く眠り意識を回復させるというもので、比叡山 延暦寺(天台宗)に法華三昧堂と常行三昧堂が建てられ、円仁が五台山(中国)の念仏を伝えた行儀と融合して浄土信仰を普及させたものである。
これは、禅定(ぜんじょう)、ディヤーナ、禅那(ぜんな)といわれ、真言宗では印相を結び、陀羅尼や真言を唱え、禅宗では座禅を組み、心を空っぽにするものである。
珠光は、こうした修行の合間さへも時間を惜しみ喫茶養生記、茶経を読んだ。


 

茶道の鼻祖、陸羽

「茶経」は、唐 (中国)8世紀頃(日本の奈良時代)の文筆家、陸羽によって著された。
陸羽は、捨て子として生を受け、八方塞がり苦難の人生を切り開きながら生きていく中で、一つの真理を見出した。

「精行倹徳。」

行いにすぐれ、つつましやかで徳のある、という意味。
同時に、丁寧にお茶をいただくことで、そのような人に成る事が出来る。
つまり、「人格の優れた方との縁である。」
この事を、後に、日本の大正時代を生きた思想家 岡倉天心は、著書「茶の本」の中で陸羽を「茶道の鼻祖 」と評している。

唐代の餅茶(へいちゃ)は保存性を高めるため、蒸した茶葉を薬研(やっけん)で擦り潰し臼で搗いて固め、米膏(のり)と練り合わせて餅状に固めたものに塩を加え、肉桂(ニッキ)や生姜などの香草を混ぜて香り付けしたもを餅茶とよび、火で炙り、砕いた後熱湯で煮出して飲むもので、塩、葱、薑(はじかみ)、棗(なつめ)、橘皮(きっぴ)、茱萸(しゅゆ)、薄荷(はっか)などを混ぜて風味を加える事もあり、後に団茶と呼ばれるようになった。

団茶は平安時代に最澄や空海など、唐に留学していた僧によってもたらされる事となり、嵯峨天皇を中心とした宮廷貴族に愛飲されたが、遣唐使が廃止されると、衰退してしまい一時的な流行となり、鎌倉時代に入り栄西によって再びもたらされたものであった。

中国 宋時代(960~1280年)仏教、道教、儒教の聖地、天目山の禅寺では抹茶を仏前に供える習慣があり、禅僧たちも修行の一環として黒釉の茶碗「建盞」で碾茶(蒸し製緑茶の一種)を点てた。

後編に続く
(2020.11.6公開予定)

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

禅者 茶人 建築家
松尾 大地

昭和44年(1969年)京都 三条油小路宗林町に生まれる。
伏見桃山在住
松尾株式会社 代表取締役
松尾大地建築事務所 主催 建築家
東洋思想と禅、茶道を学ぶ。
禅者 茶人 建築家西村 弘滋

記事一覧
  

関連するキーワード

松尾 大地

昭和44年(1969年)京都 三条油小路宗林町に生まれる。
伏見桃山在住
松尾株式会社 代表取締役
松尾大地建築事務所 主催 建築家
東洋思想と禅、茶道を学ぶ。
禅者 茶人 建築家西村 弘滋|禅者 茶人 建築家|茶道/茶の湯/侘び寂び/織田信長/村田珠光

12/6まで紅葉フォトコン実施中!入賞者にはあなたの写真をポストカードにしてプレゼント! 紅葉フォトコンにTwitterで投稿する 紅葉フォトコンにインスタで投稿する
京都で今日のごはんをテイクアウト!京のごはんで検索

アクセスランキング

人気のある記事ランキング