かつて京都で走っていた市電の車両が広島の街で走っているというのはご存知の方もおいででしょう。
お年を召した方は「広島で走っているのを見た。懐かしかった」とおっしゃるし、修学旅行で広島を訪れた小学生は「広島で、昔、京都で走っていた電車を見た」と言ってくれます。
もっとも引率の先生も京都市電の現役時の姿をご存知ない方ばかりですが・・・

そこで今回はかつて京都の街を走っていて、「他所にお嫁に行った電車」のお話です。

 

①明治村に行ったチンチン電車 そして海外にも

昭和36(1961)年7月に、京都駅から西洞院通~堀川通を通って北野神社まで走っていた北野線が廃止されました。車輪が4つ(2軸)の小さな電車でした。北野線についてはいずれあらためてお話をしたいと思いますが、同線で最後まで活躍した電車のうち2両(8号車と15号車)が愛知県の明治村に売却されました。明治村は名鉄電車の系列ですから電車の整備はお手の物、運転台前のガラス窓を撤去するなど北野線開業時の姿に復元され、集電のためのポール(棒の先に架線から電気を取る滑車が付いている)を屋根の上に1本取り付けて、昭和42(1967)年から今日まで園内を元気に走っています。ちなみにポールは1本ですので、終点に着いたらロープを操って180度向きを変えなければなりませんが、これもまた小さな電車の原風景です。

堀川押小路付近を北に向かう北野線の電車。

堀川押小路付近を北に向かう北野線の電車。

撮影 大西 卓氏

明治村(下)に移ってからは前面のガラス窓が取り払われているのがわかる。またポールも2本から1本になった。

明治村(下)に移ってからは前面のガラス窓が取り払われているのがわかる。またポールも2本から1本になった。

北野線で昭和36年の最後まで走っていた電車は明治43~44年に製造されています。つまり京都で52~53年、明治村に行ってから約60年間、整備を繰り返しながらも走り続けているのです。すごいですよね。50歳を超えてからお嫁に行って、さらに60年です。
また北野線で最後まで走った28両のチンチン電車は上記以外に静態保存車として各地に譲渡されていきましたが、19号車は何とアメリカロサンゼルス郊外のオレンジエンパイア鉄道博物館に運ばれ、明治村同様、動く状態で保存されています。
なお戦前も、最初に開業した京都電気鉄道(京電)から京都市に引き継がれたこの種の小さな電車がたくさん余りましたので、名古屋市電など全国各地に売られました。中には現在の北朝鮮のピョンヤンに渡った電車もあったようです。


 

②南海電鉄に行った1800形

大阪の天王寺と通天閣に近い恵美須町から堺市の浜寺公園まで阪堺電車が走っています。この電車は昭和55(1980)年に分離独立するまで南海電鉄の1路線でした。京都で市電が全廃された昭和53年の秋に1800形が6両売却されて大阪に運ばれ、251形と形式を変えて翌54年10月から走り始めました。したがって約1年間だけ南海電車として京都市電が走ったことになります。その間に外観ではヘッドライト回りが改造されたほか、集電装置がパンタグラフに乗せ換えられました。塗装も深緑一色がベースになり、広告電車に変身した車両もありました。

阪堺(下)では集電装置がパンタグラフになったほか、前面のおでこのあたり改造されている。

阪堺(下)では集電装置がパンタグラフになったほか、前面のおでこのあたり改造されている。

しかし、電車の出力が他車よりもやや弱いことあって加速が悪く、(まさか、いらちの大阪人に嫌われたのではないと思いますが)1両、また1両と次第に戦列から外れていきました。平成6年には京都の「平安建都1200年」を記念して、その段階で残っていた2両が京都市電時代の塗装に塗りなおされて走りました。なんとそれは大阪の高校生の企画でした。住吉大社の中から鳥居ごしに走る256号車(元京都市電1870)の姿は、かつて北野神社の中から見た今出川線の市電を思い出させてくれる光景でした。

住吉大社の中から見ると、まるで北野神社の中から今出川線を見ているようだった。

住吉大社の中から見ると、まるで北野神社の中から今出川線を見ているようだった。

一方、阪堺で廃車になった元京都市電のうち255号車(元京都市電1869)は平成4(1992)年にアメリカのアリゾナ州の博物館に移籍されました。また廃車後部品だけがやはりアメリカの電車の博物館に渡ったものもあります。南海~阪堺時代は最長で11年間だったこれらの車両の中には海のむこうで第3の人生を送っているものもいるのです。

 

③広島電鉄に行った1900形

京都市電の1900形は昭和30~32年に製造された900形を昭和45・46年にワンマンカ―に改造した車両です。定員が100名と大きく使い勝手のいい電車でした。京都では15両が晩年まで活躍しましたが、市電全廃の前年に2両、昭和53(1978)年の全廃直後に13両と、15両全てが広島電鉄に売却されました。当時、広島電鉄は経営難から取得費用の安い中古電車を買い集めていましたが、この1900形は車体の大きさなど好都合だったようです。
大阪市電や神戸市電など全国の電車を集めていた広島電鉄は元の鉄道事業者の塗装をあえて塗ることで「動く電車の博物館」の評判を得る戦略をとりました。したがって、京都市電も細部は異なるものの最初から「京都市電の色」で走りましたので、京都の人が広島を訪れても「なつかしい」となったわけです。そして、電車1両1両に公募で京都にちなむ愛称が付けられました。京都時代とは違う車両番号が新たに付けられ1901~1915に整理されましたが、愛称は番号順に「東山」「桃山」「舞妓」「かも川」「比叡」「西陣」「銀閣」「嵐山」「清水」「金閣」「祇園」「大文字」「嵯峨野」「平安」「鞍馬」です。前面や車内にそれを掲げて走っています。

京都を走っていた1900形

京都を走っていた1900形

広島(下)ではクーラーが載せられた1900形。また京都ではドアは全面的にクリーム色だったが、広島ではドアの下半分は深緑に塗られている。

広島(下)ではクーラーが載せられた1900形。また京都ではドアは全面的にクリーム色だったが、広島ではドアの下半分は深緑に塗られている。

大きな改造は正面オデコの行き先幕を大形にしたり、集電装置をZパンタと呼ばれる広島電鉄のタイプに交換したりしました。また移籍直後の昭和55~57年には車体を補強して屋根にクーラー機器を載せて冷房化も実現されました。(残念ながら、京都市電は最後まで冷房車はありませんでした)

九条車庫でトレーラーに乗せられて広島に「嫁ぐ」1900形たち。トレーラーは 広島ナンバーだった。

九条車庫でトレーラーに乗せられて広島に「嫁ぐ」1900形たち。トレーラーは 広島ナンバーだった。

撮影 大西 卓氏

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

鉄道友の会京都支部副支部長・事務局長
島本 由紀

(しまもとよしのり)
昭和30年京都市生まれ
京都市教育委員会学校指導課参与
鉄道友の会京都支部副支部長・事務局長

子どもの頃から鉄道が大好き
もともと中学校社会科教員ということもあり鉄道を切り口にした地域史や
鉄道文化を広めたいと思い、
市民向けの講演などにも取り組んでいる。

記事一覧
  

関連するキーワード

島本 由紀

(しまもとよしのり)
昭和30年京都市生まれ
京都市教育委員会学校指導課参与
鉄道友の会京都支部副支部長・事務局長

子どもの頃から鉄道が大好き
もともと中学校社会科教員ということもあり鉄道を切り口にした地域史や
鉄道文化を広めたいと思い、
市民向けの講演などにも取り組んでいる。|鉄道友の会京都支部副支部長・事務局長|京都市電/嵐電/京阪電車/鉄道/祇園祭

アクセスランキング

人気のある記事ランキング