アニマルセラピーが話題になっています。京都市動物園では様々な動物の生態を子供にもわかるように優しく紹介し、触れ合う機会をいろいろ用意しています。また「エサ代サポーター制度」など寄付の取組も行われ、寄付された飼料では剪定枝や野菜、種、豆腐・おから、冷凍ペットフード、麦芽、コールドプレスジュースのパルプなど、種類も豊富で動物たちの健康に役立つことでしょう。そこで、久しぶりにいろいろな動物たちと会うために、京都市動物園に行きました。
京都市動物園のあたりは、平安時代後期に法勝寺が造営されたところです。その寺院の池の中島には、高さが80メートルを超える巨大な塔が築かれました。しかし室町時代になると、法勝寺を含む六勝寺一帯は衰退の一途を辿ります。その後六勝寺の跡地は近郊農村化しますが、幕末期に藩邸が築かれ明治の近代化を迎えました。もし法勝寺の八角九重塔が今も残っていたら、岡崎の姿は今と大きく異なっていたことでしょう。そんなことを想像しながら、八角九重塔と園内を歩きましょう。

 

ご案内

京都市動物園はコンパクトで、子供が楽しめる身近な動物園だ。だから父母も喜び、大人の顔がほころぶ。何よりロケーションが抜群だ。正面エントランスを入って噴水池前に立てば眼前に東山が広がり、観覧木道に上ってアフリカの草原を見下ろせば、レトロな美術館をバックにキリンやシマウマが遊ぶ様子が見られる。街中にあるこの園でしか見られない光景だ。ここでは異なる種を一緒に飼育する「混合展示」を行い、餌を奪い合わないよう餌の高さや仕切りで調整しているそうだ。

京都市動物園(観覧木道より東山を望む)

京都市動物園(観覧木道より東山を望む)

 “アフリカの草原”(背景は京都市美術館)

“アフリカの草原”(背景は京都市美術館)

京都市動物園は大正天皇の御成婚を記念し、1903(明治36)年に開園した。当時の展示動物は哺乳類11種、鳥類50種、計61種238点のみ。10周年の13(大正2)年には156種590点(哺乳類48種、鳥類103種、爬虫類4種、両生類1種)と開園当時と較べ種類が約3倍、飼育点数は2倍に拡大した。
動物を見世物とする催しは開園以前から行われていた。まず1873(明治6)年に京都御苑で行われた第二回京都博覧会において、禽獣会が仙道旧院で催され、その後の京都博覧会でも開催された。岡崎公園を造るきっかけとなった95(同28)年の第四回内国勧業博覧会では、会場の南東(現動物園の西北部あたり)に動物館を配置していて、現在の動物園へと繋がっていく。

園内の動物たち

園内の動物たち

昭和天皇即位の大礼に際し、1928(昭和3)年に大禮記念京都大博覧会が東、南、西の三会場で開催され、現在の動物園が東会場に組み込まれた。昭和10年に京都市教育部が発行した「動物園の研究」には、動物園の平面図【図】を載せ、動物の居場所を番号で示して小学生にも分かるように工夫されている。

【図】「動物園の研究」(昭和10年)内に記載の京都紀念動物園平面図

【図】「動物園の研究」(昭和10年)内に記載の京都紀念動物園平面図

現在の園内マップ

現在の園内マップ

平和な動物園にも悲しい出来事があった。その最たるものは第二次世界大戦だ。その時の様子は動物園HPで詳しく紹介されているが、「京都市動物園80年のあゆみ」(京都市動物園)にはこんな一文も載っている。
44(同19)年3月12日、猛獣類を直ちに処分せよとの軍の命令にライオン4頭、赤熊・日本熊各2頭、北極熊・密熊・馬来熊・虎・満州虎・豹各1頭の合計14頭の猛獣類が処分された時のことだ。「銃殺という手段で処分させられる側の射撃術は拙劣で、死んだ筈の赤熊は翌朝になって未だ呼吸をしており、止むなく8番線の針金で輪をつくり、頸にかけて左右両方から引張り、絞殺している」。
戦後は、46(同21)年から動物園の敷地南側半分、約4,000坪が駐留軍に接収された。このころ飼料調達にも大変苦労し、皮肉にも駐留軍から出された残飯が動物たちの飼料として提供され、飢えをしのいだ。6年後ようやく被接収地が正式に返還され、返還地の整備が55(同30)年にほぼ完了している。

動物園正面エントランス

動物園正面エントランス

現在の姿は2009(平成21)年に策定した新「京都市動物園構想」に基づくもので、“おとぎの国”や“アフリカの草原”などを整備し、15(同27)年にグランドオープンした。
2020(令和2)年2月、京都市動物園は「いのちかがやく京都市動物園構想2020」を策定した。目指したのは動物園に暮らす動物たちが幸せに生きられること(動物福祉)。そしてその動物たちが繁殖して世代を重ね、動物園の個体群として維持されること(種の保存)だという。動物たちが幸せに暮らしていることそのものが、私たち人間のセラピーであるということなのだ。

観覧車

観覧車

「法勝寺八角九重塔と石材」

「法勝寺八角九重塔と石材」

京都市動物園の中央付近に古い観覧車がある。この観覧車は1956(昭和31)年建設だから60歳を過ぎているのだが、まだ現役として子どもたちを大空へ運んでいるのだから凄い。文化財に匹敵するこの施設の北西に「法勝寺八角九重塔と石材」の説明板があるのをご存じだろうか。ここには平安時代後期に法勝寺八角九重塔が建っていた。
法勝寺は1075(承保2)年から造営が始まり、金堂・八角九重塔・講堂・阿弥陀堂などの仏堂を備えた、院政期の京都を代表する大寺院である。83(永保3)年に落慶供養が行われた八角九重塔は、金堂の南の池の中島の上に建てられ、高さは27丈(約81メートル)あったとの記録があり、基壇の上に9層の屋根と最下部に裳階(もこし)が取り付く巨大な塔であった。その高さゆえ、塔はたびたび地震や落雷の被害に遭い、1208(承元2)年には落雷で焼失するが、5年後に再建された。しかし、1342(暦応5)年に火災で焼失し、その後再建されることはなかったようだ。
この法勝寺八角九重塔跡の発掘調査が、新「おとぎの国」などの動物園整備工事に先立つ2010(平成22)年に行われた。調査地は観覧車の南側。古くから「塔の壇」と呼ばれ、戦前まで高さ約1.5メートルの高まりが残り、塔跡と推定されていたところだ。

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

京都市文化財保存活用・施設整備アドバイザー
松田 彰

 
京都市文化財保存活用・施設整備アドバイザー
京都大学工学部建築学科卒、同大学院修了
一級建築士

1957年生まれ
1982年4月から京都市勤務
2018年3月に京都市都市計画局建築技術・景観担当局長で退職
2018年4月から現職

著書:「花街から史跡まで 散歩でハマる! 大人の京都探訪」(リーフ・パブリケーション)
共著:「京都から考える都市文化政策とまちづくり」(ミネルヴァ書房)
   「『京都の文化的景観』調査報告書」(京都市)

記事一覧
  

関連するキーワード

松田 彰

 
京都市文化財保存活用・施設整備アドバイザー
京都大学工学部建築学科卒、同大学院修了
一級建築士

1957年生まれ
1982年4月から京都市勤務
2018年3月に京都市都市計画局建築技術・景観担当局長で退職
2018年4月から現職

著書:「花街から史跡まで 散歩でハマる! 大人の京都探訪」(リーフ・パブリケーション)
共著:「京都から考える都市文化政策とまちづくり」(ミネルヴァ書房)
   「『京都の文化的景観』調査報告書」(京都市)

|京都市文化財保存活用・施設整備アドバイザー|西京極/文化都市施設/運動公園

ツイッターで書籍のプレゼントキャンペーン開催中!! インスタグラムで紅葉フォトコンテスト開催中!!

アクセスランキング

人気のある記事ランキング