大河ドラマ「麒麟がくる」で、いい味を出しているのが本木雅弘さん演じる斎藤道三(利政)と、吉田鋼太郎さん扮する松永久秀です。斎藤道三、松永久秀はともに「戦国三大梟雄(きょうゆう)」とよばれています。梟雄をひと言でいえば悪人のこと。いつもは悪役の光秀が今回は主役なのでよけいに彼らの悪人ぶりが目を惹きそうです。そしてこの両名は意外と京都との結びつきが強く、番外編の今回はこの悪人2人にスポットをあてたいと思います。

  

蝮(マムシ)と呼ばれた男 

戦国時代のキーワードといわれるのが下剋上、すなわち「下が上に克つ」ことです。まさしくこれを体現したのが斎藤道三でした。下から駆けあがったという意味では豊臣秀吉もそうですが、秀吉の場合は手柄を信長に認められて出世するという「まともな手続き」をふんでいますので、下剋上とはちょっと違うかなと思います。そこへいくと斎藤道三は主君や恩人を裏切りまくって、地位や城を乗っとります。そうして一国一城の主となったので「ザ・下剋上」の代名詞とされるわけです。そのエゲツなさに人は彼を「蝮(マムシ)」と呼んで恐れたそうです。それでは斎藤道三の生涯をサクッとふり返ってみましょう。

道三は山城国乙訓郡西岡、現在の京都市西京区~長岡京市あたりで生まれたとされています(諸説あり)。彼の先祖は代々「北面の武士」といって、平安京で上皇を護衛する役目を果たしていました。しかし、道三の父は息子が聡明であることから、彼を京都市上京区の妙覚寺にいれ修行させます。その後、寺を出て油問屋の娘と結婚し油商人に転身。あるとき行商で美濃に赴いた道三は、ひょんな縁で美濃国の重臣・長井長弘に見いだされ武士として仕えることになりました。なんでも、道三の「漏斗(ロート)を使わずに、油を一文銭の穴に通す」というパフォーマンスが評判を呼んだことがキッカケだったとか。芸は身を助く、ですね。

   

乗っとり劇場開演!

さて、長井長弘は道三に目をかけ、守護・土岐頼芸に紹介するなど厚遇します。ところが野心ギラギラの道三は、なんと恩人である長弘を奥さんともども殺し、長井家を乗っとってしまうのです。しかし、道三の野望はこれだけでは満たされません。次のターゲットは、美濃国のトップである守護・土岐頼芸に向けられます。あの手この手で頼芸を追いつめ、とうとう美濃から追放してしまいます。こうして道三の「乗っとり劇場」は完結し、晴れて大名として美濃国の主となりました。

恩人と主君を踏みにじりのしあがる…これぞ下克上!

恩人と主君を踏みにじりのしあがる…これぞ下克上!

ところで、沢尻エリカ…じゃなくって川口春菜演じる帰蝶は道三の娘です。美濃の姫だから「濃姫」とも呼ばれています。この帰蝶が織田信長と結婚するわけで、つまり道三は信長の舅ということに。道三の人を見る目はたしかで、ウツケ、タワケと変人扱いされていた若き日の信長の才を見ぬき「美濃国はムコ殿である信長に譲る」というトンデモ発言をします。まあ、息子・義龍と仲が悪かったというのもありますが…。しかし、これが災いし道三は義龍の叛逆にあい殺されてしまいます。悪逆非道ぶりを存分に発揮した道三でしたが、最後は身内によって葬られるわけですから皮肉なものです。なお、トンデモ発言の証拠となる道三の遺言書が京都・妙覚寺に残されています。

で、この大悪人を演じるのが本木雅弘さん。今から40年近く前、要約すると「お前を愛するために俺は銀河の果てからこの地球(ほし)やってきたんだぜ!」的な壮大な歌詞を唄っていたモッくんが、今回もスケールの大きな悪人っぷりを魅せてくれています。

※なお、現在の研究では道三の「乗っとり劇場」は、親子2代で演じられたものという説が有力です。
 

信長も認めた大悪人

もうひとりの悪人・松永久秀は斎藤道三ほど有名ではありませんが、悪人ぶりではむしろ道三より上です。その悪事をザッと並べてみます。まず手はじめに、主君である三好長慶を殺します。これくらいはあたりまえ、序の口です。次に、ときの将軍・足利義輝を葬ります。これは結構やっちゃってます。いかに権威の衰えた室町幕府とはいっても、征夷大将軍ですよ。梅宮アンナとドロドロしてたころの羽賀研二が「誠意大将軍」とかいってた安もんの将軍ならともかく、全国の武士の頂点に立つレッキとした将軍を殺害するってのは、並みの悪人にはできません。
 

関連するキーワード

_blank

アクセスランキング

人気のある記事ランキング