第4回「国連世界観光機関(UNWTO)/ユネスコ 観光と文化をテーマとした国際会議」が2019年12月に国立京都国際会館で開かれました。
世界の約70カ国、約1,500人が集まり、閣僚級会合や分科会等で議論が交わされ「観光・文化京都宣言」がまとめられました。
この中に京都市長が講演した、観光、文化及び地域コミュニティの関係のマネジメントに関する京都の取組が『京都モデル』として引用され、その活用推進が記されました。
今回はその舞台となった国立京都国際会館をご案内します。

ご案内

「日本でも大きな国際会議を開催できる会議場が必要だ。」
この思いが国立京都国際会館を誕生させた。
時は1957(昭和32)年10月のことである。

ジュネーブで開かれたGATT第12回総会終了後帰国した河野一郎経済企画庁長官が、その思いを抱き、建設地を京都にすべきであると提唱した。
これを受け同年11月に国際会議場を「京都市またはその周辺」につくることを閣議決定した。
翌年暮れにはこの建設構想が大きく動き出し、1959年度国家予算に設計費が計上されることになった。

国立京都国際会館

国立京都国際会館

建設誘致に向け、京都市以外の「周辺」の市町も動き出し、府内では宇治市・城陽町・精華町など、府外では滋賀県大津市が名乗りをあげた。
特に大津市では、皇子山地区への会議場誘致を熱心に国に働きかけ、京都市の強力なライバルとなっていく。

京都市は、京都府と協力して建設地を宝ヶ池の一帯とし、京都府知事、地元選出国会議員、京都の財界人たちが一堂に会する建設促進委員会が発足した。
大津市皇子山の建設予定地は国有地であったが、宝ヶ池は民有地であったため土地の買収を要することから、一時は京都市が不利な状況に追い込まれたが、京都市が宝ヶ池の地主や地域の代表者と協議して用地買収同意書を政府へ提出するなど、精力的な働きかけを展開していった。
このような中、神奈川県が芦ノ湖畔への誘致に名乗りをあげたため、三つ巴の様相を呈することになった。

政府が3月に設置した国立国際会館建設等連絡協議会では、宝ヶ池を第1とする意見が出たが、他省から異論もあり、最終決定は9月15日の閣議でようやく宝ヶ池建設案が了承されたのである。
そして建設にあたっては、交通基盤の整備と国際会議場にふさわしい周辺環境の整備が条件として付されたという。

宝が池公園からの国立京都国際会館

宝が池公園からの国立京都国際会館

建築設計ではコンペ方式が採用され、195点の応募作品の中から当時39歳の大谷幸夫氏の案が選ばれた。
この建築について、国立京都国際会館は「比叡山を背景にした穏やかな山間の宝ヶ池の風景に、古都京都の風情を感じ、その風情を損なわないよう、自然の佇まいに設計の枠組みを委ねた。」と大谷氏の手記を載せ、「台形・逆台形の空間の組合せで形づくる国際会館固有の建築的形質は、まさに自然との応答を介して導き出されたと言えるでしょう。
周辺の山々の穏やかな曲線に対して、大会議場のスケールが大きく、四角形の形状のままでは異形のものが立ち現れたように感じられました。
そこで、山肌に迫っていた議場の壁面を内側に傾け台形とすることで、必要平面積を確保しながら建物のボリュームを削り、周辺の山々を圧迫することを緩和しようとしたのです。」と設計意図を解説している。

宝ヶ池からの眺め

宝ヶ池からの眺め

国際会館の建設は1962(昭和37)年11月に始まり、1966(昭和41)年5月に完成・開館を迎えた。
会館の管理運営は財団法人国立京都国際会館に委託され、初代館長には同年2月まで京都市長であった高山義三が就任した。

国際会館建設を契機に宝ヶ池周辺の環境整備が大いに進んでいく。
まず京都駅に新幹線の新駅設置が決まり、京都駅からの道路アクセスとして、白川通や宝ヶ池通などが整備されていく。
また地下鉄烏丸線は、1981(昭和56)年に京都駅-北大路駅間が開通し、その後順次北伸して、1997(平成9)年には国際会館駅まで延伸している。

道路整備計画路線図(1961年度)

道路整備計画路線図(1961年度)

宝が池公園入口

宝が池公園入口

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

京都市文化財保存活用・施設整備アドバイザ
松田 彰

京都市文化財保存活用・施設整備アドバイザー
京都大学工学部建築学科卒、同大学院修了
一級建築士
1957年生まれ
1982年4月から京都市勤務
2018年3月に京都市都市計画局建築技術・景観担当局長で退職
2018年4月から現職

記事一覧
  

関連するキーワード

松田 彰

京都市文化財保存活用・施設整備アドバイザー
京都大学工学部建築学科卒、同大学院修了
一級建築士
1957年生まれ
1982年4月から京都市勤務
2018年3月に京都市都市計画局建築技術・景観担当局長で退職
2018年4月から現職 |京都市文化財保存活用・施設整備アドバイザ|西京極/文化都市施設/運動公園

アクセスランキング

人気のある記事ランキング