城を守り続けた三淵藤英

元亀3(1573)年、夏。
足利将軍 義昭と織田信長は協力して政権を運営してきましたが、対立しては和睦を繰り返し、ついに、最後の戦いを始めてしまいました。

場所は、上京。織田信長が、将軍義昭のために造営したはずの、二条御所でした。

上京区 旧二条城跡の碑

上京区 旧二条城跡の碑

しかし、二条御所(二条城とも)に立て籠もっているのは、当の義昭ではありません。
二条御所では、守りが不十分だということで、宇治の方にある、より堅固な槙島(まきしま)の城へ去っていったのです。

主君義昭は居ない、兵士も不十分。せいぜい時間稼ぎ、捨て石ともいうべき二条御所を任されたのは、義昭の家臣、三淵藤英(みつぶち ふじひで)でした。
信長の大軍に取り巻かれ、一緒に城にこもっていた公家衆は戦意を失い、城を脱出していきます。それを織田軍に咎められることはありませんでした。それでも、藤英は、何かの義理を果たそうとしたのか、城を守り続けました。
その態度は、むしろ攻め手に好感を与えたのでしょうか。織田軍の柴田勝家が、城へ入って説得。これを受けて、ようやく藤英は降伏するのです。旧暦7月12日のことでした。

二条城を片付けた織田軍は、次に義昭のいる宇治 槙島を攻め、短期間にこの戦いを終え、義昭を京から追放。室町幕府は、ここに実質的に滅亡します。

槙島城跡の案内板。宇治市槇島公園内

槙島城跡の案内板。宇治市槇島公園内

足利義昭を将軍にした兄弟

三淵藤英。

はじめて、彼の名を聞くという人が多いでしょうか。
藤英には、弟が居ました。
弟のほうは、このとき、将軍を見捨てて信長の家臣に転身していました。
彼は生涯を全うし、功績を挙げ、子孫を繁栄させ、名を残すことになります。
名前は、藤孝(ふじたか)。

細川藤孝(のちの幽斎)をご存知の方は多いでしょう。
明智光秀の盟友と言われたり、細川ガラシアの義父と言われたり、和歌の秘伝伝授者と言われたり、なにかと名前の挙がる武将です。
では、彼に兄がいた事となると、どうでしょう?

二人の姓が違うのは、弟 藤孝が別の家に養子に出されたからです。
(一説には兄・弟の順が逆というものもありますが、今回は通説に従います)
家族であっても、敵味方に別れる、というと、真田家の話が有名でしょうか。
そして、この藤英たちも、はじめは協力して足利将軍家再興という事業に取り組み、一度は成就しながら、成り行きから別々の陣営に立ち、一方は命を縮めることになるのです。

藤英・藤孝兄弟は京都で生まれました。
弟が東山で生まれたと伝わるので、兄もそうなのでしょうか。父は足利将軍家に仕える幕臣でしたが、応仁の乱や明応政変の後、将軍の地位は不安定で、細川と戦っては京都から逃げ、三好と戦ってはまた逃げ、一度は京都に戻れたものの、ついには将軍義輝が殺害され、家臣だけが逃げるということもありました(永禄の変)。

藤英・藤孝らは、将軍家を再興するため、義輝の弟で、奈良で僧侶をしていた覚慶に協力します。この覚慶が、のちの足利最後の将軍 義昭です。

一行は、三好家に怯えながらも、協力してくれる大名を探し、約3年の間、流浪しました。油が足りなくなり、神社の灯籠から拝借するほど困窮したこともあったそうです。

 

信長と出会い、幸せな時代

奈良・近江・若狭・越前・美濃と渡り歩き、ついに出会ったのが織田信長。
信長は、5万人とも6万人とも言われる大軍を催すと、三好家を圧倒して京都周辺を制圧し、無事に義昭を足利将軍に就任させました。
義昭・信長の連合政権の始まりです。

藤英は、義昭の家臣として、軍事にも政治にも精力的に働いたようです。
義昭を襲った三好家の残党を迎撃し(本圀寺の変)、幕府奉行衆として摂津や河内に出陣し、公家と交渉し、寺院の領域について裁定し、盗賊を取締り、訴訟に口入し…短い時期ながら、活動の跡が各文書に残されています。仕事を任されるだけの信頼を得て、それをこなせるだけの力量を発揮していたのでしょう。

下京区 本圀寺の跡地。本圀寺はのちに山科へ移転

下京区 本圀寺の跡地。本圀寺はのちに山科へ移転

藤英は伏見城(伏見区)を与えられ、藤孝は勝竜寺城(長岡京市)を与えられ、京都の周辺を固めていました。
この頃は、兄弟にとっても、幸せな時代でした。義昭と信長が仲違いさえしなければ、二人は仲を裂かれずに済んだと思われます。しかし、先述のように、義昭は信長打倒の兵を挙げ、兄は足利家に殉じ、弟は織田家に付くことを選びました。
藤英は、敵に回った藤孝を攻撃する気配を見せましたが、未然に終わります。

藤英は、二条城で降伏したあと、信長に伏見城を安堵されました。弟と共に淀城を攻めるなど、織田軍の作戦に参加しますが、そこで彼に関する記録がしばらく途絶えてしまいます。


切腹させられた藤英親子

次に彼の消息が判明するのは、翌年。天正2(1574)年5月、伏見の城が破却され、藤英と長男の身柄が、明智光秀の坂本城に預られけたこと、7月6日に、藤英親子が切腹させられたこと。この2点です。

なぜ、弟の藤孝ではなく、光秀が身元を引き受けたのか。どういう罪があって、切腹させられたのか。藤孝は何を思っていたのか。兄らを助命しようとしたのか。これについて説明する資料はありません。

ただ、藤英の次男・三男は生き残り、藤孝が引き取りました。次男の家は徳川家に、三男の家は肥後藩に仕えて、続いていきます。
藤孝は、何かと面倒見の良さがあり、これ以降も、何か面倒事を起こして、行き場を失った家族を、匿ったり世話したり、という行動をしています。今回も、甥を守ることを優先したのでしょう。

事実の隙間を埋めるのは、小説家の想像力です。
短編小説があります。この中では、藤孝は兄に対する処置を恨み続け、表面上は忠実な織田家臣として振る舞いながら、光秀の叛乱を焚き付け、信長と光秀双方を破滅させ、復讐を遂げる…という筋書きになっています。
(『幽斎の悪采』木下昌輝作 2018年 講談社 決戦本能寺 収録)

 

苦味ある細川藤孝と明智光秀の関係

細川藤孝と、明智光秀。二人は、息子(忠興)と、娘(お玉・ガラシア)を結婚させて縁を結び、同じ方面を分担して作戦上でも協力しており、盟友と言われる事がありますが、経緯をこまごまと見ていくと、複雑なものが感じられます。甘味でも辛味でもない、密やかな苦味。

のちに、光秀が、本能寺の変を起こし、藤孝に協力して欲しいと使者を送った時、藤孝は拒絶しますが、その時、彼の胸中はどのようなものだったのか。光秀の元で死んだ兄のことは、去来したのか、影響を与えたのか、どうか。色々な描き方のできる題材だと思います。
なお、大河ドラマ「麒麟がくる」では、三淵藤英を谷原章介さんが演じています。

 

三淵伏見城が発掘された?

余談です。
近年、伏見区のマンション建設予定地が、発掘調査されました。室町時代の堀跡や柵、土橋などの遺構が、見つかりました。
「京都府城館跡調査報告書 第3冊」(2014年)では、これを三淵伏見城と比定しています。

付近の地図 Yahoo地図より

付近の地図 Yahoo地図より

秀吉が伏見にやってくるより前の城です。
伏見の御香宮から東。JR奈良線の線路とのあいだ辺り。
地名は、京都市伏見区桃山町松平筑前(報告書では『越前』と表記しているので注意)。
城館跡を示す案内板などは見当たりませんでした。
大手筋に面した松平筑前公園を目印にしてみてください。

関連するキーワード

三宅 徹

三宅徹
写真家。京都の風景と祭事を中心に、その伝統と文化を捉えるべく撮影している。やすらい祭の学区に生まれ、葵祭の学区に育つ。いちど京都を出たことで地元の魅力に目覚め、友人に各地の名所やそれにまつわる歴史、逸話を紹介しているうち、必要にかられて写真の撮影を始める。SNSなどで公開していた作品が出版社などの目に止まり、書籍や観光誌の写真担当に起用されることになる。最近は写真撮影に加えて、撮影技法や京都の歴史などに関する講演会やコラム提供も行っている。
主な実績:京都観光Navi(京都市観光協会公式HP) 「京都四大行事」コーナーほか
     しかけにときめく「京都名庭園」(著者 烏賀陽百合 誠文堂新光社)
     しかけに感動する「京都名庭園」(同上)
     いちどは行ってみたい京都「絶景庭園」(著者 烏賀陽百合 光文社知恵の森文庫)
     阪急電鉄 車内紙「TOKK」2018年11月15日号 表紙他
     京都の中のドイツ 青地伯水編 春風社
               ほか、雑誌、書籍、ホームページへの写真提供多数。
Facebookページ: きょうのいろ”Colors of Kyoto”
https://www.facebook.com/colorsofkyoto/

_blank _blank _blank

アクセスランキング

人気のある記事ランキング