「かくなる上は信長公の弔いとして知恩院で腹を切る!」  

新年そうそう、物騒な話で失礼しました。皆さま、明けましておめでとうございます。本年もKyoto Love.Kyotoのご愛読を賜りたく、よろしくお願いいたします。

さて、冒頭のセリフの主は徳川家康。本能寺の変により織田信長の突然の死を知った家康は、長年の盟友また幼なじみともいわれる信長の死に悲嘆し、彼に殉じて自分も腹を切ろうとしたが…ということになっています。でも、本当にそうなのでしょうか?本能寺の変に家康が関与していたという説は昔から実しやかに語られています。また近年では、それを題材にした小説やコミックも発刊されています。

というわけで、前回からスタートした「本能寺の変には黒幕がいたのか?」シリーズ第2弾は、徳川家康編です。家康といえば、彼の遺訓とされる「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず」に象徴される「ザ・ガマン」を地でいった忍耐の人、あるいは堅実な人、というイメージがあります。ここからは黒幕感が見えてきませんが、いっぽうでもう一つの顔である「タヌキ親父」のキャラが出てくると、一転して香ばしくも怪しい匂いがプンプンと漂いはじめます。

果たして家康は本能寺の変に関与していたのか?また、そうであるなら石橋を叩いても渡りそうにない堅実な家康をして、何が信長襲撃という危険な賭けに走らせたのか?そしてタイトルにある「失望」とは何を意味するのか?さらには切腹の地に選んだ知恩院と家康との関係とは?Kyoto Love.Kyoto的家康黒幕論をお楽しみください。

本能寺の変のとき、家康は何をしていたのか。

まずは「本能寺の変」前後の家康の行動をふり返ってみましょう。1582年3月、織田徳川連合軍は宿敵・武田氏を滅亡させました。信長は家康の功に報い駿河国を与え、安土城に招き盛大なおもてなしをします。これが5月半ばのことで、本能寺の変の約2週間前にあたります。その後、信長のススメもあって家康は堺を遊覧します。久しぶりに骨休みをした家康は京都に戻ろうとするその道中で、仰天ニュースに接します。そう「明智光秀のムホン、そして信長が本能寺で死す」の報です。信長の同盟者である家康は、光秀にとっては敵ということになります。このとき家康には護衛の軍隊がつかず、わずか数十人のお供がいるだけでした。光秀軍およそ13,000に対し、家康一行はせいぜい50人。狙われれば瞬殺されること間違いなし状態です。

さすがの家康もウロが入り、冒頭の「かくなる上は…」のセリフを叫んだそうです。パニくる家康を家臣がなだめ、徳川の本拠である三河に戻り、態勢を立て直したうえで光秀を征伐しようと提案します。我に返った家康は、宇治田原から伊賀に入り脱出をはかります。しかし、それは危険がいっぱいの道であり、各地には家康の首を狙う落ち武者狩りがウヨウヨいました。彼らの目を逃れるため、絶壁の崖をボルダリングのような格好で渡りぬけるなど、命からがら地元三河に戻ることができました。この逃避行アドベンチャーは「神君決死の伊賀越え」と呼ばれています。

そして、すぐさま光秀征伐の軍勢をととのえようとしますが、時すでに遅し。羽柴秀吉があり得ないスピードで中国地方から切り返し、すでに光秀を討ち果たしてしまっていたのでした。これにより信長公弔いの手柄=天下取りへのキップを秀吉の奪われてしまうことになりました。

黒幕・家康?

ここまでがオフィシャルに伝えられる家康の足取りでした。これを見る限り、ある意味家康も被害者の一人といえます。しかし、家康黒幕説を唱える人は、この逃避行は安心楽々コースだったといいます。なぜか?そもそも本能寺の変は光秀と家康が共謀したもの。だから家康は最初から事変を知っていたのであり、光秀も家康を襲わないというものです。

先ほど、信長は安土城で家康を歓待したと述べました。その接待役として選ばれたのが他ならぬ明智光秀その人です。ゲストと接待役であれば、なにかと接点があり信長襲撃の密談をするチャンスもあったのではないか、といわれています。

また、2人のキャラクターは信長の革新とは真逆の保守的で、かつ堅実に歩むタイプ。ウマが合ったかどうかはわかりませんが、共通点が多いだけに共謀もしやすかったのでしょうね。

知恩院と徳川家

ところで、冒頭のセリフにあるように、家康はなぜ「知恩院で切腹する」といったのでしょうか。そこには知恩院と徳川家の深い絆がありました。知恩院は浄土宗の開祖である法然上人の死後、その高弟が京都東山に遺骨を安置したことがその礎となっています。徳川家康は熱心な浄土宗信者であり、彼の旗印には「厭離穢土 欣求浄土」という浄土宗の教えを説いた言葉が刻まれています。家康にとっての知恩院は心の拠りどころとなっていたのでしょう。

江戸幕府が開かれると、家康は知恩院の発展に大きく力を注ぎます。家康の母である於大の方がなくなると知恩院を菩提寺としました。それに伴い寺領が大幅に拡大し、御影堂、集会堂など諸堂が造営されます。その後も徳川家は全面的に知恩院を援助し、三門をはじめとした境内が整えられ、観光地としても栄える現在に伝わる形を残しました。

黒幕家康の動機とは?

推理小説の謎解きテーマの一つが「動機」です。家康に動機はあったのでしょうか?家康が幼少のころ今川家の人質であったのは有名ですが、実は織田家の人質であった時期もありました。そのとき、お互い少年であった信長と家康はともに語らったのではないかという説もあります。そんな幼なじみである2人が長じては、互いに一国の主として同盟を結ぶことになります。しかもこの同盟は20年間もの間、ただの一度も破られることがありませんでした。時は戦国、裏切りなんて日常茶飯事の世情にあって、これは奇跡の同盟ともいわれています。

長期の同盟が成立した理由は、家康の律儀な性格と両者の利害が一致したことの2点になります。しかし、その関係も本能寺の変の頃になると、薄氷の上に立つような微妙なものでした。というのも、最初はほぼ対等の同盟であったのが、信長の勢力が飛躍的に拡大するにつれ、次第に家康が信長に従属する形、つまり命令される立場となっていったのです。そして、ある事件が両者にヒビを入れることになります。

1579年、家康の長男・信康に嫁いでいた信長の娘から父・信長宛に手紙が送られます。そこに書いてあったのは「夫・信康とその母・築山殿が武田方と内通している」というものです。とはいえ、この時期すでに没落していた武田と結ぶメリットは見当たりません。なのでこの手紙を送った背景には嫁姑問題があったともいわれています。で、手紙を読んだ信長はどうしたか。家康に対し、長男と奥方を殺害することを、限りなく命令に近い形で示唆しました。「要求を呑まなければ、同盟を破棄し、攻め滅ぼすぞ!」というビシビシのプレッシャーとともに。現代とは異なり、当時は家族よりも「家名の存続」が最優先される時代。家康は泣く泣く妻と長男に死を与えることになりました。

実は家康と築山殿との夫婦仲は冷めており、そこに大きなためらいはなかったかもしれません。しかし、長男の信康は優秀な武将に育ち、家康も大きな期待を寄せていました。ですから長男への切腹命令は親として、一国の主として、まさに断腸の思いであったことでしょう。それが信長への恨み、つまり本能寺への伏線となった可能性は十分にあり得ます。

また、信長は家臣に対して成果主義を徹底しました。その結果「途中入社組」である光秀や、(社員というよりアルバイト入社組の)秀吉が異例の出世を果たすわけです。その一方で過去に功績があった者でも「現在の」実績がない場合は容赦なく処断されます。本能寺の2年前に、宿老であった佐久間信盛と林秀貞が突然、着の身着のまま同然で追放されたのはその好例であり、見せしめの意味もありました。

それを見聞きした家康は何を思ったか。「長年の同盟関係があるとはいえ、それは信長にとって自分に利用価値があればこそ。価値がなくなったその時、信長がどう出るか…」といったところではないでょうか。信長にとっての利用価値、それは大敵・武田家への防波堤を務めることでした。しかし、その武田家もかつての勢いはなく、近い将来に滅亡もあり得る状態でした。それは家康の価値がなくなることを意味しており、もちろん家康本人がそれを意識しないはずがありません。「いずれ、自分は信長に粛清される。であれば、いっそやられる前に…」と家康が考えた可能性はあると思います。

以上2点、信長への怨恨とお家存亡の危機。動機としては十分ではないでしょうか?

失望が家康に天下を握らせた。

さて、実はここからが本題です。

本能寺の変の前後で家康は2度の失望に接します。ここでの「失望」とはショック、絶望、期待外れのガッカリ感などを意味します。

1つめの失望は「このままでは、信長にとっての利用価値がなくなる徳川家が滅亡に追い込まれる」というもの。さらに家康が黒幕でなかった場合は、本能寺の変により信長が亡き人となった今、次のターゲットは同盟者である家康自身となり突如として命の危険にさらされる失望も加わります。

2つめの失望は本能寺の後、光秀の討伐を秀吉に先に越されてしまい、天下取りの野望を打ち砕かれた失望です。家康が黒幕であろうとなかろうと、信長さえいなければ、自分にも天下を取るチャンスがあると考えたであろうことは想像に難くありません。あるいは光秀との連合政権を目論んでいたのかもしれません。しかし、秀吉があり得ないスピードで戻ってきて光秀を葬り去ったため、その野望は露と消え落ちました。

ところが、家康は気持ちを切り替え、秀吉と一戦交えることはあったものの、その後は豊臣政権で№2の地位を築くことに腐心しました。そして秀吉の死後、関ヶ原の合戦によって天下人の座につくことになります。

家康「しかみ像」

家康「しかみ像」

武田信玄に大敗した家康が、その敗北を教訓にしようと、顔をしかめ苦渋の表情をあらわにした姿を描かせたもの。画像は肖像画を元に製作された石像。

黒幕の真偽はともかく、徳川家康は度重なる失望を乗り越え、じっとチャンスを待ち続け、ついに天下を掌中に収め250年にわたる泰平の時代を築きました。

そこには忍耐はもちろんですが、「チャンスが訪れたらこうしよう」「今の自分にできる最善を尽くそう」という心構えがありました。なにより失望をエネルギーに変える不屈の闘志がなければ天下という名の女神は振り向いてくれなかったでしょう。

禍福は糾える縄の如し。災い転じて福となす。家康の生涯はこの言葉を体現していると思います。コロナという「禍い」に直面したまま新年を迎えた私たちですが、決して失望することなく、この禍が福をもたらせてくれるよう、前向きな気持ちで一年を過ごしたいものですね。


(編集部/吉川哲史)

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

  

関連するキーワード

編集部

||明智光秀/祇園祭/紅葉/パン/スタバ

京都で今日のごはんをテイクアウト!京のごはんで検索

アクセスランキング

人気のある記事ランキング