豊臣秀吉といえば、農民から天下人にまで昇りつめた出世物語で人気を博す戦国武将です。その最大のジャンプのきっかけが本能寺の変でした。もし、明智光秀の謀反がなければ、秀吉の天下はなかったでしょう。そこで出てくるのが、秀吉が本能寺の変をウラで操っていたのではないか、という秀吉黒幕説です。「本能寺の変に黒幕はいたのか?」Part4は秀吉の生き様とともに、本能寺の変のもう一つの読み方をご紹介したいと思います。


※本稿は黒幕説の真偽を問うものではなく、「○○が黒幕だとしたら」という仮定を通して歴史を楽しんでいただきたい、との思いで執筆いたしました。
 

まずは定説をざっとおさらい

「まさか…上様が…信じられん!!」
書状を持つ手をわなわなと震わせながらつぶやいた声の主は羽柴秀吉、後の豊臣秀吉です。本能寺の変による主君・信長の悲報を知り、驚くとともに自身の危険に気づかされます。このとき秀吉は中国地方の雄・毛利氏と対峙中であり、秀吉方が優勢ではあったものの、後ろ盾となる信長が亡くなったとあれば形勢逆転もあり得ます。秀吉の震えは悲しみとともに恐怖からくるものでした。

と、そのとき秀吉の耳元に「好機がおとずれましたな」というささやきがそっと、しかしハッキリと響きました。秀吉の軍師・黒田官兵衛のセリフです。大河ドラマでは岡田准一さんが演じていましたね。

秀吉の天下取りを支えた名軍師。「この男に大きな所領を与えては、ワシの地位が危ない」と秀吉に恐れられた男として有名です。

意味するところは、天下統一を目前にしていた信長亡き今、主君の仇である光秀を討てば一気に天下取りが狙える…と秀吉をけしかけたといわれています。その言葉に我をとり戻した秀吉は、まるで神が乗り移ったかのような早業をなし遂げます。まず交戦中の毛利氏とはソッコーで和睦し、ただちに軍を東に向けます。備中高松から居城である姫路までの道のりおよそ110kmをわずか2日足らずというあり得ないスピードで駆け抜け、その勢いのまま光秀を討ち果たしました。有名な「中国大返し」伝説ですね。この大いなる殊勲を背景に、あっという間に秀吉は関白の座に昇りつめ天下人となりました。太閤立志伝のクライマックスです。


 

中国大返しってホント?

でも、ちょっと待ってください。これってあまりにも出来過ぎていませんか?っていうのが秀吉黒幕説を唱える人の主張です。まず、本能寺の変を知らせる手紙、これは光秀が毛利宛に放った使者がまちがって秀吉方に迷い込んでしまい手紙を入手したとされています。でも、こんな最重要機密を知らせる大役を、そんなマヌケな使者に託すでしょうか?次に、翌日ソッコーで和睦となっていますが、フツーこんな簡単にはいきません。てゆうか相手が怪しみます。「なんかあったんとちゃうか?もうちょっと様子見とこ」とね。それに仮に和睦したにせよ、真実を知ったら秀吉軍を猛烈に追いかけるはずです。が、毛利勢はじっとしたまま。さらに、いくらなんでも2日足らずで110kmはありえない。24時間テレビのマラソンランナーは万全の準備をし、そのうえ伴走者までついてますが、兵士たちはヨロイや槍などの武器や荷物を持ちながらですよ。もちろんマラソンシューズではなくワラジです。しかも1万人以上の行列ですからね。

ということは…そうです、秀吉は知っていたのです。信長が光秀に殺されることを。だから事前に毛利との和睦の準備をしていたし、兵士も先発隊は数日前に出発していたし、重たい荷物はあらかじめ用意していた船で運んだので軽装で走れた…という説です。


 

光秀・秀吉の両雄は並び立つか?

では、秀吉は光秀とつるんで本能寺の変を企てたのか?というと、私はウ~ンとうなってしまいます。2人は水と油の関係だったと思うからです。どちらも織田家にとっては途中入社組で、信長に気に入られ生え抜きの重臣たちをゴボウ抜きに出世しました。その点では共通項があり、他の家臣たちからのジェラシーや嫌がらせをお互いに慰めあったりしてもよさげですが、なにせキャラが違いすぎました。かたや浪人だったとはいえ、源氏の血筋をもち、高い教養と卓越した能力を備える光秀。一方は氏素性も知れぬ農民の出でアタマの回転は速いものの、無知無教養&下品丸出しの秀吉。光秀から見れば、能力は認めるものの、その品のなさや信長への露骨なゴマすりに堪えられないものがあったでしょう。また秀吉から見た光秀は、上から目線のインテリ臭が鼻につくイヤミな野郎。お互いをそんな風に思っていたのではないでしょうか。

そんな2人がタッグを組むなんてことはあり得ないと思います。仮に手を組んだとしても「こいつ、ゼッタイ俺をハメようとしてるはず。いつ信長さまにチクるんやろ?」とお互いに疑心だらけになり、連携などとれるはずがありません。じゃあ、秀吉は黒幕じゃなかったの?というと、そうでもありません。光秀と共謀するのではなく、秀吉ひとりで本能寺の変を演出した可能性があるということです。どういうことかって?光秀が謀反を起こすようにあの手この手で仕掛けたのでは?ということです。「あの手」とは四国長曾我部問題であり、「この手」とは秀吉から信長への援軍依頼です。話せば長くなるのでカンタンに説明しますね。


 

本能寺の変のシナリオを書いたのは秀吉だった?

まず四国長曾我部問題から。四国は長曾我部元親という大名によって統一されようとしていました。元親は信長とは同盟の関係です。そしてその交渉役となったのが光秀であり、同盟のために元親と光秀は親密なつきあいをしていました。しかし、信長が心変わりし同盟を破棄して四国を攻めようとします。光秀にしてみれば「そりゃないぜ!」といった気持ちで、板挟みにあって苦しみます。実際、光秀はこの問題をうまく処理できずに信長の不興を買います。このとき信長が心変わりするように仕向けたのが秀吉ではないかという説があります。こうして秀吉は、信長と光秀の間に大きなミゾを作りました。

信長は当初、長曾我部元親が四国を統一すること認めていました。ところが、信長はかつて自分に敵対していた三好氏を取りたて、阿波の国の支配を認めるようになります。約束を反故にされた元親は当然ナットクできず光秀に訴えます。実はこのとき三好氏に取り入っていたのが秀吉でした。彼が光秀を陥れようとしたといわれるのは、このためです。

次に信長への援軍依頼について。前述の毛利との対戦中に、秀吉は信長に援軍を請うのです。が、このときの戦局からして、秀吉勢が優勢なのは明らか。わざわざ援軍を呼ぶ理由がありません。むしろ援軍を呼べば自分ひとりの手柄ではなくなってしまいます。ではなぜ援軍依頼をしたのか。このとき信長の周囲で援軍を出せるとすれば、遊軍の光秀しかいなかったからです。ちょっと考えてみてください。信長を襲撃するとして、命令もないのに光秀が軍を出せば怪しまれます。でも命令であれば堂々と出陣ができます。そして夜中に方向変換をして京都市内に入ったのが本能寺の変なのです。

つまり、秀吉は信長と光秀の仲を裂いて謀反をけしかけるようにし、かつ実行できる条件を作った。という見方ができるわけです。あとは実際に光秀が実行するかどうか?それは「いつ」なのか?そのあたりの情報収集は秀吉が最も得意とするところです。なので本能寺の変の第一報は、来るべくして秀吉のもとに届いたのでしょう。いかがでしょうか。2人が共謀した説よりもリアリティがあると思いませんか?


動機の核心

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

  

関連するキーワード