天皇家・朝廷と信長の関係

まずは、織田信長と天皇家&朝廷との関係をさかのぼってみます。1568年、信長は足利義昭を奉じて念願の上洛を果たしました。このとき信長は多額の金銀を朝廷に献上しています。当時の朝廷は戦乱による窮乏の極みで、さまざまな儀式が資金不足で延期になったり、建物が朽ち果てていても修理するお金すらない状態でした。なので信長の献金は朝廷にとって願ってもないことでした。また、信長の施策で治安がよくなり経済も発展し、京の町が活気づきます。

平安神宮大極殿

平安神宮大極殿

ここまでの朝廷と信長の関係は円満なものでした。しかし、信長の天下統一が進むにつれて、朝廷は徐々に信長への警戒心を強めるようになります。特に将軍・足利義昭を追放した事件は、信長が将軍という権威を利用するだけ利用してポイ捨てしたように見えたはずであり、それはそのまま朝廷にとっての「明日は我が身」と考える者がいたことでしょう。実際、信長はイロイロと朝廷に圧力をかけるようになります。たとえば自分の息のかかった誠仁親王を天皇にするために、正親町天皇に退位を迫ったことが挙げられます。天皇にとっては「たかが武士、しかも田舎大名の信長ごとき」に天皇の即位に口出しされることは、あってはならないことです。したがってここは意地でも天皇の座を譲るわけにはいきません。信長の申し出をシカトします。すると信長は京都の町で「馬揃え」という軍事パレードを行います。

これは一見すると、きらびやかな軍装をまとった織田軍団のファッションショーであり、招待された正親町天皇や公家衆も大いに歓声をあげたそうです。しかし、その華やかさとはウラハラに、もう一つの側面として威嚇のパレードでもありました。つまり「これだけの軍隊を持つ俺様(信長)に逆らうならば、天皇家なんてイチコロよ」っていうメッセージです。しかも会場が天皇の住まいである内裏のすぐ側だったので効果は満点だったでしょう。


 

天皇と関係なく権力を握ったレアな政権

さらに朝廷にとって不気味だったのは、信長が公的な肩書を持たなかったことです。豊臣秀吉は関白、徳川家康は征夷大将軍として天下を治めました。これらの肩書は朝廷の枠内のもの、つまり形式上とはいえ天皇の部下になることを意味します。だから朝廷側としては彼らに肩書を与えるのは不本意ながらも、それにより自身の安全を確保することができました。ところが信長はこれらの地位を固辞するのです。(厳密には「先延ばしにした」ですが、そこはスルーしてください)

これを現代の会社にたとえると、こんな感じになります。社外コンサルタントが経営に口を出し、それがどんどんエスカレートし、いつの間にか社員に命令するようになっていた。しかし、彼は会社内での役職は持たず、それどころか社員でもない状態…。あなたが社員の立場だったらどう思うでしょうか?「おいおい、社長はコンサルの言いなりかよ。放っといたら会社が乗っとられるのとちがうか?そうなったら俺らはリストラ?」てな危惧を抱くのではないでしょうか。それくらい肩書がない人が実権を握るということは怖いことなのです。

ここで、あらためて日本の歴史をたどると、天皇の権威と関係のない政権というのはほとんど例がないことに気づかされます。藤原氏だって平氏だって源氏だって足利家も豊臣家も徳川家も、み~んな天皇の権威をバックに権力を握ったのです。軍部の独走で始まったとされる太平洋戦争も形のうえでは天皇の名のもとに繰り広げられました。「天皇は象徴」と憲法に掲げられている現代であっても、総理大臣を「任命」するのは天皇です。そう考えると信長がいかに異端の存在だったか、また朝廷が信長を恐れたかがお分かりいただけるのではないでしょうか。さらに決定的だったのが次の問題です。

 

自らを神と称した織田信長

学校の歴史では織田信長・豊臣秀吉の時代を「安土桃山時代」と習いましたよね。それぞれが政権を敷いた地名から名づけられました。もちろん安土が信長の時代です。信長はこの安土の地に荘厳な城を築きました。不幸にして本能寺の変の直後に焼失しましたが、安土城は幻の名城として語り継がれています。ここで特筆すべきことは、城内に神殿を設けたことです。つまり、信長は自ら神として君臨しようとしていた可能性があるということです。宣教師ルイス・フロイスが記した『日本史』によると「(信長は)自らに優る造物主は存在しないと述べ、信長自身が地上で礼拝されることを望み、自分以外に礼拝に価する者は誰もいない」と書かれています。

伊勢・安土桃山文化村で再現された安土城

伊勢・安土桃山文化村で再現された安土城

これが何を意味するか。信長は天皇を超える存在になろうとした、ということです。これで信長が朝廷の役職を固辞した理由が見えてきましたね。天皇より上の存在が天皇の部下なんて、ややこし過ぎですから。

以上、見てきましたように、信長は天皇と朝廷を追いつめ、実質的に天皇を消滅させようとした疑いがあります。自分たちの存在が脅かされ、身の危険すら感じるのであれば、天皇&朝廷にとっての動機として十分になり得ますよね。

 

朝廷はどのように関与したのか?

では、朝廷はどのようにして光秀を謀反に走らせたのでしょうか?いや、彼らの目線にたつと、謀反ではなく天皇・朝廷に背いた悪人を「征伐」させたのか?ということになります。信長を襲撃するには、堅牢な安土城から攻めやすい場所へ移動させること。その際、警護の人数は少ないほど良い。ということになります。そこで選ばれた地が本能寺であり、本能寺に信長をおびき寄せたのが朝廷ではないかという説です。

ところで、このとき信長は1年以上もの間、京都に入っていませんでした。その信長を京に呼び寄せるには、それなりの理由が必要になります。それが「三職推任」あるいは「正親町天皇の譲位」のどちらかではないかとされています。三職推任とは「関白、太政大臣、征夷大将軍」のどれかの地位に就いてほしいというもの。会社でいえば、社長代理、副社長、筆頭専務といったところで「好きな役職をあげるから入社してよ」という最大限の譲歩でしょう。これらの用件であれば、さすがの信長も重い腰をあげざるを得ず、京都に向かうことになります。しかも用向きが公家衆との面談ですから、大勢の兵士は不要です。光秀が攻め込むには絶好のチャンスを作りあげたというわけです。そして、これらの謀略を光秀に伝える連絡係となったのが、公家であると同時に吉田神社の神主でもある吉田兼見といわれています。吉田兼見と光秀はお互い教養人同士として仲がよく、本能寺の謀議を伝える役としてはうってつけの人物でした。


 

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

八坂神社中御座 三若神輿会 幹事
吉川 哲史

 
Kyoto Love.Kyotoでの執筆記事数が50を超えるKLKフリーク。日本語検定一級、漢検(日本漢字能力検定)準一級を取得した目的は、難解な都市・京都をわかりやすく伝えるためだとか。

地元広告代理店での勤務経験を活かし、JR東海ツアーの観光ガイドや同志社大学イベント講座、企業向けの広告講座、オンラインイベント「ひみつの京都案内」などのゲスト講師に招かれることも。

得意ジャンルは歴史(特に戦国時代)と西陣エリア。自称・元敏腕宅配ドライバーとして、上京区の大路小路を知り尽くす。夏になると祇園祭に想いを馳せるとともに、祭の深奥さに迷宮をさまようのが恒例。

サンケイデザイン㈱専務取締役

記事一覧
  

関連するキーワード

吉川 哲史

 
Kyoto Love.Kyotoでの執筆記事数が50を超えるKLKフリーク。日本語検定一級、漢検(日本漢字能力検定)準一級を取得した目的は、難解な都市・京都をわかりやすく伝えるためだとか。

地元広告代理店での勤務経験を活かし、JR東海ツアーの観光ガイドや同志社大学イベント講座、企業向けの広告講座、オンラインイベント「ひみつの京都案内」などのゲスト講師に招かれることも。

得意ジャンルは歴史(特に戦国時代)と西陣エリア。自称・元敏腕宅配ドライバーとして、上京区の大路小路を知り尽くす。夏になると祇園祭に想いを馳せるとともに、祭の深奥さに迷宮をさまようのが恒例。

サンケイデザイン㈱専務取締役

|八坂神社中御座 三若神輿会 幹事|戦国/西陣/祇園祭/紅葉/パン/スタバ

アクセスランキング

人気のある記事ランキング