誰が考えたのか、流しそうめん。水路に竹を使うのがデフォルトですね。
ここで竹屋からのアドバイスです。
 【割ったなら、すぐに使った方がいい!】
それは、衛生的な理由で言っている訳ではなく、、、竹が縮んでくるから、なのです。

友人が竹屋であることで便利な事は、ほぼ無いとは思いますが、時折、特に夏場に、友人が竹屋であることの便利さに気づき、そして連絡してくる人がいます。「流しそうめん、したい。竹、欲しい。」と。
夏場に青竹はストックしないので、仕方なく、水分含みまくりの青竹をわざわざ切って、ウンショと竹を割り、セッセと節を取り、汗水たらしながら竹水路を作成。
完成後、2日程放っておいた後の、とある朝。竹水路を見て、驚きました。直径9㎝程の竹の半割、つまり水路の巾も9㎝のはずがぁ、、、直径4㎝程の丸い竹になってる。。。
この写真の竹、何か様子が奇妙に思えませんか?。

まるくなる竹

まるくなる竹

割って節をとった側が、縮んで丸まってきて、こういう形になっているのです。あの朝の衝撃の竹水路(のはずのものは)、これ以上の変化ぶりで、割った隙間もほとんど埋まるくらいの奇麗な丸い竹になっていました。
おかげで、その時は汗だくで作り直し。
 
この事をふと思い出し、竹の理科実験をしてみよう!と。
半分に割るから縮むのか?!節を取るから縮むのか?!(まっ、節、なんですけどね。)

さて、実験です。80㎝程の長さの2本の竹を用意しました。その2本は、1本の竹から取ったので性格は同じです。2本とも節が3つある状態で、両端と真ん中に節がくるようにしてあります。それをまずは、半分に割ります。

半割に

半割に

片側は節をそのまま残し、もうひとつの片側は節を3つとも取り払ったもの。

青の初日

青の初日

この竹を「青テープ君」と名付けます。

青テープ君

青テープ君

同じように片側は節をそのまま残し、もう片側は真ん中の節だけを取り、両端の節は残したもの。

赤の初日

赤の初日

これは、「赤テープ君」です。

赤テープ君

赤テープ君

4枚共、同じようにスッキリ割れています。竹を割った性格とは、こういう事を言うのでしょうね。

断面初日

断面初日

24時間後。おやおや、何か様子がおかしいよ。青テープ君、細くなって、丸みを帯びてきているような感じがするぞ。

青2日目

青2日目

断面を合わせてみると・・・ありゃ不思議。形があわないぞ~。

青2日目・断面

青2日目・断面

赤テープ君も、何か違っているよ。真ん中がくびれてきているよ。

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

銘竹問屋四代目・ギタリスト
利田 淳司

 
1967年京都市生まれ。
関西学院大学法学部卒。
1915年創業の銘竹問屋・(有)竹平商店4代目、代表取締役。
NHK「BEGIN JAPANOLOGY」「美の壺」などのメディアへの出演や「第8回世界竹会議」の開催組織委員・「日本人の忘れ物知恵会議」のパネラー等を務め、日本の銘竹の美を海外・国内に向け発信する活動を行っている。

記事一覧
  

関連するキーワード

利田 淳司

 
1967年京都市生まれ。
関西学院大学法学部卒。
1915年創業の銘竹問屋・(有)竹平商店4代目、代表取締役。
NHK「BEGIN JAPANOLOGY」「美の壺」などのメディアへの出演や「第8回世界竹会議」の開催組織委員・「日本人の忘れ物知恵会議」のパネラー等を務め、日本の銘竹の美を海外・国内に向け発信する活動を行っている。

|銘竹問屋四代目・ギタリスト|竹/明智藪/嵐山/祇園祭/ギター




アクセスランキング

人気のある記事ランキング