長岡京建設から約10年、さらに新しい都が作られました。
平安京です。
この遷都は早良親王の怨霊を恐れたためであり、「平安」とは、前の都である長岡京での騒動を逃れることを念頭に名付けられた、という意見があります。
はたして、そうなのでしょうか。
前後の経緯を確認してみましょう。

西暦794(延暦13)年10月22日。
桓武天皇は、ふたたび都を遷すことにしました。
華やかな行列を仕立て、長岡京を出て、北東にある、葛野郡宇太村の地へ移ります。

Googleマップより。黒線は著者。右の四角は内裏。当時の宇太村はこの辺りか。
現在の宇多野は2~3km西にある

6日後の、10月28日。
東方から、使者がやってきて、桓武帝に「戦いに勝った」ことを報告しました。
じつは、この時、東北地方は朝廷に服属しきっておらず、これへ向けて、大規模な遠征軍が送り込まれていたのです。
司令官は、史料に見える最初の征夷大将軍 大伴弟麻呂(おおともの おとまろ)。
なお、有名な坂上田村麻呂は、この時、副官として参加し、活躍しています。
その規模は…記録によれば…総勢10万人という、途方もないものでした。

その東北遠征軍が、戦いに勝ったというのです。
移転したばかりの桓武帝と、周囲の群臣は、じつに、喜んだことでしょう。
勢いのままに、桓武帝は、都を遷すことを、正式に公表します。
同日、10月28日、集められた群臣の前で、遷都の勅(みことのり)を発したのです。

10日後、11月8日には、新しい都の名前が決まりました。
「平安京」です。
漢語よみで、ヘイアンキョウ。和語では、たいら(たひら)のみやこ。
同時に、都のある山背(やましろ)の国の表記を変更し、「山城」とすることも、併せて、決められました。
これによって、山城国が諸国の筆頭であると表明され、これまで都があった大和国などとの差別化が図られたのです。
恐らく、奈良の昔へ戻そうとする勢力を牽制するためでしょう。

「此の国は山河襟帯にして、自然に城を作す、其の継承に因みて、新号を制すべし。宜しく山背国を改めて、山城国と為すべし。又子来の輩、異口同音辞し、号して平安京と曰す」(『日本紀略』延暦13年)

将軍塚から見る京都盆地

将軍塚から見る京都盆地

これが、平安京遷都の経緯です。
都を遷すと決めた時、東へ送り込んだ遠征軍から、戦いに勝ったという知らせが届く。
みんなが盛り上がる。その興奮のさなかに、号令を出す。

ドラマのようです。はたして、偶然でしょうか。

意図的だった、という人もいます。
「遷都と同時に辺境から戦勝報告が届くという奇跡を自ら起こし、二度目の遷都を劇的に演出したのである」
(『蝦夷と東北戦争』鈴木拓哉)

前もって平安京の造営が初められていました。
遷都そのものは決まっていたのです。
そもそも、大伴弟麻呂の任命式(受節)は、遷都準備の進む仮の宮殿内(長岡京東院)で行われました。

遠征軍からの経過報告は、随時、届いていたでしょう。それをもとに、桓武帝は、ある時点から遠征軍がおそらく勝利すると予測し、この勝報を政治的演出に活かしたのでしょう。

この時代の事を知るために、何冊かの書籍に目を通しました。
桓武朝時代を通じて、一貫して感じることがあります。

桓武帝は、自分が世の中からどう評価されているか、非常に気にかけていたようです。
だからこそ、自らを権威付ける演出に拘ったのです。

これは、桓武帝の出自も影響しています。
彼は、皇族ではあったものの、母の出自が低いなど、天皇の位につくには、背景が不十分でした。
若い頃は、役人として働いていました。
比較的一般人に近い形で暮らしていたものが、当時の皇太子だった弟が政治争いに敗れるなどして、偶然によって皇位を継いだのです。

「皇太子となるまでに紆余曲折のあった彼は、即位した後も天皇としての権威が十分ではなかった。そのため彼は、自らの即位と統治権の正当性を行動によって示す必要があり、このことが二度の遷都と三度の征夷を実施するに至った桓武朝に固有の事情である」
(同『蝦夷と東北戦争』)

「桓武が当初の失敗をものともせず、巨費を投じてこの二大事業を推進したのは、国家的な課題を意識したことはもちろんであるが、一方には卑母所生の天皇という自身のマイナスイメージを払拭する必要があったからであろう」
(『桓武天皇 造都と征夷を宿命付けられた帝王』西本昌弘)

桓武天皇

桓武天皇

Wikipedia より

桓武帝にとって、長岡京造営は、政治生命を賭けた挑戦でした。
しかし、長岡は、交通の便に優れるなど、宮城の立地については工夫があったものの、市街地域は水害に弱いことが判明、限界に直面し、もういちど遷都する必要が出てきます。
彼にとっては失策であり、声望を損ないかねない事態でした。
それを、ひとつの政策の成功、つまり戦争での勝利を喧伝することで負から正へ転化しようとしたのでしょう。
「失敗じゃありません、戦争に勝ちましたよ」と。

つまり、「平安京」を構想していたとき、朝廷は大規模な征夷戦争のさなかだったのです。
桓武帝の代になって二度目の大遠征でした。
一度目の遠征は五年前(789:延暦8年)。このとき、遠征軍は負けました。
したがって、第二次遠征、794(延暦13)年の勝利は、朝廷にとって待望の軍事的成功でした。

これを踏まえた時、「平安」の言葉に違った印象が加わりはしないでしょうか。
この経緯で、東北地方の戦いを意識しないはずが無いと思うのです。

もちろん、都を名付けるにあたって、一つの事柄に拘ることはありえません。
戦いに勝って国境が安全になるように。洪水や怨霊などに悩まされないように。
そして、国家が安泰でこの王朝が末永く続くように。
という大きな願いが込められていたでしょう。
ただ、東北の戦争について、ほとんど顧みられていないのは不審です。

長岡京から平安京へ移転した理由は、冒頭に述べた怨霊説のほか、幾つか、唱えられています。
1)早良親王の怨霊に対する畏怖(桓武帝の弟で、反逆を疑われ非業の死を遂げていた)
2)長岡京の二度に渡る大水害
3)長岡京と宮城の造営の遅れと機能的未熟さ
4)桓武帝の周辺で生母の死去など不幸が続いたこと、その死穢への恐れ
などです。

では、「平安京」とは、やはり、怨霊から逃れたいと考案された名前なのでしょうか。

怨霊や死穢については、あまり過大評価しないように、という指摘があります。
・早良親王の怨霊が強く意識されたのは、平安京遷都以降であること
・呪術的な対策ではなく、莫大な費用を要する遷都事業を行っており釣り合いが取れないこと
・桓武帝が平安遷都の準備に入ってから2年近く、長岡京域内(東院)に滞在し続けており、遷都後も、長岡京の跡地を、土地再利用として近臣などに下賜しており、忌避感が見えないこと
これらを踏まえると、平安京遷都の主導因としての怨霊や死穢は、限定的に見るべきだというのです。
(『恒久の都 平安京』 西山良平・鈴木久男編 吉川弘文館)

「祟りは対象が個人であっても複数人であっても人に憑くものであり、祟りを引き起こす霊を鎮めない限り、場所を変えても祟りからは逃れられない。それは、桓武天皇が平安京に遷都した後も、ことあるごとに早良親王の怨霊に苦しめられ、800(延暦19)年に早良親王を崇道天皇と追称し(中略)たことからもわかる」
(『古代の都 なぜ都は動いたのか』網伸也ほか 岩波書店)

繰り返しますが、新しい都に雅名をつけるなら、そこに込めるのは政治的信条ではないでしょうか。
桓武帝は自らを「中興の祖」、いわゆる第二創業者として考えていたようです。
現在直面する政治的課題を克服し、安定した政治体制を作り上げ、それを後世まで受け継ぐことを目指して、今まさに奔走中なのです。

じつは、東北地方の征夷戦争は桓武の父帝、光仁天皇の代から続いていました。そして、桓武帝の治世だけでは終わらせられず、息子である嵯峨天皇まで持ち越されました。

後に、文室綿麻呂が「宝亀五年より当年に至るまで、惣て三十八歳、辺寇屡動きて、警□絶ゆること無し」という発言をしています。
中断を挟んでいるとは言え、38年に及ぶ戦争です。
桓武時代はその真っ只中にあたります。

戦場に近い東国の諸国は人的・物的な負担を強いられていました。
具体的な命令が記録に残っています。
坂東諸国に莫大な食料(26万斛)を供出させたこと、駿河や信濃以東の諸国に革製の鎧を2千領作らせたこと。
ついで、これらの負担が東国に偏っている上、富裕者が徴兵などの負担を免れているので、武具を作る財力を持っている者を調査・報告させたこと。

討伐軍に対しては、派遣した軍隊の進行速度が遅いために「食料を浪費している。急いで前進せよ」という叱責まで出しています。

微細な命令は、桓武帝が諸国の状況に気を配り、把握していたことを示唆しています。
桓武帝は仕事熱心で、毎日紫宸殿で聴政に励んでいたそうです。
戦地で、どれぐらいの領民が、経済的負担を強いられたか、
兵員にどのぐらいの人的損失が出たか、どれだけの地域が戦火に焼かれたか。
それらを、かなりの程度、知ろうとしていたでしょう。

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

写真家
三宅 徹

 
写真家。
京都の風景と祭事を中心に、その伝統と文化を捉えるべく撮影している。
やすらい祭の学区に生まれ、葵祭の学区に育つ。
いちど京都を出たことで地元の魅力に目覚め、友人に各地の名所やそれにまつわる歴史、逸話を紹介しているうち、必要にかられて写真の撮影を始める。
SNSなどで公開していた作品が出版社などの目に止まり、書籍や観光誌の写真担当に起用されることになる。
最近は写真撮影に加えて、撮影技法や京都の歴史などに関する講演会やコラム提供も行っている。

主な実績
京都観光Navi(京都市観光協会公式HP) 「京都四大行事」コーナー ほか
しかけにときめく「京都名庭園」(著者 烏賀陽百合 誠文堂新光社)
しかけに感動する「京都名庭園」(同上)
いちどは行ってみたい京都「絶景庭園」(著者 烏賀陽百合 光文社知恵の森文庫)
阪急電鉄 車内紙「TOKK」2018年11月15日号 表紙 他
京都の中のドイツ 青地伯水編 春風社
ほか、雑誌、書籍、ホームページへの写真提供多数。

記事一覧
  

関連するキーワード

三宅 徹

 
写真家。
京都の風景と祭事を中心に、その伝統と文化を捉えるべく撮影している。
やすらい祭の学区に生まれ、葵祭の学区に育つ。
いちど京都を出たことで地元の魅力に目覚め、友人に各地の名所やそれにまつわる歴史、逸話を紹介しているうち、必要にかられて写真の撮影を始める。
SNSなどで公開していた作品が出版社などの目に止まり、書籍や観光誌の写真担当に起用されることになる。
最近は写真撮影に加えて、撮影技法や京都の歴史などに関する講演会やコラム提供も行っている。

主な実績
京都観光Navi(京都市観光協会公式HP) 「京都四大行事」コーナー ほか
しかけにときめく「京都名庭園」(著者 烏賀陽百合 誠文堂新光社)
しかけに感動する「京都名庭園」(同上)
いちどは行ってみたい京都「絶景庭園」(著者 烏賀陽百合 光文社知恵の森文庫)
阪急電鉄 車内紙「TOKK」2018年11月15日号 表紙 他
京都の中のドイツ 青地伯水編 春風社
ほか、雑誌、書籍、ホームページへの写真提供多数。

|写真家|祇園祭/桜/能/光秀/信長/歴史




アクセスランキング

人気のある記事ランキング