刃物は、包丁として料理にも使われるし、刀として人をも傷つける魔物でもある。

幼少の頃、包丁で料理している母親に近づき、危ないと叱責された記憶がある。
映画やチャンバラ時代劇で、悪者が成敗され、また決闘や合戦場面で多くの人々が血を吹き出しながら倒れていく姿を何度も見てきた。
刃物の存在が、恐怖の対象になってきたことは否めない。

知らず知らずに刃物は危ない、怖いものとして近寄りがたい存在となっていた。
それが次第に鉛筆削りやハサミで刃物に親しみを覚えてきたのである。
時が移り、京都の歴史を調べ神社仏閣に赴いて、奉納された名刀の数々を知ることとなった。

刀には、悪い縁を切り良い縁を切り開く霊験あらたかな物としてのイメージがあり、病気平癒の祈願を込めて刀を打ち終えたら病気が治ったとも言われている。
祇園祭の長刀は、疫病を吸寄せ、町を浄化する事で知られている。
刀は別格な刃物であり、武士道では魂であり神格化されてきた。
多くの武将たちが競って神社仏閣に自分の愛刀を奉納したのである。

「刀剣乱舞」と言う時代劇マンガやアニメを多くの女性が食い入るように読み、戦国武将の愛刀に興味を持ち、京都を訪れる刀剣女子が増えてきている。
そこで、多くの人々を魅了する日本刀を所蔵する神社仏閣をめぐってみた。

下記4つの神社のご朱印は、各神社で購入したものを活用した。


1.建勲神社

京都市の北方、大徳寺の前方・金閣寺の東方に小高い船岡山がランドマークとしてある。
その山というか岡の頂上東側に建勲神社が鎮座している。
明治2年織田信長を祀る神社として創建され、国家に対しての功績があったので明治天皇から信長がさずかった称号が、「建勲」である。
「けんくん」、「たけいさお」とも言われ地元では「けんくんさん」と称されている。
船岡山は、信長公の霊地なのである。

建勲神社 ご朱印

建勲神社 ご朱印

2018年、信長愛刀・薬研藤四郎の再現刀が公開されたとき、多くの若い女性やアベックで賑わった。

神社には信長が今川義元を討ち取って奪った名刀・義元左文字(宗三左文字)重要文化財が所蔵されている。
明治時代に徳川家から寄進され、現在は京都国立博物館に保存されているので、押形がある。
また、2018年に注目を集めたのが、信長愛刀・薬研藤四郎の再現刀である。
公開されたとき、多くの若い女性やアベックで賑わった。
本能寺の変後の行方がわからない刀である。
刀の銘は、明応の政変で武将畠山政長が切腹し自害しようとした時、自分の腹に刀が刺さらずに、投げ捨てたところ近くの薬研(生薬を粉末にする器具)を貫いたと言う言い伝えによる。

2.北野天満宮

宝物殿に太刀銘「安綱」(重要文化財)を所蔵している。
「太刀鬼切丸」別名「髭切」と言う。平安時代中期の武将・源頼光の四天王の一人・渡辺綱が一条戻り橋を通りかかった。
一人で歩く美女を発見し、家まで送ろうしたところ女性は鬼に姿を変え渡辺綱を捕らえて上空に飛び立った。
北野天満宮社殿の上空に差し掛かったとき、渡辺綱がこの太刀で鬼の腕を切り落とした。
命が助かったお礼に渡辺綱が寄進した燈籠が本殿前に残っている。

宝物館は有料であるが、金沢前田家が多くの刀剣を奉納しており、刀剣愛好家には見逃せない逸品が鞘と共に鑑賞できる。

宝物館

宝物館

館内掲示ポスターより

館内掲示ポスターより

3.大覚寺

正寝殿の剣璽の間で、南北朝の講和が行われ、三種の神器の受け渡しが行われた。

霊宝館には「薄緑太刀」別名膝丸(重要文化財)を所蔵している。
人気の髭丸と兄弟刀であるが、現在は京都国立博物館に寄託されている。

「薄緑(膝丸)太刀」には有名な逸話がある。
源頼光が病で伏せていたとき、身長が約2.1mの怪僧が頼光を縄で搦め捕ろうとした。
「薄緑太刀」で怪僧を斬りつけると、即座に逃亡した。
翌日、頼光四天王を率いた頼光は、怪僧を捕らえるべく血痕をたどっていった。

すると北野神社(上品蓮台寺と言う説もある)の裏手の塚で、全長約1.2mの巨大な蜘蛛を発見した。
頼光らは巨大な蜘蛛を鉄串に刺し河原に晒したと伝わるので「蜘蛛切丸」とも称される。


4.粟田神社

東海道が通る交通の要所にあり、室町時代ごろまで粟田口には刀鍛冶がたくさん住んでいた。
平安時代三条宗近祇園祭の長刀鉾の上の長刀は、三条宗近作が始まりである。

2020年に刀剣の宝物館がオープンし、太刀・小刀・脇差が鑑賞できる。

境内には鍛冶神社があり、国宝・太刀三条宗近(名物 三日月宗近)の作者として知られる三条宗近と、平野藤四郎、厚藤四郎など数々の名刀を生んだ粟田口吉光を祀っている。

境内の北、三条通から参道が延びる相槌稲荷神社がある。
三条宗近の鍛冶を手伝った狐を祀った神社である。

粟田神社 ご朱印

粟田神社 ご朱印

鍛冶神社

鍛冶神社

相槌稲荷神社

相槌稲荷神社

5.本能寺

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

自称まちの歴史愛好家
橋本 楯夫

(自称まちの歴史愛好家)
昭和19年京都市北区生まれ。理科の中学校教諭として勤めながら、まちの歴史を研究し続ける。得意分野は「怖い話」。全国連合退職校長会近畿地区協議会会長。

記事一覧
  

関連するキーワード

橋本 楯夫

(自称まちの歴史愛好家)
昭和19年京都市北区生まれ。理科の中学校教諭として勤めながら、まちの歴史を研究し続ける。得意分野は「怖い話」。全国連合退職校長会近畿地区協議会会長。|自称まちの歴史愛好家|北野天満宮/今宮神社/千本通/明智光秀/怖い話

京都で今日のごはんをテイクアウト!京のごはんで検索 京都の桜フォトコン

アクセスランキング

人気のある記事ランキング