もともと平安京の町は道路に囲まれた一つの区画が一つの町でした。
これを「四面町」と呼びます。
しかし家屋の多い旧市街地では同じ道路に面した家同士の結びつきが強まって面した道路ごとに四つの町に分かれていき、そのうちかつては別の町だった向かい側の町と一体化して、道を挟んだ両側同士が一つの町になりました。
これを「両側町」といいます。いわば「向こう三軒、両どなり」重視の関係ですね。
では実際に四面町と両側町ではどのように町の形が違うのでしょうか。

この地図は冒頭の2か所の仁丹看板や長い住所の掲示板があった地域です。
左上の4分の1が北区、残りが上京区です。この地図ではちょうど北区は四面町(一部は近郊農村の旧小字境界などによる町割り)で残った地域、上京区は両側町が形成された地域に別れています。
左上と右下、一見して一つの町の大きさが全く違います。また左上では町同士の境界がおおむね道路なのに対し、右下では町の真ん中を主な道路が貫く形になっています。
また掲示板のあった緑色のマークから南に向かっては、両側町がきれいに並んでいます。
このように新市街地と旧市街地では町のつくりも実際の町の形も全く違っているのです。



町の団結と自治意識を今に伝える「同一町名」

両側町には戦国時代には戦乱の略奪などからの自衛のために、街の両端に木戸などを設けて一本の道路を守り、さらに豊臣秀吉の支配下で一つ一つの町ごとに裁判と警察以外の自治権を認められて、町は戸籍や土地建物の管理もできる、今の区役所に近い役割まで担ってきた歴史があります。
祇園祭の山鉾を出す地域では、山鉾の所有権や巡行を采配する責任も町単位で持っていました。
こうして両側町では江戸時代までに、手洗水町のようにその町の由緒にちなんだ名前、衣棚町のように商売にちなんだ名前、大黒町のように縁起のいい名前などをつけ、各々が自分の町への誇りと他から干渉されない独立性を持って発展してきました。
明治になって設置された「区」よりずっと歴史のある「町」は、ある意味で区の中の同一町名には構うことなく残ってきたのだと思います。
一つの区の中に同じ名前がある京都の町名、それは町の誇りと住民による自治の歴史を今に伝える貴重な遺産なのかもしれません。

次回はこのような京都の旧市街地の住所や町名の仕組みが、全国一律のシステムと合わずに起こったパニックについてご紹介したいと思います。

<参考文献>
『角川日本地名大辞典26 京都府上巻』(1982 角川書店)
秋山國三、中村研「京都『町』の研究」(1975 法政大学出版会)
今尾恵介『住所と地名の大研究』(2004 新潮選書)
(鶴屋町の変遷について、2017年の辻斉氏の資料を参照しました)
Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

京都の祭り・歴史研究家
小林 孝夫

 
京都市中京区生まれ、北区紫野育ち、民間企業に37年間勤務
祇園祭の魅力が忘れられず、定年を機会に埼玉県から帰郷、大学院に入学し民俗学を学ぶ
祇園祭を中心に京都の祭り・民俗行事、平安京の歴史、京都の地理・町の形成などを研究
京都府文化財保護課での祭り行事調査に参画中

現在、佛教大学非常勤講師、京都民俗学会理事、日本民俗学会会員

記事一覧
  

小林 孝夫

 
京都市中京区生まれ、北区紫野育ち、民間企業に37年間勤務
祇園祭の魅力が忘れられず、定年を機会に埼玉県から帰郷、大学院に入学し民俗学を学ぶ
祇園祭を中心に京都の祭り・民俗行事、平安京の歴史、京都の地理・町の形成などを研究
京都府文化財保護課での祭り行事調査に参画中

現在、佛教大学非常勤講師、京都民俗学会理事、日本民俗学会会員

|京都の祭り・歴史研究家|京都の町名/京都の通り/番地/山鉾町

アクセスランキング

人気のある記事ランキング