1200年の歴史がある情緒と風情に満ち溢れた京都には、様々な悲惨な事件があった。我々はその歴史の上で生活をしている。今 安心安全な生活があるのは、先人たちの犠牲の賜物と言っても過言ではない。

【1 平安時代 (794年〜1185年)】
①阿弖流為、母禮 802年死亡顕彰碑・清水寺 古代東北の人物 坂上田村麻呂に自ら降伏。
②平将門の乱 939年(天慶2年) 膏薬辻子首塚  神田明神
③鬼退治 大江山 源頼光 1000年頃か? 老ノ坂峠 鬼の首塚大明神
④保元の乱 1156年(保元元年) 皇室内部と摂関家内部の対立により源氏と平家の武家を用いて戦った兵乱。後白河天皇が勝ち、天皇親政がつづく。
⑤平治の乱 1159年(平治元年) 後白河天皇についた平清盛と源義朝の勢力争い、平清盛と二条親政派が勝利

【2 鎌倉時代 (1185年〜1333年)】
①承久の乱 1221年 後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して討伐の兵を挙げた。
②六波羅探題 1221年(承久3年) 朝廷の動きを常に監視し、京都周辺の治安維持をする目的に設置

【3 室町時代 (1333年〜1573年)】
①応仁・文明の乱 1467年(応仁元年) 細川勝元と山名宗全の対立に将軍継承問題や畠山家と斯波家の家督争いも絡み約11年間わたって継続した内乱。ほぼ全国に争いが拡大した。
②明応の変成 1493年(明応2年) 細川政元が起こした室町幕府における将軍の擁廃立事件
③永正の乱 1511年(永正8年) 将軍政権抗争 船岡山争奪戦

【4 戦国・安土桃山時代 (1568年〜1600年)】
①永禄の変 1565年(永禄8年) 二条御所 室町幕府13代将軍足利義輝が三好三人衆等により殺害される。
②本国寺の変 1569年(永禄12年) 室町幕府15代将軍足利義昭を三好三人衆が銃撃。
③比叡山焼討 1571年(元亀2年) 織田信長と延暦寺の戦い。全山焼討ではない。
④本能寺の変 1582年(天正10年6月2日) 織田信長が家臣・明智光秀が謀反を起こし襲撃した事件。謀反の原因は今だ特定できず謎である
⑤山崎の合戦 1582年(天正10年6月13日) 豊臣秀吉の軍と明智光秀の軍勢が激突した合戦。秀吉が勝利。
⑥小栗栖竹藪 1582年(天正10年6月16日) 明智光秀が最期を遂げた場所 胴塚、首塚
⑦利休切腹 1591年(天正19年) 戻り橋で晒し首 晴明神社付近に居住
⑧耳塚(鼻塚) 1592年〜1598年 文禄・慶長の役 秀吉が朝鮮に軍を送る。朝鮮兵、明兵の耳・鼻を葬った?
⑨石川五右衛門 1594年(文禄3年) 三条河原で釜ゆでの処刑 大雲院に墓
⑩豊臣秀次 瑞泉寺 1595年(文禄4年) 処刑された秀次を憐れんで建立
⑪伏見城の戦い 関ヶ原合戦前哨戦 1600年(慶長5年)8月〜9月。家康の部下であった鳥居元忠が西軍と戦った。血糊のついた廊下を血天井として保存。源光庵、正伝寺、養源院、宝泉院
⑫六条河原処刑 1600年(慶長5年)11月6日 石田三成、小西行長、安国寺恵瓊 斬首

【5 江戸時代 (1603年〜1868年)】
①宮本武蔵 一乗寺の決闘 吉岡一門
②方広寺鐘銘事件 1614年(慶応19年) 国家安康 君臣豊楽 大坂冬・夏の陣へ
③豊臣国松の処刑 1615年(慶長20年)7歳 大坂冬・夏の陣 豊臣秀頼の子、秀吉の孫。六条河原で晒される。豊国廟山麓に墓
④清水の舞台から飛び降りる 234件死亡者34人 自殺ではなく願掛け

【6 幕末時代 (1853年〜1868年)】
①芹沢鴨惨殺1826年(文政9年)壬生・八木邸 新撰組初代局長が近藤派により惨殺
②近藤正慎 1858年(安政5年)舌を切って自害 月照と西郷隆盛密談 安政の大獄。入水事件(鹿児島湾) 月照水死隆盛助かる。子孫が清水寺境内で舌切茶屋経営。孫陶芸家・近藤悠三 曽孫俳優・近藤正臣
③目明し文吉 1862年(文久2年) 絞首され三条河原に晒される。安政の大獄時、密偵として活躍。土佐勤王党により惨殺、三条河原で貼り付け
④島田左近 1862年(文久2年) 木屋町で暗殺 尊攘派に天誅。四条河原町に首が晒される
⑤寺田屋事件 伏見 1862年(文久2年) 尊王攘夷派鎮圧。1866年(慶応2年) 坂本龍馬襲撃
⑥姉小路公知暗殺猿が辻 京都御所の最北東部。1863年(文久3年) 尊攘派公家
⑦池田屋事件 1864年(元治元年) 木屋町三条。尊王攘夷派浪士(長州・土佐藩士)を新撰組がかぎつけ、旅館を襲撃 9名討ち取り
⑧古高俊太郎 拷問自白 六角獄舎で斬首
⑨佐久間象山 1864年(元治元年) 木屋町御池上 木屋町 白昼暗殺。西洋への関心が高く、開国論と公武合体論者
⑩蛤御門の変(禁門の変)1864年(元治元年) 幕末、長州藩兵と幕府との京都御所付近における武力衝突事件 京都を焼き尽くした。
⑪六角の獄屋類焼 勤王派の志士38人斬首 禁門の変で火勢に見舞われ、脱獄を防ぐため全員が処刑された。
⑫新撰組山南敬助 1865年(元治2年)切腹
⑬近江屋事件 1867年(慶応3年) 坂本龍馬、中岡慎太郎が暗殺された醤油商。京都見回り役の犯行か?
⑭伊東甲子太郎惨殺 1867年(慶応3年) 近藤勇が招いた酒宴の帰り、新撰組により殺害される。七条通油小路付近。
⑮油小路事件  1867年(慶応3年) 伊東の死骸を引き取るために来た、御陵衛士3名が新撰組に惨殺される
⑯赤松小三郎 1867年(慶応3年) 幕末の兵学者・政治思想家 東洞院通魚棚下ルで暗殺される。
⑰天満屋事件 下京区油小路正面付近 近江屋事件の敵討ち 1868年(明治元年)中井庄五郎暗殺 1868年(明治元年)十津川郷士で龍馬と親しかった。天満屋事件で新撰組に殺害。
⑱最後の将軍徳川慶喜 二条城西門から大阪へ 会津藩主松平容保を連れて
⑲鳥羽・伏見の戦い 1868年(明治元年) 幕府軍と官軍(薩長軍)との戦い。城南宮、小枝橋付近
⑳近藤勇 1868年(慶応4年) 東京板橋で斬首 三条河原で晒し首
㉑大村益次郎1869年(明治2年)木屋町三条 襲われた傷がもとで大阪にて死亡。
㉒横井小楠暗殺 1869年(明治2年) 幕府改革や公武合体の推進に活躍。寺町丸太町下ルで十津川郷士により暗殺。

【7 明治時代 (1868年~1912年)】
①琵琶湖疏水 受難者供養塔 17名 設計者田辺朔郎氏により建立。第二疏水はトンネル式 蹴上浄水場で水道水に。

【8 大正・昭和・平成・令和時代 (1912年~2021年)】
①室戸台風 1934年(昭和9年)3037名犠牲 西院小学校 女性教員我が児童を守る。
②西陣空襲 1945年(昭和20年) 50名死亡 東山馬町・右京区春日、太秦・御所。大空襲にならず。
③チンチン電車脱線事故  堀川第一橋 1946年(昭和21年) ハイジャック事件?
④金閣寺放火事件 1950年(昭和25年) 犯人 見習い僧侶 総合失調症。三島由紀夫「金閣寺」。水上 勉 「五番町夕霧楼」。
⑤五番町事件 1955年(昭和30年) 自白から物的証拠へ 国会でも論議
⑥船岡山現職警察官殺害事件 1984年(昭和59年)元警察官が現職の警察官を呼び出し殺傷。その後、船岡山公園整備が進む
⑦京アニメ放火殺人事件 2019年(令和元年) ガソリンをまき36人を死亡させ、負傷者35人(容疑者は含まず)

平安時代 (794年~1185年)

阿弖流為・母禮(あてるい・もれ)

清水寺境内 供養碑

清水寺境内 供養碑

801年(延暦20年)に行われた征夷大将軍・坂上田村麻呂の蝦夷討伐で、勇敢に戦った蝦夷の首長アテルイと副将モレを降伏させ都に連れて帰る。朝廷に助命嘆願するが河内の地で処刑される。
石碑には、「北天の雄 阿弖流為 母禮之碑」と刻まれている。

 

鬼退治

鬼の首塚大明神 老ノ坂

鬼の首塚大明神 老ノ坂

源頼光が家来の四天王を従え、大江山で鬼に神酒をたらふく飲ませて退治した。打ち取った首を京に持ち帰ろうとしたが、首が老ノ坂で動かず、埋葬したといわれている。
京都市と亀岡市の境にある老ノ坂トンネル近くの脇道に入った先、旧老ノ坂峠に「鬼塚大明神」がある。京都の魔界スポットでも、よく取り上げられる場所である。
伝承とは言え、鬼や渡来人、盗賊がらみで興味津々な話である。

 

鎌倉時代 (1185年~1333年)

六波羅探題

六波羅蜜寺内(東山区轆轤町松原通)

六波羅蜜寺内(東山区轆轤町松原通)

鎌倉幕府の直接指導下にあり、西国での裁判機能・京都周辺の治安維持・朝廷の監視・皇位決定の取り次ぎなどを行った。京都の不穏な動きの監視を強化するために置いた機関である。
事の発端は1221年(承久3年)に起きた承久の乱。朝廷の権限を次々と奪っていく幕府に堪忍袋の緒が切れた後鳥羽上皇が、幕府に対して挙兵をした全面戦争である。「二度とこのようなことは起こさせない」そんな幕府の強い想いで設置された。
六波羅探題が衰退後、疫病や餓死者を放り投げ、野ざらしのまま腐った遺体が、骨になっていく死体置き場だった。

  
 

室町時代 (1333年~1573年)

応仁・文明の乱

陣取り合戦があった船岡山には石碑と説明版がある

陣取り合戦があった船岡山には石碑と説明版がある

細川勝元と山名宗全の対立に将軍継承問題や畠山家と斯波家の家督争いも絡み、1467年(応仁元年)から約11年間にわたって継続した内乱。ほぼ全国に争いが拡大した。
足軽たちが略奪や放火を繰り返し、京都の町は大半が焼失した。室町幕府は衰退し、守護大名たちに下剋上が起こり、彼らは没落した。100を超える戦国大名たちが群雄割拠し、一世紀に渡って天下の覇権争いをした戦国時代になった。

Twitter Facebook

この記事を書いたKLKライター

自称まちの歴史愛好家
橋本 楯夫

(自称まちの歴史愛好家)
昭和19年京都市北区生まれ。理科の中学校教諭として勤めながら、まちの歴史を研究し続ける。得意分野は「怖い話」。全国連合退職校長会近畿地区協議会会長。

記事一覧
  

橋本 楯夫

(自称まちの歴史愛好家)
昭和19年京都市北区生まれ。理科の中学校教諭として勤めながら、まちの歴史を研究し続ける。得意分野は「怖い話」。全国連合退職校長会近畿地区協議会会長。|自称まちの歴史愛好家|北野天満宮/今宮神社/千本通/明智光秀/怖い話

アクセスランキング

人気のある記事ランキング